noさんの映画レビュー・感想・評価

no

no

映画(24)
ドラマ(0)
アニメ(0)

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.8

かなり好き。2時間ずっと飽きなかった。所々厨二感満載で、多感な時期に観てたら影響うけていただろうなぁとか思うけど、そこもエンタメで楽しかった。アンジェラとはまた会えるのかなぁ

レミニセンス(2021年製作の映画)

4.0

ファムファタールに人生むちゃくちゃにされる男をみたいなら、まさにこれ。情緒がある湿度の高い作品。この作品は宣伝がダメだったと思う、アクションアドベンチャーでもSFファンタジーでもなく、ドラマ。不可解な>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

人間誰しもが心に飼っているモンスターが抑えきれないほど大きくなって露呈したって感じが妙にリアリティがあり、そして身近で怖い。ジョーカーになる様も、徐々に段階踏んでというよりも加速するように、なだれ落ち>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.4

ジョーカーが話しているとき、かなりの頻度で舌舐めずりの仕草しているけど、とにかくそれが目に付いて頭から離れない。神経質なひとの仕草というイメージがあったから彼の生い立ちや人生を勝手に想像して、勝手に納>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

ストーリーは追うのに必死で脳が疲れるんだけど、とにかく世界観で圧倒する作品は大好き。途中で訳分からなくなって追いつこうとする気持ちもなくなって、「どうやって撮影したのかな」とか考えてしまった。でもそう>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.2

部下としてがむしゃらに頑張っていた子が上司になっていて感慨深かった、作品ちがうけど。何歳になっても挑戦し続けたいし、挑戦する人を受け入れる心を持ち続けたいなと思った。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.4

最初からラストの姿が想像できるサクセスストーリーは、個人的に肩の力を抜いてストーリーを追えるから好き。最後までワクワクしながら観れる映画って次の日の活力になる、元気ない日のガソリンにしたい。

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.0

カタルシスも感動も特にないストーリーと結末。事件に関わったひとたちによる心掻き乱される群像劇がガリレオの魅力だと思っていたので、どうしようもなく不完全燃焼でがっくりきた。ともかく草薙のメンタルケアをな>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.8

とんでも日本解釈と怒涛の展開、イカれたメンバーに独特すぎる世界観、どうしようもない要素が揃っているのに、ちゃんと面白いの可笑しい。ずっと面白かった。終わり方もすき

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.4

どうみても普通の女子高生のもつ貫禄ではないし、誰がみても浮世離れした雰囲気が目に止まるだろうし、彼女の本来もつ個性が役の生い立ちと絶妙に合っている。只者じゃない、これが一足一投足で判るという点で妙な説>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

3.4

序盤の湿度高い雰囲気がすき。ひとことで言い表せない気持ちや関係性を、言葉にしないでくれて安心した。その余韻を楽しめる作品だと思う。

陰陽師: 二つの世界(2021年製作の映画)

3.6

世界観が確立されて引き込まれた。「陰陽師本格幻想RPG」が元ネタだからゲームしている人はもっと楽しめると思う。神楽かわいい

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.4

冬はこれを観ないと。ずっとワクワクさせられる映画だと思う。

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.0

幼い頃にみて、とにかく怖かったのを覚えている。また観ようかな

真夏の方程式(2013年製作の映画)

3.7

ラストシーンは生涯忘れないと思う。ミステリーで泣くわけないと思っていたけど映画館で号泣した。今観たらまた違う見方できるんだろうなぁ。でも初めてみたときのあの感動を塗り替えしたくない気持ちもあって、悩ま>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.4

歌に圧倒される。ミュージカルを強く意識した映画なんだとよく伝わった。生歌だと伝わるよう顔面アップも多いし。ジャン・ヴァルジャンがとにかくひたむきで慈悲深く格好いい。

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

未知の世界に迷い込んでいくあの感覚、それだけで観る価値のある映画だと思う。序盤の導入がどうもわかりにくいが、視覚でストーリーを理解させられる部分で一気に引き込まれる。

きっと理屈とか理由とか、全てを
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.2

音楽も映像も満足。画面の色彩がコントラスト効いてて脳に訴えかけてくる感じ、とても好みだった。ラストシーンは、腑に落ちる気持ちとどこかモヤモヤした気持ちで釈然としなかったかな。ただの美しい物語で終わらな>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

ヒューマンドラマ中心で進むのかと思っていたら、途方もなく壮大なSFだった。最初、人間の情緒的な部分を揺さぶるストーリーからどんどん自分の意思ではどうすることもできない不可解な世界にのめり込んでいく。後>>続きを読む