nknskokiさんの映画レビュー・感想・評価

nknskoki

nknskoki

KOKI NAKANISHI
「映画レビュー」に見せかけたエッセイ

映画(778)
ドラマ(12)

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年製作の映画)

3.2

灰原哀が好きすぎる、病気かもしれん
今野の登場回数が多いガンバの試合は好ゲームなのと同じように、灰原哀の登場シーンが多い回はだいたい好作品

劇場版コナン観直すたびに【俺の好きな劇場版コナンランキング
>>続きを読む

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987年製作の映画)

3.9

或る惑星に不時着した宇宙飛行士たちがそこで子孫を増やし他民族との争いを経て成長していく姿をドキュメンタリータッチで描く

神と人類の関係という形而上的命題

この映画の表向きは冒頭に書いたけど、物語が
>>続きを読む

スーパーの女(1996年製作の映画)

3.7

駄目スーパーを立て直す女

なんでもやってみないとわからない
外から見てるだけでやった気になってる人がどれだけ多いか!
頭で考えたことと実際に手を動かすことは全く違う
「机上の空論」とは上手いこといっ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.5

数少ない実写化して本当に良かった作品

広瀬すずは国宝にすべき

三作目って大概製作者が欲を出して余計な演出しちゃうよね
絶対正攻法の方がいいのに

ちなみに僕は好きな人ができると好きすぎて嫌いなフリ
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ面白いな!

本作は【俺が選ぶ女友達とみたい映画】ランキング第2位にランクインしました!
おめでとうございます!(毎回誰も喜んでいない)(ちなみに1位はノッティングヒルの恋人)(知らんがな
>>続きを読む

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

3.5

「ええ、わかったわ。今夜10時までにその事件を解かないとあなたもあたしも木っ端微塵になるってわけね。…面白いじゃない?じゃ、預けたわよ私達の命…名探偵さん」

舞台は横浜
この前横浜行ったからエンディ
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

3.5

好きすぎて劇場版コナンの中でいつもランキングの上位に挙げてしまう

灰原哀と阿笠博士の関係性が好きすぎる
俺も博士になって灰原哀の手の平で転がされたい

「ダメよ、博士は和食にしなさい。低カロリーのも
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.3

灰原哀の出番が少ない!やり直し!

「お姉ちゃんが殺されたことや組織の一員となって毒薬を作ってたこと、みんな忘れてただの小学生の灰原哀になれたらどんなに良いか…そしてあなたとずっとこのまま…フッ、なー
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.8

年上の(ビッチ)女性に恋をする童貞の話
ポーランドの性春映画
好きになってからの気の狂い方が完全に俺じゃん

「恋は何故こんなにも人を面倒臭くさせるのだろうか。’好き’が次々と爆発してどうしても真っ直
>>続きを読む

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年製作の映画)

3.4

コナン映画の毎回クライマックスシーンが終わってエンディングが流れるあの瞬間の鳥肌感

こんにちは
柴咲コウの「ラブサーチライト」いまだに鬼リピート族村長の私です、どうもです

エンディングかっこよすぎ
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.2

昭和天皇や鈴木内閣の閣僚たちが御前会議において日本の降伏を決定した1945年8月14日の正午から宮城事件そして国民に対してラジオの玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

俺の家に映画好きのヲタク集めて「猿の惑星」シリーズ一気見しながらみんなでしゅっぽりお酒飲みたい

バッテリー(2006年製作の映画)

3.1

飛びぬけた才能と傲慢なまでの自信を持つピッチャーとバッテリーを組むキャッチャーの物語

キャッチャーが完全に梅野

蓮佛美沙子めちゃくちゃかわいい、結婚してくれ

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

3.3

とーちゃんがロボットに改造されたゾ

過剰ではあるけど、この映画が言いたいメッセージはとてもよくわかる

一家の大黒柱である古き良き父親像
サザエさんの波平みたいな父親はもう日本にいないのかな

本物
>>続きを読む

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

4.3

工場主の祖父と博打打ちの息子と愛する孫がヤクザのボスと繰り広げるドタバタコメディ

音楽が痛快

黒猫と白猫のように世界は二元論で成り立っている

拘束される息子と自由な孫、金持ちヤクザと貧乏な二人、
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

トップスターであるジュリアロバーツとヒューグラント演じる身分が違うしがない本屋の上品なラブストーリー

俺が選ぶ「女友達と一緒に観たい映画ランキング」第1位認定おめでとうございます🎉✨(誰も喜んでいな
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

32歳なのに実家にひきこもり自堕落な生活を送っている一子
ある日、妹とのケンカをきっかけに一人暮らしとボクシングを始める

後半からめちゃくちゃかっこよくなる安藤サクラ

一子のような生き方が本来の人
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.7

誰しも一度は「自分が生きている現実は人為的につくられたものであり、自分の人生に登場する人物は全員が雇われた俳優なのでは?」というトゥルーマン・ショー的妄想をしたことがあると思う

世界には自分の意識を
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

4.4

顔面に火傷を負った男が、精巧な「他人の顔」をつけることで妻を誘惑する

障害者はどうしても卑屈になりがちだよね

たまたま見た映画のテーマが数珠繋ぎになってるようで最近同じことばっか書いてる気がする
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

この前は映画「her」で"実態の無い"AIに恋する問題性について話したけどこの映画は"実態が有る"AIだからもうこれは俺の倫理観では到底説明できない問題だね(ま、何回も言うけど人間とAIは違うんだけど>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

4.8

「色即是空 空即是色 全てこの世は夢 幻よ」

僕はよく子供の頃ふと授業中とかに、この世界は全て作り物で自分以外の人には意識が無くてこの世には自分だけしかいない感覚に襲われたことがあるけど
実は自分以
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

くんちゃんと建築家のおとうさんと育児をするおかあさんとミライちゃんと犬
変化する「中庭」が時間を超えた世界へと導く

建築における「庭」は、時間という情報を入力することで日々違う風景が見られるシステム
>>続きを読む

砂の女(1964年製作の映画)

4.2

海辺にやって来た男が、女が一人住む砂穴の家に閉じ込められ、様々な手段で脱出を試みる

この映画は「砂」という物質を表現の一つでとても恐ろしいものに感じさせる

昔の映画の良いところはとてもシンプルな所
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.7

死刑囚が収容されている刑務所の看守が当時を回想する

何かをきっかけに「死」というものに直面すると、途端に「生」というものが見えてくる

10代20代の頃は、自分の寿命なんてみんなほとんど無限だと感じ
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0

AI(人工知能)に恋をする話

こういう危惧って意外に盲点だなって思ったけど、AIに支配される問題もあればもちろんAIに恋をする問題もあるよね

男女のフォロワーでスコアとか評価とか結構票が割れてて面
>>続きを読む

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)(2005年製作の映画)

3.7

コナンの映画シリーズで一番好き!!!
おっちゃんがかっこよすぎるという珍しいパターン

毎回オープニングでの観客のテンション上げ方が尋常じゃない
何回見ても最後で泣くし、その余韻でZARD流れるのはほ
>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

5.0

ならず者のウィリーはハンガリー人のいとこエヴァを数日間預かることになる

さ、たまにはマジメなレビュー書くか😝

以前ゴッホのひまわりの話で、"本物"の芸術とは「今まで見過ごされてきた【日常世界】を全
>>続きを読む

女の一生(2016年製作の映画)

3.7

波乱万丈な人生を送る女

ダメな男ほどよくモテるのほんと理不尽すぎる
世の中、正直者がバカを見ることは往々にある

毎日暴力を振るうDV男が一日だけ優しいとその日はとてつもなく優しく感じる、それが普通
>>続きを読む

名探偵コナン 11人目のストライカー(2012年製作の映画)

3.6

クレヨンしんちゃんの映画で一番どれが好きか聞くだけでその人のこと8割わかる心理テスト作ろかな(コナンどこ行ってん)

灰原哀大好き芸人選定「シリーズで最も灰原哀が最高すぎる映画」

「洗えば?」
「…
>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.4

コナンの映画で一番どれが好きか聞くだけでその人のこと8割わかる心理テスト作ろかな

劇場で見た時はめちゃくちゃ感動した

毛利小五郎って女見るとすぐテンション上がるからほんと完全に俺よな

脅威の耐久
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

5.0

スタンリー・キューブリックのSF映画金字塔
視覚効果と聴覚効果を最大限に活用した編集

公開1968年!?
これが芸術映画だね!

もうオープニングだけでお腹いっぱいなるし、最後までずーっと鳥肌立てれ
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

5.0

一番好きなラブストーリー兼ラブコメ映画
シャーリー・マクレーンがマジでキュートすぎるのでこれ見てみんなも大いに悶えてください

まさに、人のモノ大好き芸人の教科書(そんな教科書は無い)(恋愛界のジャイ
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

4.6

好きな女性の母親に誘惑され関係を持ってしまうベンジャミン

ジャンルは恋愛コメディの分野に片足突っ込んでるからめちゃくちゃ面白い!
ダスティン・ホフマンが完全に俺で最高すぎるし、母親がセクシーすぎるで
>>続きを読む

>|