Noaさんの映画レビュー・感想・評価

Noa

Noa

映画(124)
ドラマ(0)
  • 124Marks
  • 29Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「彼らは人ではない」と語る、人ではない彼ら。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「奴は言葉を武器にして、戦場に乗り込んだ」

「気も変えられん奴に、国が変えられるか」

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「お前の属する世界に戻れ」という声に抗い、
「できることをする」世界を選ぶ。

おもちゃの国(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この美しい物語を、僕たちは二度と、繰り返してはいけない。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

息子を亡くして泣き崩れた母親を前にして、イエスへの祈りを拒否した主人公の決断は、不信仰である以上に、愛だったのかもしれない。

そして父になる(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「パパなんかパパじゃない。」

スノーデン(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

カメラ越しに他人を覗きすぎて、カメラ恐怖症になった人の話。「サイバー戦争」の勉強になる上に、物語としても面白い。

愛を積むひと(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

どんなに不格好な石でも、ほかの石を支えるために、収まるべき場所がある。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

-

真の人間性が求めているのは、札束の海ではなく、命の安全でもなく、ただ愛する人から信頼され、赦されること。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

騙され、拐われ、殴られ、名前を奪われ、「お前は奴隷だ」と洗脳される。

あなたを抱きしめる日まで(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「私は純潔を守ってきた!」というシスター・ヒルデガードの自己弁護によって、カトリック教会に限らない、キリスト教の宗教的欺瞞が痛烈に暴かれている。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

-

「めんまが自分のこと考えてない間 ずっとじんたんがめんまのこと考えててくれてたんだ」

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

もう一度やり直すために、未来から戻ってきたかのように、もう二度と会えないかのように、今日を生きる。

「See you later」(また「後で」会おう)

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

【気になった台詞メモ】

「英語が話せない奴は撃て」

「主よ 声を聞かせてください……」
「……衛生兵!助けてくれ!」
「わかりました……!」

>|