Jさんの映画レビュー・感想・評価

J

J

映画(515)
ドラマ(6)
アニメ(0)

エール!(2014年製作の映画)

4.0

聴覚障害者の両親を持つ女の子の話。
歌うことが好きだが、音が聞こえない両親は娘の歌を聞くことができない。悲しすぎる。最後のシーンは泣いた。こんな家族素敵すぎる。

シニアイヤー(2022年製作の映画)

3.8

レベル・ウィルソンの作品って感じ。昏睡前は女子高生なのに、昏睡後はレベル・ウィルソンだった。痩せてとてもきれいになってた…!
自分を偽らず、自分の良いところを最大限に。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

涙なしでは観られない。
こんな恋愛をしてみたい人生だった。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

不老不死になるとしたら、自分はどんな人生を送るのだろうか。
周りの人が自分より先に老いて、死んでいく、その状況に耐えられるのかな。
大切な人たちと同じ時を過ごせるのが贅沢であって、幸せなことだと感じさ
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

4.0

この時のジョニデ一番好きかもしれない…!

がんになり余命半年。後半にかけてどんどん死に近づくことで、生きることに向き合うようになる主人公の心情がリアル。
もし自分が余命半年と言われたらその残りの時間
>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

4.0

怪物園(字が出てこない)を鑑賞。
この時代だからこそ完成されたんだろうなぁというかなり尖った作品。
色々と障がいについて考えさせられた。
今では絶対に考えられない…。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

両片思いってめちゃくちゃつらい…!わかる…!すれ違うふたりにもやもや…はやくくっつけ…!主人公に感情移入しながら見てしまった。

メイド・イン・マンハッタン(2002年製作の映画)

4.0

シンデレラストーリーのthe定番!
こーゆー常にしあわせな気持ちにしてくれるあったかい映画っていいね!
あったかすぎて泣くとこある?て思うけど涙腺ヨワヨワの私は泣いた。
ジェニファー・ロペスが美しすぎ
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.8

やっぱジェシーはクズなオタク役が似合う…。ひたすらにマーク・ザッカーバーグはクズだった。
フェイスブックはもともと大学内の出会い系サイトって言うの知らなかったなぁ。

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.0

つまらないわけでもないけど、面白くはない。
ラジー賞ぴったりだな、、、。
幼少期に馴染みのあるキャラクターがたくさん出てきたのは嬉しかった。

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.6

"死ぬまでにやりたいことリスト"天才な彼女が幸せになるために、リストを作りさまざまな世界を観ていく物語。
内容は、ほぼ恋愛だけど…。

アダム&アダム(2022年製作の映画)

3.5

しっかりしたSF要素で良かったんだけど、ちょっと惜しい…!もうちょっと、設定の詳細やSFをメインとした場面を見せてほしかった。親子間の愛は良かった。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.5

とにかく長いと感じた。想像以上に重たい物語で、人生の”波”をうまく表現した作品だった。途中で主人公が変わり飽きはしなかったが、ちょっと音楽がダサいなって…。映像美に反して音楽はちょっと…と思った。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.0

息苦しく、ぞわぞわする作品だった。

突然いなくなった妻、疑われる夫、批判する無知な人々など、本能に忠実でリアルな人間らしい登場人物に恐怖を感じた。

何も知らないのに判断して人を批判するテレビの視聴
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.2

不良と言われる子どもたち、不良にならざる負えなかった背景がリアルに描かれている。スケボー、大麻など90年代半ばの雰囲気が感じられる作品。
周りの人たちに差別され、疎まれる人たちには、実は優しく仲間を思
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

努力は報われる。そんな映画だった。
でもこんなに辛いのに挫折しない主人公は強いし、最初はインキャ?の設定みたいだったけど途中からめちゃくちゃ行動起こすし、でしゃばるしもともと主人公のメンタルが強すぎる
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.1

何歳からでも夢を持つことができ、諦めない心を持つことが成功の秘訣である。行動力のある2人を見て、本当に企業から必要とされている人間は頭が良くていい大学を出ている人ではなくて、人間らしく自信を持ったもの>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

ジェイコブの演技力の高さに何度も見てしまう作品。温かくなるし、勇気をもらえる映画。

FREAKS フリークス 能力者たち(2018年製作の映画)

3.0

まあ面白いんだけど、ほとんどの場面が暗い家の中でもうちょっと進展したストーリーを期待してた。
能力を持ってるならもっと能力を爆発させた子どもの姿が見たかった。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

3.8

日本最速プレミアム試写会で鑑賞。
説明がないので予習は必要かな?と思います。
ネタバレしない程度に感想を書くのは結構難しい…。
ダンブルドアの秘密というより今回もニュートが中心の物語で、しっかりファン
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

4.0

1回目→推しが尊い
パンフを読み込み
2回目→推しが尊い

感想が内容を語るまで特に思うところはなく、とりあえずティモシーが美しいのだけわかった。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

切なすぎる…。
差別と偏見が正義を押し潰していく。
人と考え方が少し違うからって人を表面的に勝手な判断をしてはいけない。

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.0

家族とは血の繋がりがなくても本当の家族になれる。養子縁組、里親制度、日本ももっと進めるべきだと思う。

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

2.8

まあ面白いんだけど、設定の説明が少なすぎてよく分からないまま物語が進んでいく感じ。能力をテーマとしてるなら主人公の能力もうちょっと尺が欲しかったかな。
設定や内容がしっかりしてるから、三部作とかに分け
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.3

9.11で亡くなった父親が遺したひとつの鍵。その鍵穴を探す少年の旅。繊細な男の子が旅の中で様々な人と出会い、少しずつ成長していく。父親が遺したのは鍵ではなく、勇気や自分の力に気づくこと、そして"愛"だ>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

成長と共に起こる身体の異変。徐々に人間ではなくなっていく身体と親への反抗や思春期の心の変化がリンクしているように感じた。しっかりとしたファンタジー要素があるはずなのに酒や男、薬やタバコなど人間のリアル>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.5

子どもが大人ぶってるところ、ひたすらに可愛い。彼らはいい大人になるだろうなって思える。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.2

アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリー共演のコメディ?映画。
本当に彼女は死んだのか。なんだかゾワゾワする映画だった。(最後のシーンでやっと一回見たことあるのに気づいたので、そこまで印象に残ってなか
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004年製作の映画)

3.3

なんかもう終始悲惨すぎて目をつぶりたくなるけど結局最後はいい話になんのちょっとクセになる。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

カルリートスが美しい…。途中話が脱線してるなと感じたけどそこまで気にならなかった。どんどんエスカレートしていく彼の姿に惹かれてしまった。
Summer of 85に少し似ているなって思った

ゴーストバスターズ/アフターライフ(2021年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃに最高だった!!!
6歳の頃から大好きなシリーズで新作が出るごとに映画館に何度も通っては観たもので、今回は5年前から推してる2人が出るということで尚更楽しめた!!
ところどころに挟んでくる
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.5

キングスマン=スパイ映画だったけど、スパイになる前の話だからなんかただ戦ってて本来のキングスマンの魅力が感じられなかった。キングスマンのストーリーが知りたかったファンにとってはよかったかも?
最後のヒ
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.2

征服の前作と視点が変わり、世界を救おうと戦う人達の物語。前作と全く違い、楽しめた。物語の展開も面白くて続編も観たいと思える映画だった。今回出てきた登場人物はみんな強くて戦闘シーンが多くてよかった。あん>>続きを読む

>|