小林さんの映画レビュー・感想・評価

小林

小林

暗くて皮肉っぽい映画が好き。映画館で見たもののみ。☆4.1以上はその時の気分によって変動。2017/1〜

映画(179)
ドラマ(0)

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.6

2018/2 8本目

全体的になんか静かな映画。描写とかも淡々としていて、そこまでドラマチックに描いてないのが、逆にエモい。…が、故に面白いかと言われたら微妙かも。

本題とは違うが、徹頭徹尾、黒
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.6

2019/2 7本目

妄想と現実の境がわからなくて混乱するけど、なんとなくそれが心地よいような気もする。心地よすぎて眠くなったり…。

パンズラビリンスと似てるような気がしたけど、こっちの方が地に足
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.3

2019/2 6本目

社会派ドラマだと思ってみたら痛い目にあう、エンタメ映画。主な見所は役者のオーバーリアクションと顔芸で、肝心の社内陰謀、闘争、摘発はわりとお粗末。

そもそも社内、大声で、陰謀
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

4.0

2019/2 5本目

門脇麦の主演作に、ハズレなし!
特にオープニングの疾走感と、えもいえぬ寂寞感は、ここ最近の邦画でも、ずば抜けて良かったのではなかろうか。これ撮ったのが26歳!?才能にゾッとする
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.9

2019/1 4本目

アンブレイカブルとかいう、20年近く前のそんなに人気もなくしかも暗い映画と、スプリットとかいうぶっ飛び映画の両方を観てる、ちょっと変な人へのご褒美映画。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.9

2019/1 3本目

端的にいうとつまんなかった。くさい演出の嵐だなぁと思ったら、監督みて納得。フジ映画だと知っていたら見なかったのにな…。

有頂天ホテルにも、フォールームスにもなれないホテル
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2019/1 2本目

まず、ルーニーマーラじゃないと嫌だ!!!っていうのは自分の好みだからおいといて、

この物語って…リズベットが、アウトローならではの機転と工夫で、巨悪に一発かますのが、面白いん
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.3

2019/1 1本目

前作も映画館で見たんだけど、記憶があやふやでまぁまぁ混乱した。前作観直してからがよかったなぁと後悔。

それはそれとして。今回はシリアスパートが多く、ハリポタの日常パートが好き
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

2018/12 70本目

怖いかといったらそうでもない。いやうそ。参るほど怖くはなかった…というのが正しい。

いわゆる、「来るぞ来るぞ〜…あれ?…ドーン!!!」系のホラーじゃないから、ビクッとする
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.3

2018 12 69本目

ジャパニーズホラーを期待して見たら、面食らう映画。とにかくキャラクターの作りが凄いマンガ的。松たか子の造形が安いコスプレの様で笑ってしまった。

前半はなんとかホラーの体裁
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.7

2018/11 68本目

俺は好き!!!映画全体に流れるB級感にそぐわない、山田孝之と佐藤健のA級感。そして荒川良々のガチ感。

知恵遅れ役をやらせたら日本一の荒川良々は、相変わらず『こいつをスク
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

3.8

2018/11 67本目

主演とヒロインの芝居がコテコテ過ぎてどうも最初は物語の中に入りづらかった。自意識高めの大学生を揶揄してるんだろうけど、あんなやつぁいねぇ〜〜夜神月か。

ただそれはそれで
>>続きを読む

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.0

2018/11/18 66本目

10分に一回は大根が出てくるのでその度に集中力が削がれてしまうのが痛かった。脚本のアラは別にそんなにだけど、カットがいちいちダサくてウケる。

ドラマでもよかったの
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.2

2018/11/15 65本目

エモい映画に出会ってしまった。趣里のダメっぷりのリアリティが凄い。いや多分あそこまで深刻な人は稀なんだろうけど、一部分ごとに、いるいる、ってなる。

コミュ障のだめな
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

2018/11 64本目

マーベル版ど根性ガエル…に寄生獣と、うしおととらを足したような映画。設定が絶対面白いヤツなので期待して観たが、案外フツーだったかな…。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

2018/11/9 63本目

フレディの没年に生まれたイチファンとして、純粋に楽しめた。自分が知った時には既にワールドスタンダードになっていた楽曲の始まりが知れたのは良かったなぁ。

あと役者さん
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

2018/11/4 62本目

面白い!やっぱり面白い映画は国境もジャンルも越えるなぁ〜〜。

主人公が美人じゃないのがいい。これがガッキーだったら説得力がない。顔も十人並み、生まれも平凡、とに
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.5

2018/10/28 61本目

映画としては好きなつくりなんだけど、少し眠くなってしまったのが正直なところ。

神のゆらぎっていう作品を思い出した。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

2018/10/28 60本目

一個一個のエピソードに意味なんかないよね!いや、あるのかもしれないけどこれって口裂け女とか永田町の地下シェルターとかそういう類の話でしょ?米国人じゃないとこの温度
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.8

2018/10/28 59本目 テアトル

これは紛れもなく青春だ〜〜〜〜。

自分は何にでもなれるんだという根拠のない自信のもと、夜な夜な金にならないことに汗を流して、飲めない酒を飲んでいた自分が
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.3

2018/9/30 58本目 シネマロサ

完全に名前勝ち。このタイトルを見たときに観ることを決めた。今年1番いい邦題だと思います。

内容としても、いいから黙ってピアノ弾いてくれという内容の映画だっ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

2018/9/29 57本目 角川シネマ

子孫繁栄の観点から見ると、恋愛とはかくも非効率的で社会的な、人間ならではの文化なんだと思う。そういう意味で、少しだけ人より本能に針が振れてしまっていた女
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.2

2018/9/24 56本目 シネクイント

愛すべきキチ◯イ映画。
最近ヤスケンもメジャーになってきて、優しく気弱な旦那役とかが増えているけど、やはり彼の役者としての真骨頂は狂気とも言える熱量ではな
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

1.8

2018/9/23 55本目 サンシャインシネマ

原作愛、監督のエッセンス(パロディ、ムロ、佐藤二朗)、そして役者陣の熱演というか眼福具合…喜ばれる理由はよくわかるんだけど…作品としての出来がいい
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

2018/9/22 54本目 バルト9

プーさんのビデオで育った人間としては、観なくてはいけない気がして、観た。

予想の範疇を超える展開はないけど、期待している通りのものが待っていて概ね満足。ご
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.0

2018/9/15 53本目 ヒカリ座

大人の映画。俺にはまだ早かったかな。わかりやすい感動ポイント以外に、もっとぐっとくるところがあったはずだけど。。。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.8

2018/9/9 52本目 有楽町シャンテ

面白かった!ちゃんと面白かったけど、歴史を知らず、知識もない俺には軽々しく面白かったとかいっちゃいけないきがする。というよりそれがあれば、面白い以外の感
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.9

2018/9/3 51本目 宇都宮TOHO

まずボルグもマッケンローって誰やねん状態からこの映画を観たのだけれど、それが逆によかった。そもそもこの世紀の対戦の勝敗を知らなかったから、とにかくハラハ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.2

2018/9/1 50本目 宇都宮TOHO

小説というものは想像力が必要なメディアだ。読者側に細かい補完が求められるからこそ、世界観に浸かりやすく…トンデモが起こってもおかしくない世界観が読み手そ
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.0

2018/8/16 49本目 ヒューマントラスト渋谷

なんだなんだこの話はどこに着地するんだというワクワクはあったんだけど、フランス映画っぽい、もったいぶった間の取り方とノルマのように差し込まれる
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

2018/8/16 48本目 ヒューマントラスト渋谷

ジェレミーはホークアイなんてやってないで、こういう映画いっぱい出たらいいのに。基本的に胸糞に次ぐ胸糞で展開するので、心がずっと落ち着かないが、い
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.4

2018/8/16 47本目 渋谷シネパレス


うーーーん、まぁ基本的にはお国柄ジョークはなかなか笑いづらいよね。あと全員英語ペラペラなのはどうなんだろうと思った。そりゃあロシアじゃ作れないだろうか
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

2018/8/10 46本目 ユナイテッドシネマ大津

オーシャンズシリーズは、イレブンしか見たことないんだけど、動機から下準備、そしてコトが始まってからのスムーズさ、鮮やかさまで、綺麗に初代を踏襲
>>続きを読む