7さんの映画レビュー・感想・評価

7

好きですが詳しくないですTSUTAYA店員(22) プライムとネトフリ民

映画(176)
ドラマ(4)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

痛々しい…現実すぎて観るのがつらい。
もう二度と観たくない…さんかくよりも桐島よりも辛かった。
同窓会のシーンなんかもうもはやあれはホラー…顔を手で覆いながら指の隙間から観たよ…

面白かったけどこれ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

うん…うん……。

内容が全体的にもうあっさりしすぎててびっくりした……
映画館でCMをみて「え!絶対いいやん!!」と思ってフィルマークスを見たら反応がそんなに高くなかったので期待度を下げてから行った
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

いや……もう本当に……良かった……………………

Queenに詳しくなくても泣きます。
これを期にハマり二日間聴き続け二日ぶりに再度観に行ってしまった人もいるくらいです(私)。


音楽を愛する全ての
>>続きを読む

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.5

公開当時ぶりに観た、中谷美紀の役がすごく好き、ああなりたいな。

「悪くないよね、この世界も」

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

-

普通にまぁ面白かったけど映画館じゃなくてもよかったな…うん……
北川景子が泣き叫ぶシーンはちょっとショックだったな…(いろんな意味で)なんやこの顔は…って…。

犯人役の人、あ〜このひとこんな役できる
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.9

是枝監督にしては評価低いな〜と思ってたけど、観たらなるほど…となった
これは評価低いだろうな…
めちゃくちゃ考えさせられる系…?別の意味で

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

4.0

すごく好き〜〜〜〜あ〜好き〜〜

えっなんでこんなにみんな評価低いの…?
空気みたいにスッと入りこんでくる映画…。
ほんとに好きなんですこれ…
なにも起こらない、ただただ流れる日常、ドキュメンタリーみ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.8

「ドラマが好きなら観ないほうがいい、観なきゃよかった、面白くもないし」と周りから散々聞いていたけれど!
でもちゃんと面白かった、中盤終わりからドラマとは違う雰囲気で、切ない映画で。

奥さんは確かに可
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.3

こーーーんなに最高だとは!
ただの王道ラブコメじゃなかった、とにかく最高だった、今日からみんなに薦めます。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.9

寡黙な主人公が本当にかっこよすぎる、みんな観てほしい。
間の取り方、スローモーション、撮り方に映し方、本当に綺麗…。
予備知識なにも入れずに観たけど…思ってたものと全然違う…
わたしてっきりカーアクシ
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

-

可もなく不可もなく…
気がついたら終わってた、思ってたよりは楽しめた
あんまり関係ないけど噂好きのおしゃべりなゴミってどの作品でもうざすぎるな…

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

バイト先(TSU●AYA)で二人が
「本当に面白くなかった…意味がわからない…何あれ…」

かくいう恋人は
「本当に良い映画だった…好きな映画トップテンに入るくらい好き…」

両極端すぎてアテにならな
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

美人の喫煙シーンってなんであんなに美しいんだろうな

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.5

初めてジュラシックシリーズを映画館で観た、
「これは映画館で観るべき映画だ…」と心底思った
こんなに面白い映画が観られる世界に感謝した…最強に面白かった…期間中にもう1回は行きたい…

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

試写会にて。
平坦というか…盛り上がらずに終わる。
めっちゃ面白いわけではない、面白くなくはないけど、というかんじ…
1,800円出して観たいかと言われたら…いや…うん…

子どもかわいい〜ほしい〜と
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.5

蒼井優の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したときの映像を見て観ようと思った映画

演技じゃなくもはや本物だった、怖かった

自分のことを愛してくれるひとに対してもっと真摯に向き合わないと

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

-

人生で観た映画のなかで一番意味がわからなかったけれどなんか面白かった映画…

原作のファンである恋人に「意味はわからないけれど興味があるから観に行こう」と言われ連れられて行った、結果、
「「ほんっっと
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

予告から本編の最後の最後まで完全に泣かせにきてるのはわかってるけどこれは無理だ、泣きたい気分に最適な映画

本当に湯を沸かすような熱い愛だった

黒い十人の女(1961年製作の映画)

3.8

「誰にでも優しいってことは、誰にも優しくないってことよ。」