naoさんの映画レビュー・感想・評価

nao

nao

洋画中心で見てます!
気軽にフォローして下さい!フォロバします^_^

詩的で美しく、"人間"を感じられる様な映画が大好きです!

映画(388)
ドラマ(0)

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.9


理想の恋人を想像して書いていたら
そんな彼女が現実に現れた!

ヴィヴィッドすぎない映像のタッチがおしゃれな雰囲気を持つファンタジーラブストーリーです!
恋愛の痛みや関係を上手く続けられない歯痒さを
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0


アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない恐るべき現実をえぐり出し
善悪の境界線
そして、人として一線を描く

今作では、前作よりも二人の人間臭さを全面的に出し、より多
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

4.0


1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件当日の情景が、淡々と描かれる。

その描き方が独特で、高校生たちの何気ない会話や、連続性の低いエピソードが積み重ねられていき、まるでドキュメン
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0


舞台はニクソン政権下のアメリカで、まだ女性が社会で働くことに対する理解の無い時代

そんな中、発行人・社主に就任していた女性キャサリン・グラハム普段は周りに威圧的に追いやられ満足に意見も取り上げても
>>続きを読む

フライド・グリーン・トマト(1991年製作の映画)

3.9


友情、家族愛、夫婦愛、仲間を守ることなどのいろいろな繋がりを描いた、地味だけど満足感が十分にもてる作品です😊

何か懐かしくなるような独特な雰囲気に満ちていて、引き込まれるとずっと心が暖かく満たされ
>>続きを読む

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

4.2


これは面白い❗️

軽いブラックコメディーなんだけど、ちょっと考えさせられる

メディアの情報に踊らされるのではなく、自分にとって正しい情報・正しくない情報をきちんと自分の中で識別し、判断することが
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.6


大人たちの理想を押し付けられる天才チェス少年。
周りの期待と希望を背負い試合をこなしていくその少年の葛藤と純粋な透明感が胸を打つ映画です


「何が子供の為なのか」

突出した才能があったとしても子
>>続きを読む

星に想いを(1994年製作の映画)

3.1


アインシュタインと仲間のおじいちゃん博士たちが恋のキューピッドになって主人公と自分の姪をくっつけようとするファンタジーラブコメディ!

ストーリーは、コメディ映画の王道を行くような、よくある設定です
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.7


「優しさ」

とにかくこの映画は人々の優しさを感じられる映画です。

あらすじを見ると、コメディ感が溢れてるけど、実際は静かに淡々と進んでいく人間味があふれるドラマでした!

自分もそれを感じるまで
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

2.9


見終わってみれば良い映画を見たなっていう気分にはなったけど、面白かったかと言われると、そこまでではないかなというのが正直な感想です😖

退屈といえば退屈、テンポでいえば非常に悪いところもあるけど、そ
>>続きを読む

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

4.1


静謐でありながらも全く飽きさせない。
表情、セリフ、間、など細部にこだわった素晴らしい作品です。

完璧な監視社会とも言われた旧東ドイツ。その監視社会を覆う窮屈な空気が伝わってくるようで、真の「善」
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.8


最高❗️

音楽、キャスト、世界観、ストーリー全てが最高!

もうこれで終わりにしたいくらい。それくらい良かった!

泣けるとか、気分がアガるとかそういうのではなくて、じんわりと心に沁み込んでくる。
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます


やっと見ることが出来ました!

数学の天才として名を上げながらも、統合失調症を患ってしまう数学者の半生を描いています。

途中までサスペンスの序盤のように進んでいたのに、ふと突然「あれ…?おかしいな
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.3


特別なことことは何もない。普通のアクション映画なら、刑務所から脱走するシーンをちゃんと描くけど、完全にすっ飛ばす。

大きな見せ場があるわけでも、謎解きがあるわけでも、前向きな目的があるわけでもない
>>続きを読む

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.0


焦らず自分らしくって事かな

ミニシアター的な雰囲気がとても強くて、すんなりとストーリーに入り込めます。

ラストが爽快感に溢れていて気持ちよく
心の重荷が取れたような、なんだか後味の良い、不思議な
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.1


登場人物全員に個性があり、テンポの良いストーリー展開で2時間半を全く飽きずに楽しませてくれます!

主役二人の高い能力で仕事を成功させていくワクワク感と、失敗が即死につながる緊張感は本当に素晴らしい
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7


家族と上手くいっていないこじらせ女子が世間を知って、友達を知って、家族を知って、自分を知っていく成長物語!


子供が親に思う事と親が子供に思うこと、それは大きく異なっている
だけど、根底には大きな
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.1


全体的にとても静かで温かみのある映画です

舞台であるブルックリンの街並みは美しく、ふたりの間の空気感や映画全体の雰囲気は見ていて心地よかったです

だけど、これといって印象に残ったものが無くて
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.8


アメリカの雄大な大自然と向き合うことで、自分の過去を見つめなおし、人生の「道」を見出した1人の女性の物語


人間なら誰でも何かしらの問題に直面する事がある、時にはそれを受け入れられなくなってしまう
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.3


8歳という年齢は、その意味を理解するにはあまりにも幼すぎた…

そして、その純粋さが、死の残酷さ、それをもたらした人々の悪意の罪深さを強調する。

美しい映像
心に残る演技
語り過ぎない秀逸な脚本と
>>続きを読む

泥棒成金(1954年製作の映画)

3.7


ヒッチコックが描くミステリーではあるけど、コミカルでユーモラスな要素が強くて、のんびりと観られるような作品です!
主演のケイリー・グラントとグレイス・ケリーの二人が醸し出すオシャレな雰囲気を前面に打
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2


ストーリーはシンプルで分かりやすく、まさに王道❗️
だからこそ、伝わりやすく心に響いてくる


この作品は黒人差別を描いている映画としては、そこまで差別描写が強くは無いんですよね。
でも、逆に重過ぎ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2


シンプルに面白い‼️

小さな画面のなかでの習慣や行動を巧みに利用しながら、大きなスクリーンでストーリーを語る
それは視覚的にも凄く斬新で、PCより得られる僅かな情報から次々と物語が展開するテンポの
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.1


開始3分で作品の世界観に引きずり込まれ、目が放せなくなってくる


いくつもの謎。延々と止まらない疾走感。根底に漂う絶望感と退廃
そして、喧嘩とバイクに明け暮れる金田とその仲間があっという間に政府の
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.2


本作はニール・アームストロングというひとりの宇宙飛行士の人間としての葛藤と苦悩の物語

そして、その苦悩がメインで描かれているので雰囲気は重々しいし、内容は本当にシンプルです。

多くのSF映画の様
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


人生が一変するゲームと称して、ある大富豪が謎のゲームに巻き込まれていくストーリー

オープニングから面白そうな雰囲気がビンビン伝わって来て
物語が終わりエンドロールが流れはじめると、その通りだったと
>>続きを読む

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

4.2


人と出会って様々な感情を分かち合うこと、そういうシンプルなことが大切なんだと気づかせてくれる映画です。

世代を超え、お互いを尊重しあい、感化されあうことの素晴らしさ。
映画や本も自分の人生観を変え
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.6


特に大きく展開するわけではない小さな物語

映画全体を通して淡々とした雰囲気なんですが、徐々に心が浄化されていく気がしました^_^

多くの人たちがいう様にこの映画は「人生賛歌」なんだと思います
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.2


ストリートキッズ達をドキュメンタリータッチで描く作品

映画の物話として中身があるというものではなく、リアルをただ映し続けた動画という印象で、ドキュメンタリーとはまた別の感覚を味合わせてくれます😃
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.8


ブラックユーモアや皮肉を散りばめたバラエティ豊かな6話で構成されたオムニバス作品

久々に西部劇映画が観たいな~と思っていたところにちょうどコーエン兄弟の西部劇がある!
と楽しみにして観たのですが、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0


劇場公開の時に見ようと思ってたんだけど結局見れなくて、やっと見ることが出来ました!

前作に引き続き全体的にバランスの良いスタイリッシュなスタイルとなっています。

このスタイルが結構、自分好みなの
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます


カッコいい!

その一言に尽きます!

命がけの飛行訓練と「空」の戦争にちょっとのラブロマンスをからめつつ、戦争ものでもアクションでもない、若者たちの命がけのドラマを堪能しました^_^

かっこいい
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8


この映画は戦争映画であり、業界の内幕ものでもあり、ラブストーリーでもある。

そして、映画の素晴らしさを描いています!

どんな状況であろうとも価値のある映画にしようと必死に作る人たちがいる
そして
>>続きを読む

>|