NONOKOさんの映画レビュー・感想・評価

NONOKO

NONOKO

たまに狂ったように映画を観ます。 行きつけの映画館は、ユナイテッドシネマとしまえん。できるだけ言葉にして、整理してみようと思っています。

映画(307)
ドラマ(89)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

舞台設定、キャラ設定、画がしっかりと作り込まれていて、初めから最後まで楽しめた。

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.0

トヨエツと阿部寛がエロかっこいい映画。
最終的には、ちゃんとした歴史やストーリー、それぞれのキャラクター設定が付いてくるんだけど、そこはあんまり頭に入ってこなかった。

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

1.7

痛い女とバカな男ばっかり出てきて、胸くそ悪い系(笑)
騙された始まりだけど、そのあと色々と積極的に変わっていく節子。トムとの未来は明るい気がする。

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

2.9

1が大好きな映画だけに、ん〜〜〜……という感想!

レトロゲームの世界と、タイムリーなインターネットの世界をわかりやすく盛り込んでいたんだけど、個人的にはそれでとっ散らかってしまったような印象でした。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

最後の21分。強くて、綺麗で、儚くて、涙も出なかった!すごく見入ってしまった。

人とも音楽とも自分とも、逃げずにまっすぐ向き合うこと。
これだけ美しくて力強い音楽が作れる人間でも、本当は自分の生き様
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

5.0

将来のことばっかり考えてる今の自分をすごくすごく助けてくれる映画だった。
プーさんは「今日」が大好き。

今年ベスト3に入るだろう映画。
大切な言葉がたくさんありました。

「何もしない」をする、って
>>続きを読む

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

2.4

「本気出してない」期間が長すぎた……。
起承転結でいうと承承承結、なんなら承承承承(笑)

好きなこと始めるのはいつでもいいってメッセージだと思うんだけど、クズすぎて…

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

どこかで聞いたことあるような出会いや別れ、展開、結末なんだけど…とにかく美術や技術が美しく、見入ってしまった。

運命は、些細なことでけっこう変わっちゃう。

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.0

政治、芸術(映画)、恋愛を絡めようとして、 微妙になってしまった感じかなあ。
映画の中でゴダールの「恋愛映画は恋愛しか語らない」というセリフがあったけど、恋愛映画なのかな?
男に芽生えた醜い感情や孤独
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

「嫌い」より「好き」のエネルギーで周りを動かす、そんな人に私もなりたい!
本当に観てよかったです。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

騙されたと思ってとにかく観て!としか言えない。前情報なしで観るのがオススメ。

制作予算300万と聞いたけど、映像制作かじった身として観て、このノンストップワンカットは普通にすごい。
映画愛を感じまし
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

夏っぽいのが観たいな〜と思ってレイトショーに駆け込み。

くんちゃんが成長する話。
この話の中では、くんちゃんが未来ちゃんをはじめとしてファミリーに邂逅するなかで成長していく。
現実、子供は親の知らな
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

現実はそう上手くいかないかもしれないけど、祈りのような美しさを感じる映画だった。オギーはもちろん、親友のジャックも、表彰に価する勇気と強さを持っていると思った。
見た目や中身、生まれや環境で相手への接
>>続きを読む

>|