まるおさんの映画レビュー・感想・評価

まるお

まるお

ホラーとヒューマン系が特に好き。
グロいの大好物です。
恋愛ものはちょっと苦手…でも結局ジャンル問わずなんでも観ます!

3点を基準として付けてます!

映画(191)
ドラマ(32)

パズル(2017年製作の映画)

2.0

出た、ジャケット詐欺。
ジャケットと中身が全然違う。。。
ちょこちょこと騙されるなあ。

脅威の37冠!!
こういうの謳ってる映画って大抵スカスカですよね。
この映画も然り、間延び間延びでオチも読める
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.5

性格な年齢も分からない。
おそらく12歳ぐらい。
出生証明書すら無い存在の無い子供。
ゼインの眼差しにただ圧倒されてしまいました。

この歳にして人生を諦めきった、
でもその絶望的な中にある子供らしい
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

ジャッキー・チェン初期の修行もののような、物語はまあ。
圧倒的な映像を楽しむ映画という感じでした。
町がバタバタと折り畳まれて展開していく映像が斬新で圧巻。

どうでもいいけど、
プライドの塊のような
>>続きを読む

ビューティフル・ダイ(2010年製作の映画)

1.5

とにかく画面が見辛い。
ひたすらピンボけている。。
体感で、上映時間87分中80分は画面がぼけている。
他にもバストアップの多用や手ぶれだらけの画面。。
いやあれでしょう、アルコール依存症の心情風景と
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.5

続編の公開記念に!
(皆さんよく生き残ってたなあ。。)

やっぱり面白い!
ゾンビコメディとしても青春ロードムービーとしてもかなりの完成度だと思うのですよ。
こんな世界になる前は相当生き辛かったであろ
>>続きを読む

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.0

謎電波、脳内受信。

娘を失った母親が謎の電波に共鳴して…
なんだろう…しんどい映画でした。
内容が重たいとかではなく、物語のテンポが悪すぎる。
映像は綺麗だし芸術的だと思うけど、フラッシュの様なカッ
>>続きを読む

エビデンス-全滅-(2013年製作の映画)

3.0

エビデンス、証拠。
ある事件現場に残されたビデオカメラ。
残された映像に映る証拠とは。

なんの期待もなく見始めたのですが、
なにこれ面白いと、途中から引き込まれている自分がいるのでした。

正直けっ
>>続きを読む

バニーマン/殺戮のカーニバル(2016年製作の映画)

1.5

人皮マスクやホッケーマスクの変わりに
可愛いウサギの着ぐるみ着ましたよってだけの話。
キチガイ一家や遊園地、
設定もなにもかも何匹目のドジョウなんだっていう。。
ウサギの着ぐるみがチェーンソー振り回す
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.5

詐欺師のおっさんと少女のロードムービー。
このどこか憎めない2人、劇的な何かはないけどぼんやり飽きる事もなく、
エンディングを迎える頃にはもっとこの2人を見てたいなーと思うほどこの2人を好きになってい
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

バリー・コーガンが演じているマーティンが凄い。
初見、何もしてないんだけど、
カフェで喋っているだけなんだけど見てるとめっちゃ不快になってくる。
身にまとう空気がもう不快、だらしなく口を開ける喋り方も
>>続きを読む

エレベーター(2011年製作の映画)

3.0

止まったエレベーター。
閉じ込められた男女9人。

とにもかくにも、あの糞ガキ。。

こういうワンシチュエーションものって、
どうしても画面が地味になりがちで、
そのぶん台詞やプロットの力が鍵になって
>>続きを読む

おいしい食卓(2009年製作の映画)

1.5

面白い作品を作ろうという熱は伝わってくるのですが、
いろいろと残念な結果に。。

恐怖シーンも全体的にチープな作りで全くテンション上がらず。
まあこういうマイナー作品の常として制作費も無いんだろうなあ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

なんでもかんでもアベンジャーズに絡められるとどうも。。
アイアンマンが出てくる度に心の距離が離れていく自分がいるのでした。
ハイテクすぎるスパイダースーツもなぜだか苦手。

トム・ホランドのピーター・
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

2.9

湿り気満点、共感度はゼロ。

実在の殺人鬼カップルがモデルという事ですが、ボニー&クライドみたくどこかカラっと突き抜けた感じではなく、
じっとりとした熟々なお二人でした。
中年の嫉妬ほど不快なものはな
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

なんてシニカルで、なんてプロパガンダ。
コメディという体をとっているけど、これはもはや立派なホラーです。

カメラの動きや周りの人間にモザイクや目線が入っていたりと、
映画というよりもニュース番組やド
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.5

サイモン・ペッグが使っていた雑誌型のノートパソコン。
あれがめちゃめちゃ格好いい、欲しい。
楽器が銃に変化したりと、このシリーズは毎回趣向を凝らしたスパイグッズが楽しいです。

恒例の変装マスクがシリ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

テンポもいいし映像も迫力あったし、
ゴリラのジョージも可愛かったし、
頭カラッポで楽しむ事ができました!

しかしながら巨大獣の怖さはあんまり伝わらず。
CG感出過ぎているのとロック様がムキムキすぎる
>>続きを読む

拷問男(2012年製作の映画)

4.0

タイトルとジャケットでグロいだけの中身スカスカ映画かと思ってたら…
意外にも重たくどっしりした内容でびっくり!
原題は「Daddy's Little Girl」
こっちのタイトルで切なさ倍増。。

>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.9

第一作目のフロッピーディスクの頃から比べて、
テクノロジーの進化が凄まじいなあとちょっと遠い目。

もはやパーティーグッズの様なスパイ道具が出てきたり故障も多かったりで、
今作はテクノロジーに振り回さ
>>続きを読む

変態島(2008年製作の映画)

2.0

『変態村』の生理的不快感と嫌悪感が好きだったのだけど、
『変態島』は村に遠く及んでなかったです。

奥さんがハイスピードで狂って行く後半はともかくとして前半がとにかく退屈で退屈で。
あと、旦那目線で見
>>続きを読む

ろくでなし(2017年製作の映画)

2.9

奥田監督にしては上手く綺麗にまとめすぎてる気が。

見慣れた渋谷の街並と、昭和臭漂う男達、
吊り橋効果的な勘違いの恋愛、
それぞれのエピーソドは凄く良いんだけど、いろんなもの盛り込みすぎてとっ散らかっ
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.9

タイトルの出方とかストーリーとか
いろんな映画に影響受けてるなあと斜に構えてたら、中盤からなんだか雪崩式女難の相な展開に。
王道的な犯罪群像劇を勝手に想像してたから楽しかったです!

女運が良いのか悪
>>続きを読む

ゾンビ大陸 アフリカン(2010年製作の映画)

3.9

ゾンビと都市の組み合わせって最強だと思っているのですが、
ゾンビとアフリカ、これまたなかなか素晴らしい。
広大な灼熱の砂漠、見渡す限りの砂漠で遮蔽物無し、かと思えば草むらから突然わらわらと…
砂漠に累
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.9

過去3作の中で一番面白かったです!

アクションに頼るのではなく、
王道のスパイ物が帰ってきたという印象。
あとなんといってもイーサン・ハントは短髪でないと。
前作までと違い滲み出るベテラン感が渋いで
>>続きを読む

Re:デッド(2018年製作の映画)

2.0

死んで死んで死んで同じ日を無限ループ。
どうしたらこのループから抜け出せるのか。

面白いなあと思いながら見てたんですが…
なんだかなあと、途中から飽きちゃっている自分がいました。

主人公に魅力が感
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

アン・ハサウェイがとにかく可愛いのと、同級生オスカーが良かったです。

何者にもなれない毎日で何者かになれると気付いた時に、
惨めで面白みの無い毎日に彩りが得られるんじゃないか。
そう思っちゃうオスカ
>>続きを読む

キリング・グラウンド(2016年製作の映画)

3.5

よくあるタイプの物語。
でも、見せ方変えると、少し奥行きが増して面白い。

キャッチコピーにあったような胸糞感はそこまでではなかったけど、
全体的に見せ方が上手いなあと感じました。
音も無く背後に登場
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

アクションシーンが香港映画っぽいなあと思ってたら、
そうか、ジョン・ウー監督だったのですね。
そういや鳩飛んでたなあ。

前半の展開はゆるやかで物足りなかったけど、
変装VS変装っていうのも面白かった
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.6

スパイ大作戦のテーマ、
むかしむかし携帯の着メロにしてたなあと、懐かしさに浸りながら。
作品自体はこれが初めましてなんですけどね!

いやもうスパイ大作戦のテーマ流れた瞬間、秒でテンション上がります。
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

2.0

またまた失敗。。。

『悪魔のいけにえ』の劣化版。
他にもいろんな映画のいろんなシーンを繋ぎ合せた、もはや何匹目のドジョウなんだっていう。

飽きるの通り越して苦痛でございます。

せめてホラーシーン
>>続きを読む

リボルバー(2005年製作の映画)

2.5

うーん。。。

大好きなガイ・リッチー監督の大好きな犯罪群像劇。
でもこれは…難解すぎる。。

自分也に解釈はできたけど、
でもこれ、もっと単純な話にするだけで『スナッチ』や『ロックスットク〜』ばりの
>>続きを読む

ザ・トーチャー 拷問人(2005年製作の映画)

1.5

しょぼい。。。

しょぼい演技にしょぼい物語にしょぼい演出。

95分が5時間くらいに感じる退屈感。
拷問人て…この発狂しそうな退屈こそが拷問だっていう。。
全く見る価値を見いだせない1本でした。
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

ご陽気でカラフルで。
こんな死者の国なら死んでみるのも悪くないと思える様な、
そんな死者の国がとにかく素敵でした。

家族の絆もいいけれど、
子供の夢を親が押しつぶしてんじゃないよと…
前半ブツブツ文
>>続きを読む

ジャッカルズ(2017年製作の映画)

2.9

洗脳された息子をカルトから奪還したら、
今度は息子を奪う為にカルトが大挙して押し寄せてきたと。
これは実話を元にしているんだとか。
これが実話て…アメリカってやっぱりスケールでかいです。

演出がモサ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.0

サミュエル・L・ジャクソン演じるミスター・ガラス。
好きなキャラクターは数多いますが、
個人的にかなり上位にランクインする大好きキャラなのです。
サミュエルでいえば『パルプ・フィクション』の「ジュール
>>続きを読む

トラジディ・ガールズ(2017年製作の映画)

3.0

「いいね!」が欲しいからシリアルキラーを拉致監禁。
「いいね!」が欲しいから殺人事件を自作自演。

その承認欲求はまったくもって理解できないけれども、
全体的にポップで軽やかで、楽しそうだしまあいいか
>>続きを読む

>|