Suuさんの映画レビュー・感想・評価

Suu

Suu

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.3

ずっと思ってたけどライトセーバーって誰でも使えるのかな。という点が気になり続けた本作。
展開が急すぎるしデジャブ感あってのめり込めなかった。
BB-8は可愛かった。さすがディズニー。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.5

ちょっとダークサイドに堕ちるアナキンがちょろ過ぎるなぁ。そして堕ちた後は豹変しすぎ。
ストーリーラインは見えてたものだから、驚きはなかった。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.7

大勢とは違う評価みたいだけど、これまでの中では一番面白かった。

成長したアナキンが自身の力の強さに酔って暴走してしまうところも
自然な流れとして納得できるし、
要所要所の演出もきちんと意味合いと迫力
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.5

6から10年後の作品ということもあり、映像とアクションシーンはものすごく進化してた。
ただ、ジャバ・ザ・ハットの気持ち悪さとかは、CGよりきぐるみ時代?のほうがあったと思う。

ストーリーラインは、楽
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

3.6

毛玉の種族も可愛かったし、納得の行く終わり方で良かった。
けど、いくらなんでも敵のやられ方の一つはちょっとチープすぎるよなぁと。
見せたいものや表現が先にあって、細かなリアリティや演出は少し置き去りに
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.6

エピソード4は盛り上がってたけど納得性というか、繋がりが感じられない出来だった。(ルークが戦闘機の操縦が上手いとかも急な設定だったし。)

今作はダースベイダーとルークの関係を始めとして、それぞれのキ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.5

初スターウォーズ(本編)
これが自分の生まれる前に出来たのかと思うと感慨深い。
今の技術と大きく見劣りしたのはCGとアクションシーンくらい。
世界観と特に宇宙人のデザインの作り込みは際立っていて、他の
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

設定は面白いし、観る人に奇妙な違和感を与える演技やカメラワークが印象に残った。
邦画ならではの気持ちの悪い怖さというか。

ただ、概念を奪うという設定なら、もっと緻密に作れば面白かったんじゃないかと思
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.4

満島ひかりの演技は良かったけど、話としてはまぁまぁ。誰かの心情を抉るようなものはあまりなく、たんたんと登場人物の愚行や悪意が披露されて行く感じだった。
後半は少し盛り上がるけど、もう少し納得感があれば
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

元々戦争映画は得意じゃないけど、この映画は常時戦争中という感じで、観ていて少し疲れてしまった。

カメラワークの水中表現が特に斬新で、戦時下の混乱や息苦しさ、感情を生々しく伝えてくるかのようだった。
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

悲しいお話。
菅田将暉は演技うまいなぁ。綾野剛はなんだかんだアウトローな外れ者の役が多い。
面白かった、というより最後まで魅入ってしまった。しあわせなだけの話より、最近は暗いものに惹かれることが多い。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.1

絵作りは良かったけど、ジョジョの世界観に浸透しているリアリティや生命賛歌的な哲学は感じられない作品になっていた。
良さげなところで映画に落とし込んだ、という印象は拭えない。展開の演出もやや冗長で、説得
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.5

役者も豪華で話の筋も他に比べるとあったから、そこそこ面白かった。

デストラクションベイビーズと言い、柳楽優弥と菅田将暉は狂った役が多い。狂った役、好きだけど。

それにしても門脇麦は本当に幼くみえる
>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.5

山田孝之の演技がイカれてるだけで十分楽しめた。
綾野剛はバカっぽい役より天才肌の方がハマると思うんだけどなぁ。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.4

最後まで楽しめたけど、終盤の描き方が少し論理的ではなく雑に思えた。
勢いは良いけど、納得感も大事にして欲しかった。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.5

演技も重くてなかなか面白い。
前編は飽きることなく観れた。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

ウシジマの過去もあってそこそこ内容も楽しめた。

竹本はもう少し人間味欲しかったし、河本はもっと救いがあっても良かったけど。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.1

内容は薄い。

秒速で億稼ぐ男とか、トレンドものを入れた感じ。

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.2

相変わらず話の筋は特に感じられない作りだけど俳優で持ってる作り。


浅野忠信の前半の演技がかなり微妙だったのは意図的なのかな?

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

見せたいものがしっかりしていてそこはしっかり取れてるから楽しめるエンタメ作品。
ただ、ジョンが強いってことの裏付けや見せ方はもっと欲しかった。シャーロックホームズみたいな映像表現があったら良かったなー

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

話の筋が軽すぎて眠くなった。
重複した、情報量の少ないシーンがやたら多い。
魔法使いもので期待される少しずつ魔法覚えるとかも無くて、つくづく期待ハズレ。

絵はジブリらしさもあったけど、それくらいかな
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.4

柳楽優弥と菅田将輝の演技は良い。
話の筋も暴力的で、面白さは無い。

好みでは無いけど、この映画はこれで良いんだなとは思った。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

心配せずに観れるエンタメ映画。
今作も良く出来ていて面白かったし、過去からの繋ぎも感動するところがあって良かった。
ただ日本語吹き替え版はちょっとジャックの声が気になったかな。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.4

ほぼ、男子高校生二人の会話だけで進む斬新な映画。ぼーっとみるぶんには良かった。くらいかな。

ガチバン(2008年製作の映画)

1.9

つまらなかった。
酔ってみるくらいがちょうどいい感じ

闇金ドッグス5(2016年製作の映画)

3.1

あえてなんだろうけど、またもや消化不良で救いのない終わり方。
毎回、話の筋があんまり見えない。
必要のないシーンが多いように思う。4の伏線回収的なものもなかったので余計に残念。

闇金ドッグス4(2016年製作の映画)

2.8

ザ・消化不良。
前編?くらいの終わり方だったし、内容も無駄に重かった。
4見てからかな。。

闇金ドッグス3(2016年製作の映画)

3.4

オチまで含めてなかなか良くできてた。
シリーズ初の勧善懲悪ものだったから、連続で見るとスカッとする。
邦画はお金をかけないリアルさが随所にあって面白いな。

闇金ドッグス2(2016年製作の映画)

3.3

1よりちょっとだけ元組長がこなれてきてて、分かりやすい人間模様も入って面白くなってた。
ウシジマくんもそうだけど、闇金のような世界に憧れなんか持たないように、あえて重い締めにしてるんだなーと感じた。

闇金ドッグス(2015年製作の映画)

3.2

オタクや地下アイドルの表現とか、そこそこリアリティもあって悪くなかった。
思ったよりも話が痛快でも無く、教訓やカタルシスもない気がしたけど、こういう話は幸せに終わるよりもこういう形もありなのかなと。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.6

高得点すぎて気になって観たけど期待外れだった。
ストーリーはあって無いようなものだし、まぁ普通に面白い、くらいかな。
ただ、ちょいちょい出てくるグルートを使ったコメディ要素とかは面白かった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.1

全編通してメイキングビデオを見てるみたいな、不思議なリアリティと懐かしさを持った映画だった。
映画の中で本当に創り上げられてきたものやその空気を撮影したのだと思う。

音楽やカメラ技法も80年代をイメ
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.7

インド映画はあまり見ないからダンスの長さには戸惑ったけど、総じてテンポも良くてテーマも深いし伏線回収も丁寧で良かった。

特筆すべきところはやっぱり宗教問題に切り込んでいくところかな。神を探す過程でP
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

2度目の鑑賞。2回観ても面白いし、見るほど良くできてる。
原作が古い年代の作品だったから、絵作りとかライティングも相当凝ってた。テストのシーンは何も観ても笑う。


手放しで面白かった!
役者も各シー
>>続きを読む

キアヌ(2016年製作の映画)

3.7

キアヌは可愛いし、大筋もわかりやすい上に主役二人の演技も良くて、コメディとして最後まで楽しめた。

ただ、キアヌが喋るのはほとんど無かった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.4

初スターウォーズでこれから見た自分が悪いと思う。けど、今作だけ見ればこのくらいの点数だと思う。たしかに細かくよく作られているけど、特別素晴らしい箇所は無く、むしろ少し冗長とも感じた。
うーん、やっぱり
>>続きを読む

>|