naoさんの映画レビュー・感想・評価

nao

nao

映画(477)
ドラマ(0)

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1


面白い!

バランスのとれた面白さ
豪華俳優の個性の中で、先の読めなさや、どこを切り取っても絵として決まった撮影、とてもリッチでずっと観ていたくなる映画です

サスペンスとコメディを絶妙なバランスで
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.9


内気な少年ダンカンの成長物語

少年の成長を描くストーリーは凄くシンプルで、伝えたい事もクリアに伝わってくる

何か行動を起こすこと
とりあえず歩いてみれば、自分の居場所を見つけられる
そう言われた
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.7


優しい登場人物が多くてストレスがなく、短くサクッと観れます

音楽とエキゾチックな映像の調和
そして、人の入れ替わりを通して恋愛における普遍的なテーマを描く良映画です!

夢幻的な雰囲気が漂うなんと
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.2


運命の交差

近づいては離れてを繰り返す

人生は信頼できない語り手
ただ一人でも、心から愛してくれる人がいるだけで、人生は違った物語になる

愛し合うこともあれば、ただひたすら受け止める愛もあり、
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0


内側にある本質

人は一体何に恋をしているのか

そして、自分を定義するものは何なのか

それをこの作品は問いかけてくる


人は外見で判断されてしまう
残酷だけど、それもひとつの事実

もちろん中
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


子どもだからこそ見えてくる本当のこと

今まで大人の言うことを鵜呑みにし、何も疑うことのなかった現実
それをユダヤ人の少女と交流を重ね、少しずつ世界を自分の目を見るようになっていく
自分の価値観で世
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.1


人間は自分とは違うものを恐れる

この作品は、現代社会ではおおよそ考えられないような宗教的価値観がとてつもない恐怖を生み出す

雄大な風景と伝統的な衣装、美しい花々などの自然あふれる村は、白みがかっ
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.7


適度に退廃的
それでいて独創的

ストーリーは三人の男女による複雑な三角関係を描いたもので、人に恋することのもどかしさと胸の苦しさ、そして、切れそうで切れない男女の風変りな友情の形を描く

3人の三
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.5



何が正しいか分からない


子供を産むということ
そこには様々な理由があると思う
産まれた子供に愛情を注ぎ、そこに自分の生きがいを見出すこともできる

ただ、その両親や環境が子供の無限の可能性や将
>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.5


芸術的な内面世界

グロテスクかつ性的で、サデスティックなサイコパスの内面世界を斬新な発想と美しい映像で表現していました

でも、印象に残るのがその圧倒的な映像美だけで、全体的にストーリーが漠然とし
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.7


時系列バラバラの冒頭から大いに脳を刺激される
そして物語が進むにつれ、徐々にほぐれてきた糸がパズルのピースのように整理されてきて、3人を中心に各々の人生が、リアルに描き出されていく

生き方や哲学を
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

3.5


女友達2人が、継父を殺そうとする物語

ジャンル的にはサスペンスなのでサイコパス、殺人、ドラッグなど不穏な雰囲気を漂わせる一方で、ブラックコメディ的な要素も入っていて、主人公二人の会話劇がシニカルで
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.3


一瞬たりとも見逃せない内容の濃さ、圧倒される抜群の演技力とリアル感で、あっという間の3時間
単なるアクション映画ではなく、それぞれのキャラクターの人間味のある物語もしっかり描かれ、それでいてアウトロ
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.2


「夢」

空を横切るロシアの衛星スプートニクの光跡
その1つのきっかけから"夢"を見つける主人公
「ロケットを作りたい」という自分の内側の声に正直になれる主人公の真っ直ぐさ、自分で決めて自分で責任を
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.6


戦いの中でいつしか利害関係を忘れ信頼し合うようになる、2人のドラマ

内容は人質救出しての脱出劇で、ストーリー的に目新しさは、あまり感じませんが、銃、格闘、カーアクションやワンカット撮影に近い視点移
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

4.3


冒頭の8分間のプロローグ

この8分間にすべてを奪われる

観る者を完全に陶酔させる美しさ
この後に始まる物語の象徴的なイメージが歴史的な名画のような映像で綴られていく

手持ちカメラによる不安定な
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

4.0


Vol.2

快楽とは、性とは、欲望とは何かその真理を描くのかと思っていたら、それらはある一つのことを表すだけの道具に過ぎませんでした…

終盤、セリグマンが語るもの
それはこの作品で、ラース・フォ
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

-


最初はもっとハードコアなものを想像していたんですが、プロローグからは意外にも静かな滑り出しで、セックスに纏わるトリビア的な雑学と妙な哲学に満ちていました

性をいろんな要素になぞらえながら、随所にユ
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.5


思ってたよりコメディタッチで、クスッとする様なちょっとした笑いやA24的な音楽の入れ方や雰囲気などは、結構良かったです
ただ、それが無ければ"ありのままの自分"とそれをさらけ出すことの難しさを伝える
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.8


不思議な映画

ずっと気になってはいたんですけど見れていませんでした

結果、
なんで早く観なかったんだろう....と思わせられるほど魅力的な作品でした!

冒頭の7と1/2階に会社があるところから
>>続きを読む

奇跡の海(1996年製作の映画)

3.9


スローペースでじわじわ責め、ラスト直前までは救いようのない話で、やっぱりラース・フォントリアーだなと思わせられたんですが、意外にもラストは優しさがあり、後味はなんとなく清々しい気分になりました

>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.1


一瞬で過ぎ去る100分間

息つく暇もないまま、一気に引き込まれる

街の闇を躍動的に映しだす映像の呼吸感と音楽のビート感がピッタリで、不安や希望、緊張と緩和といった心象を音楽と映像だけで、とてつも
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.6


「性と嫉妬」

人間は愛するが故にパートナーへの信頼と疑念を複雑に回転させながら生きているんだと思う
この映画の二人もそんな複雑な性の心理状態の中、ある結論に辿り着く

ラストシーンのニコール・キッ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.3


アメリカの乾燥地帯の小さな村に暮らす偏屈な老人ラッキーの人生模様をそのまま映画にした作品です

ラッキーはいつだってやることは変わらない
序盤はそのルーティンの単調さから少し退屈を感じてしまいます
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.3


楽しかった!

タイヤの軋む音、エンジンの轟音、衝突の衝撃とバラバラになった車体が目の前に降ってくる恐怖が直に伝わってくる

オスカーで音響編集賞を取るだけあります!


巨大自動車会社フォードが、
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.6


単に実際の事件を忠実に再現するだけでなくて、4人の犯人たちが実際に登場して自ら当時の状況を回想・証言し、それによって作品が変わっていく演出は現実と虚構の境界線を曖昧にしながら、彼らを犯罪へと走らせた
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.1


つまらなくは無かったけど、面白いとも言えませんでした😅

今作の2人も良いコンビだとは思うけど、MIBとして出来上がったコンビをまた観たいか?と言うとそうでもないし
やっぱりトミー・リー・ジョーンズ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.6


新しい設定のガンアンクションもあり何も考えず楽しめる

3になって1、2と比べれば、ジョン・ウィックの戦い方も疲労が見えて、スマートさが無くなってきているけど、それがまたカッコいい!

あの終わり方
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.0


後味が悪いと有名で、いつか見ようと思っていたんですが、やっと決心がついて見ることができました!

この作品は、映画全体を包み込む音楽と独特の映像表現で、光と闇の世界を創り出し、その二つの世界で不遇な
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.1


もともとイメージしていたものが良い意味で全て覆されました

森林火災に挑む男たちの実話を映画化した本作は、アメリカの雄大な自然の恐ろしさが描かれます

山々に囲まれた大自然を大きな炎が覆うスケールは
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.9


2011年ノルウェーの連続テロ事件、ウトヤ島での事件発生から終息までの72分間がワンカットで描かれる

実際にその場にいるような緊張感
逃げ回る友人たちや死にゆく子供の描写はかなりエグかったです
>>続きを読む

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


子供のままで大人になりきれない青年が、好きな事しかやらず、甘い考えの中を踊っている姿、そしてそこから生まれる社会からの疎外感を描いた作品

今の自分の状況への不安からくる鬱屈とした心情
その鬱屈とし
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

4.0


心地よく、ほろ苦い青春映画であり、ロードムービーでもあります

まぁ旅を通して主人公が成長するという普遍的な映画といってしまえばそうだけれど

若い二人が、サリンジャーに会う為に初めて背伸びした旅に
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

3.7


突然亡くなってしまった女性

そして、その恋人と妹の三度の夏を描く

大切な人を失くした"あの夏"の行き場の無いもどかしさを仲間たちとの触れ合いとともに、静かに乗り越えていく

夏の爽やかさと共に懐
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.9


時間を忘れさせてくれるくらい、スルスルとテンポよく進み、その中で人生や家族の大切さをユーモラスに描く作品


あの時、あの場面の選択

大切な選択をした主人公
その選択は間違っていたのか

もう一度
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0


タランティーノに求めているもの全てを出してくれた

最後の13分の為にあるだけの映画と言っても過言ではないと思う
これでもかっていうくらいの暴力、グロ描写に、何故か自然と笑っていました😳

さすがタ
>>続きを読む

>|