浪越さんの映画レビュー・感想・評価

浪越

浪越

映画(22)
ドラマ(0)
アニメ(0)

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

爆音映画祭inお台場にて4Kリマスター版を鑑賞。

猟奇的な殺人事件の鍵を握る人物と、彼を追う刑事。
一見敵対する関係である2人、しかし本当は同類の人間、出会うべき2人だったのかもしれない。

平凡に
>>続きを読む

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.5

「旦那デスノート」の書き込みをきっかけにバトルが始まる旦那と妻のやり取りや、同じサイトに投稿する妻たちが一堂に会するシーンが面白かった反面、ラストシーンはあんなに尺いるのか?と観ていてダルかった。

パンダコパンダ 雨ふりサーカス(1973年製作の映画)

3.5

現実世界だったら「甚大な被害」って言われるレベルの大洪水すら美しく感じたし、今作もパパンダ親子が可愛かった。

暴走するサーカス団の汽車を追いかける団長やお巡りさんにすごくルパン三世な雰囲気を感じた。

パンダコパンダ(1972年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パンちゃんはもちろんだし竹やぶに惚れ込むパパンダも可愛かった……!

ミミちゃんは子供の無邪気さ通り越してぶっ飛んでるって言葉が合いそうなんだどそれすらも可愛い。

長いこと家を空けるおばあちゃんへの
>>続きを読む

どついたるねん(1989年製作の映画)

3.8

2022.09.07 新文芸坐にて鑑賞

赤井英和本人の自伝が原作とはいえ、本人と作中の「安達英志」は全く別の人物。
再起不能と言われる程の怪我をして自暴自棄とも言える行動をとる安達は正直いけ好かない
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

公開当時はTwitterで「#バットマンと謎解き」というハッシュタグが話題になったように「謎解き」がテーマの作品。

連続殺人犯のリドラーが犯行ごとに「なぞなぞ」と称した声明を残して挑発し、「なぞなぞ
>>続きを読む

牛首村(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞後30分経っても心拍数がまだ収まらず全身に鳥肌がたつほどの震えを感じたくらいちゃんと(という言い方も変だけど)恐怖を感じられる作品だった。

後半にかけての伏線回収や周囲の死亡フラグには興奮した。
>>続きを読む

大怪獣のあとしまつ(2022年製作の映画)

2.5

「特撮」というより「怪獣エンタメ」(いい言葉が見つからなかった)として観た方が良い。

シカゴ(2002年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ポスターなどを見た印象はシカゴのステージを舞台にした煌びやかな物語。
しかし実際はスターを夢見るロキシーの人生が一転して殺人犯になるところから始まるものだから驚いた。

とはいえ、劇中ではそれぞれの心
>>続きを読む

真夜中乙女戦争(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでから観に行った。

自分で言うのもだが、私も"私"に似たような人間なので、彼に共感しつつ、原作の最後では思わず泣きそうになってしまったほどだ。

一方映画はというと
まず"私"と同郷の同級
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

トラップのある部屋に踏み込んだら容赦なく人が死んでいくキューブの世界、最初から「全員死亡フラグ」が立って行く中で後藤と千陽が出口へのヒントを見つけ出していく姿にワクワク感を覚えた。

CUBEの正体な
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.5

あらすじを読んだ上で観たので殺人の「容疑者」がわかった状態から容疑者を追う笘篠がどうやって利根に辿り着くのか観つつ、現在と10年前を交互に映しながらやがて見えてくる切ない背景に同情する部分あり、実は…>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

まんまと登場人物の「仮面」に騙されてしまった。
中でも中根緑の仮面が衝撃だったなぁ。

前作に比べてお客様を信じきるホテルマンとお客様を徹底的に疑う刑事たちの対立がより濃く描かれていたし、作品的にはミ
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の死をキッカケにモンスター化して追い詰める父親、と言ってもドラマ「人間・失格」 みたいな復讐劇ではなく父親が娘の無実をただ淡々と追いかける姿が描かれていた。

添田のみならず、彼の追い込みや過剰な
>>続きを読む

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐さんのTwitterを見て「面白そう!」という直感だけで観にいったが、良い意味でゾクゾクして行ってよかったと思う。

性欲を満たすためなら男女や手段…相手にパートナーがいようと関係ない、しまい
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

SFを好むのでこれは見逃せなかったし、ニックがメイと出会うことによって隠された陰謀が浮かんでくるし、そこに関わる一人一人の記憶が全部ひとつの線になる瞬間はゾクゾクした。

「幸せな物語は悲しい結末」と
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

おそらく人生初の任侠映画鑑賞である故か、殴る撃つがあるって分かっていたのに血の多さや上林(うえばやし)のサイコパスなやり口に戦くも途中で挟まれる往年の任侠ドラマ的なナレーションが個人的には争いと争いの>>続きを読む

劇場版 アーヤと魔女(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

予告編を初めて観た時「え、ジブリなの?」と驚き
オープニングもロック調の曲が流れてうっすらと違和感を感じていたが、ベラとマンドレーク、そしてアーヤの母親が昔バンドを組んでいたということが後に分かり、作
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

予告編で観て面白そう!と思って観に行ったら当たりだった。

序盤のストーリーが進みながら登場人物をご丁寧に紹介してくれし、アメリカのコメディドラマを彷彿させるような雰囲気で作品の世界に入りやすい。
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「世界を巻き込んだ兄弟喧嘩だったなぁ…」という印象。

序盤で飛行機に有名な某飲み薬のパッケージが映ったのに違和感があったが、後に日本を舞台にしたシーンが出てくるのを暗示していたのかと納得。
それまで
>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴウが勇太と共に脚本賞に応募するという部分は作品の後半でやっと出てきて大半はゴウの回想だったのが私の中では「思ってたんと違う」という感じだったし、若かりし頃のゴウと淑子、周りの仲間との時間を中心に進ん>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ウスナビが島で幸せに暮らしている「現在」から夢を追いかける過程や様々な葛藤のある「過去」に話が遡る所から始まったので、「これから進んでいくこの物語の結果はハッピーエンドだ」と分かってしまったものの、そ>>続きを読む