まるおさんの映画レビュー・感想・評価

まるお

まるお

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

2.0

イーライ.ロスのプロデュースという事で楽しみにしてたのですが、これはガッカリ。

オリジナリティもストーリー性も皆無だしビジュアル的にも面白くない。
せっかくのおばけ屋敷なんだから、それを活かしたホラ
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

3.0

思考を放棄することによって得られる楽園。
イイネの数や選挙の票数、この世の中は数で出来ているっていうアイデアも素晴らしい。

でもなあ、なんだか物語や設定の細部が雑すぎていろいろと残念でした。。
特に
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

4.0

『変態村』のような『ミッドサマー』のような、
『シティオブゴッド』のような、いやいや最後は『七人の侍』のような。
命の価値を重んじる様な、紙切れよりも軽い様な。
なんだかよく分からんが凄いものを見た気
>>続きを読む

七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち(2020年製作の映画)

2.9

各々に七つの大罪の名前を付けて粋がるだだなんて厨二的な発想は嫌いじゃないですよ。
でも、面白くなりそうな要素はあるのにいろいろ勿体なかったです。

人物の描写の深掘りが圧倒的に足りてないので、強欲だ憤
>>続きを読む

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

3.0

糞ださい邦題は本当にどうかしてると思うけど、
B級臭がムンムンの雰囲気やバラエティに飛んだ殺し方はなかなか楽しめました!
(他の方が言ってたモザイクとか無かった気がするけど無修正版とかあるのかしら)
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

村社会における異物への恐れとかそういう話なのかなあと思ってたら‥
あ、そっち系の話なのね。あ、そっちにいくのね。
と思わせてこっちなのねと、なかなか目まぐるしい展開に忙しさを感じたり、
これは真面目に
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.9

子供2人は本当に可愛いしオダギリジョーと駿河太郎は素晴らしいし、血の繋がりよりも濃いものがあるっていうテーマも良い。

ただなんというか、いじめとか実子がどうとか、ここまでドラマチックにする必要があっ
>>続きを読む

GONIN2(1996年製作の映画)

4.0

はるか昔に見た『GONIN』で衝撃を受け『GONINサーガ』でガッカリして、
今作は…やっぱり最高です!

緒形拳の狂気と、若い頃の鶴見辰吾格好良さよ。
そして喜多嶋舞のハリガネぐるぐる巻きにも個人的
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

3.0

好きな色はオレンジとピンクです。

色(というか水)に浸食されるというアイデアが面白いし、
一時期クトゥルフ神話が好きすぎたので、この原作がラブクラフトっていうのがもうたまりません。

気付かれないス
>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

3.7

だっさい邦題とジャケットのせいでだいぶ損してるけど、こういうカルト系映画って大好きです。
面白い!
絶対原題の1BRの方が雰囲気あるのに。。

こんなカルトの浸透の仕方って実際にありそうなだけに恐怖を
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.6

本当に辛い。

ただ家族と幸せに暮らしたいと願うだけなのに、何度も同じ位置に立ち返る。
搾取されて利用されて捨てられる。
劇的な何かが起こるわけもなく自分の身にも起こりそうな事が淡々と。
これがイギリ
>>続きを読む

極悪の流儀(2015年製作の映画)

2.0

理屈が全く通じない相手に付きまとわれるストレスはなかなか面白いけど、
主人公の状況や立場に関する説明不足の前半部分がとにかくイライラ。
状況把握できる頃にはもう後半。。
まあわざとやってるんやろうけど
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

『シャイニング』とは、
圧倒的に雪深いホテルの閉塞感であり
ジャック.ニコルソンの狂演技であるところの自分としましては、前半部分はちょっとモヤモヤと違和感を感じちゃいました。
これがスティーブン.キン
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

1.5

ガム君の矢本悠馬がいい感じ。

そして、なんだろう。
あまりこういう、これでもかっていう作品が得意じゃないのもあるけど、
多分、住野よる作品と浜辺美波が自分の肌に合わないんだなあと再確認でした。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.0

ガイ.リッチーお洒落アクション爆発。
チェスの様な先の読み合いアクションは面白かったし、砲弾搔い潜って林の中を疾走するスローモーションは美しさすら覚えました。
でもやっぱりちょっとアクション過多かなあ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.0

ガイ.リッチーらしい洗練された雰囲気と洒落たベーカー街にハマる反面、
頭脳派というよりも肉体派な、自分の中にあるシャーロック像との乖離に若干の「なんだかなあ」がありつつ。
さすが面白いけど。


>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

かなり久しぶりに見返しました!

ホラーと芸術が融合した様な映画世界と、まさに怪演やっぱりジャック.ニコルソンのもんですね。

キューブリック作品の中では理解しやすい内容だし、ホテルの内装はやっぱり素
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.9

ゾンビの特効薬が見つかった世界で
元ゾンビ達の苦悩を描く物語。

なかなかの意欲作だし今までありそうで無かった作品。
ゾンビだった頃の記憶がまるまる残っているのが、もう辛い。
世間からの憎悪と差別と恐
>>続きを読む

ゲット・イン(2019年製作の映画)

3.0

軒下貸して母屋を取られるってのはこの事だ。。

実話がベースとあるけれど、旅行行ってる間に自分の家を使用人に乗っ取られるなんてめっちゃ不愉快な話。。

ていうかせっかく良い題材なのに生かし切れてないと
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

2.9

蒸し蒸し大都会とおっさん達の汗染みシャツ。
なんか全体的に絵図が汚いのよ。
とはいえまあ大都会とプレデターはよく似合います!


ラスト、相手に敬意を払うプレデターの流儀も格好良かったです。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

クラシカルな雰囲気とゲロ。

こんなにもストレートな推理物が久しぶりだったので、子供の頃大好きだったホームズや明智小五郎を思い出しながら単純に楽しむ事ができました。

まあ、推理という程の推理ではない
>>続きを読む

YUMMY ヤミー(2019年製作の映画)

3.9

なんじゃこの巨乳崇拝主義者どもw

いやあ、なんの期待もしてなかったけど、B級爆発でおもしろかったです!

美容整形とゾンビの組み合わせが何気に新しいし、それぞれのキャラの個性が際立って何気にグロも満
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.4

単純なサメの怖さでは前作の方が上かも。

でも上向かって泳げば空気あるのに上にあがれないっていう、海の底で屋根があるっていう状況めっちゃ怖いですね。
閉所恐怖症になっちゃいそう。。
なにがマヤなんだっ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

面白いけど正直ちょっと肩すかしでした。

「もっとも残虐な悪」というコピーにも惹かれるしトム.ハーデイ大好きだし、ヴェノムの造形もめちゃ好みなので期待してたんですけど…
テンプレ通りというかなんという
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.9

利用される者はどこまでいっても利用されるし、貧しい者はどこまでいっても貧しい。
そんな国というシステムの哀しさを感じました‥なんてな真面目な感想がぶっ飛んでしまうくらいにミョン社長がとにかく強すぎて、
>>続きを読む

パーフェクト・トラップ(2012年製作の映画)

2.9

『ワナオトコ』の続編だったのかー
話あんまり覚えてないけど大丈夫かな…
なんて心配する必要まったく無いくらい内容が無かったです。
話なんてどうでもよくて、いかに大量に人体を破壊するか、それのみに特化し
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.6

古き良き三池崇史作品って感じのVシネ臭がムンムンです。

自分の描いた絵図に技術と運が付いて来ない染谷将太と、強面だけどヘナチョコな大森南朋が特に好き。

肝心の主人公ペアはいまいち存在感無かったかな
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.5

タイトルにあるマーのこれはサイコパスなのか?
やり方はともかく正当な復讐の様な気もするし。。

いずれにせよ少しだけマーを応援したくなる自分がいるのでした。

そして、同世代と上手くやれなくて子供世代
>>続きを読む

とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー(2021年製作の映画)

3.7

なんの期待も知識もなく付き添い感覚で見てきましたが。
なんだこれ面白い。

めっちゃ可愛いキャラとシュールな世界観、子供向けと見せかけて随所に散りばめられた毒といろんな映画のパロディ。

これってもは
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.6

アイデアも面白いし展開も気になるし斬新で面白い。
それだけに、ちょっといろんな要素詰め込み過ぎな感じがして、中盤以降のダラダラした展開は残念でした。

超能力とか特に無くてもいいので、
その分未来のレ
>>続きを読む

新・仁義なき戦い。(2000年製作の映画)

3.5

やはり本家と比べると劣るものの、
坂本順治監督らしい静かな迫力が感じられました。

豊川悦司の色気と本家の金子信雄にも匹敵する岸部一徳のタヌキぷり、そしてタランティーノが惚れ込んだ布袋兄さんの「BAT
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.8

おおー、おもしろいなあ。。
よく練られたプロットだわ。
予備知識無しで見れたのが良かったです!

個人的には、フロッグというタイトルの持つ意味が生理的に気色悪くて大好きでした。

「開始45分、その恐
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.5

凄い良い作品になりそうだっただけに後半の失速は残念。。
勿体ない。。
もっと台風みたいにめちゃくちゃでいいのにスケール小さく終わっちゃいました。

とはいえエゴと欲丸出しの罵り合いは楽しかったし、下衆
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.8

良い作品だったというのは大前提だし、
いいなあと思える場面も多かったんだけど、あんまり深くは心に刺さらなかった自分がいます。

こういう作品ってバランスやさじ加減が凄く重要で、
そのさじ加減が自分の好
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.8

ロン毛のショーン.コネリーめっちゃ格好いい。

人の数だけそれぞれの正義があるから厄介です。
さすがに今見返すと古さは感じるけど、アルカトラズとか脱獄って聞くだけでテンション上がる自分がいるのでした。
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.0

あんなチャラいナリして彼氏めっちゃいい奴やんけ。

典型的で古典的で王道中の王道なホラー映画でした。
こういう映画ありがちの「出てきそうで出て来ない」がストレスでしんどかったけど、暗闇の中を移動するア
>>続きを読む

>|