ノムラさんの映画レビュー・感想・評価

ノムラ

ノムラ

映画(302)
ドラマ(5)
アニメ(0)

囚われの女(2000年製作の映画)

4.3

パリのヴァンドーム広場、ヴァンクリ前あたりから始まる車での追跡。終始不穏な雰囲気が漂う中、妖艶とも絢爛とも言えない、パキッとした色彩を持つビジュアルと壮大なサウンドに胸ぐらを掴まれてぶん殴られる感覚を>>続きを読む

マッドゴッド(2021年製作の映画)

3.8

ここは未来の地球なのか、それとも別の惑星なのか。ユートピアなのかデストピアなのか。血液と臓物と糞尿が入り混じり、地下に潜れば潜るほど移り変わって行く世界観。そこではある種の連続性を感じられるが、論理は>>続きを読む

ゲームの規則(1939年製作の映画)

3.9

ルノワール自身が演じるオクターブ、カッケェ… アンリカルティエブレッソンがアシスタントで参加しているとのこと 銃を使いこなせない俳優に代わり、ブレッソンが狩のシーンで実際に兎や雉を撃ったのだとか

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

本作品について「日本へのリスペクトが欠けている」という批判を良く耳にするが、むしろこれほど日本へのリスペクトが込められた作品を私は知らない。物語の筋書きは不本意ながら来日することになった米国在住の男女>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

4.0

ビルの真上からのショットや、荒野で待ち人と対峙するショットなど見せ方がカッコいい

生れてはみたけれど(1932年製作の映画)

4.2

近代化における家族の再構築をテーマに、それをサイレント映画で見事に表現。小さい子供にとって父親は絶対的な存在であるので、社会の中で立場があって、まさかあんなにも頭を下げているなんて理解できないのは当然>>続きを読む

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.0

タイトルにある通り、とある女性が家庭の中で精神を徐々に病んでいくその様子をテーマとした作品。生が壊れ行くその過程が詳細にかつ客観的に描写され身震いするほどの恐怖を感じる。それにしても『オープニング•ナ>>続きを読む

>|