ののすけさんの映画レビュー・感想・評価

ののすけ

ののすけ

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

3.7

よくある内容なんだけど、高卒の女子社員(能力高いのに雑用ばかりさせられてる)が奮起して奔走して団結して…って所がかなり良い!

人生の教訓みたいなのも散りばめられていて、所々でジーンと心に染みた。観て
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

4.0

分かってはいたけど、マ・ドンソクのガタイの無駄遣いが…(笑)
頭脳で勝負な姿も素敵でした。結婚して欲しい。

シリアスこの上ない状況に、あえてちょこちょこ笑いを盛り込んでくる韓国映画のお家芸にまんまと
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.4

ひたすら、コン・ユの演技力に感心する映画だった。もちろん、ボゴミの抑えた演技も良かったけれど。

ストーリーは、先が読めてしまう感じがすこし物足りなかった…と思ったけれど、数日経った今、所々心に残る所
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.0

近年、ここまで映画で泣いたか?と言うくらい泣けた。
お母さん…!!!!
あのシーン、泣かずにいられる人、いる?

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

5.0

最高!!!それ以外の言葉が見つからないほど感動した!

映画館でこんなに体が動いたり、思わず声を出してしまったり、必死に笑うのをおさえたりと、観てるこちらも良い意味で忙しいのは初めてだった。
観客の声
>>続きを読む

5月の花嫁学校(2020年製作の映画)

3.5

ジュリエット・ビノシュが主役と知らずに観始めてビックリ。相変わらず可愛くて、しかも妙齢の女性の色気もしっかり纏って、いい女優さんだな〜。

ラストのイキナリミュージカルには度肝を抜かれたけど、ジュリエ
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.0

蒼井優の芝居が凄すぎて、そればかり際立ってしまっていて残念。他の俳優さんたちも上手いけど、比べ物にならなかった。
それと、先読み出来てしまうストーリー展開にちとガッカリ。

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2時間の上映中、半分は泣きっぱなしだった。

女性が、女性であるということで削られていく現実がひたすら辛い…。
痴漢にあったら、女性の不注意だと言われ、就職が決まらなければ嫁にいけと言われ、嫁に行けば
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.5

最っ高!
近年見たコメディの中で最高の作品かも。笑って笑って泣いて、ちょっと感動する。
とにかく何も考えず観てほしい。最高にハッピーになれるから。

あ、音楽がマジで良い。

SCOOP!(2016年製作の映画)

2.9

テンポがよくて、福山かっこよくて、二階堂ふみ可愛くて、吉田羊ヤヴァくて、ちゃら源…あれ?なんか怖いなぁ…って思いながら観てたら、ラスト…
納得いかないけど、何か心に残る映画

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

テンポよく、こぎみよく進む前半と、打って変わって雰囲気の変わる後半の作りに、どんどん引き込まれていった。

亜人(2017年製作の映画)

2.5

アクションもいいし、画もキレイ、なのにあのラストは…

寄生獣(2014年製作の映画)

3.2

ミギー可愛い…!!
原作を知るものとしては、この作品を実写化?!と思っていたけど、なかなか上手く作ってあって、違和感なく最後まで観れた。

染谷くん、ちょっとおかしくなっていく所なんか絶妙に上手。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.6

染谷くん演じる軽い今どきの男の子が林業の厳しい現場に放り出され、逞しくなって行くかと思いきや(いや、心身ともにたくましく成長するんだけど)、最後まで軽い感じなのが笑えた。

何となく期待せずに観たのに
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

4.2

期待せずに見たぶん、ものすごく見応えがあった。冒頭の、この世界を説明するための時間がとても丁度いい。これでぐっと入り込めた。
ストーリーもよく出来ていて、全く退屈する間も無く見終えた。
ファンタジー色
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

5.0

この2人、最高…。そして、ホット・ファズに引けを取らないテンポのよさ、ユーモア、しかもたちょっと感動までさせてくれる。

スピルバーグさん…(笑)

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.2

たまには何も考えずに映画を楽しみたい…という人にピッタリの映画。
テンポが良くて音楽が良くて笑えて、見終わったら頭がスッキリ。

天国の描き方が斬新。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

最後のどんでん返しは、伏線が見え隠れしており正直想像できたが、分かっていても面白いと思わせる構成に納得!

最後のシーン、誰か迎えに来てたのかな。だといいな…

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

遺伝子の病気による顔の手術痕に苦しむ主人公の男の子、弟に家族の関心が向くことをしょうがないと受け止めて手のかからない子に徹する姉、どんな苦難も諦めない母親、それを明るく支える父親。
みんなそれぞれの苦
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.3

鑑賞記録

1を見た時ほどの感動はないけれど、テンポのよさは健在。
最後そうなるの〜!KとJの意外な接点が切ない…

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

さすが25年前の作品だけあって、今見るとなかなか細部が厳しいものがあるけれど、それを補ってあまりあるストーリー展開。

ラストもすっかり忘れてしまっていて、まるで初めて見た映画のように観れるあたりが、
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

鑑賞記録

とても苦しい気持ちになる映画。
なかでも、安藤サクラの演技が鳥肌モノ。彼女の母性は作り物ではなかったような気がする。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

5.0

鑑賞記録

やはりラプトルが、ブルーが愛しくてしょうがない!最後にオーウェンの方を見て、後ろ髪引かれるように去っていくところが切ない…

ジョアン・ジルベルトを探して(2018年製作の映画)

4.0

鑑賞記録
2019.11.24

ストーリーが進めば進むほど、ジョアンが遠くなるような感覚に陥っていくのが不思議。

映像と音楽がこれほどここち良い映画は他にないのでは。

NO SMOKING(2019年製作の映画)

5.0

鑑賞記録
2019.11.20

細野さん世代でない自分でも、十分幸せになれる作品。名曲がたくさん使われていて、それを聴くだけでも価値あり。

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.5

2019.10.15

相手の不実により結婚がダメになったご主人に対し、主人公が淡々としているように見えるが、実はとても優しい。

この2人の人生が、この後繋がりますように。