nobuさんの映画レビュー・感想・評価

nobu

nobu

映画(317)
ドラマ(1)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

マクドナルドの創業者、レイ・クロックのお話。

トランプ大統領は現代版レイ・クロックと揶揄されているが、この映画を観れば全て納得がいく。

その傲慢さや執念は、多くの人を遠ざけるけど、大きな事を為して
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.5

キャッツ自体が好きだったから、まぁ別に良かったんだけど、映画化する意味はあったのだろうか。

やはり生歌や生の演技、踊りから受ける感動には勝らない。

最新のCGを用いて、細かい毛並みや猫サイズの街並
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.0

1970年代のニューヨークを舞台に、若かりしロバートデニーロ演じる、ベトナム戦争帰還兵のタクシードライバーを描いた作品。

なぜ危険極まりないタクシードライバーを躊躇なく引き受けるのか、なぜあそこまで
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

2019年のパルム・ドール受賞作品。

「殺人の追憶」などに代表される、ソンガンホ×ポンジュノのタッグ。

一概にカテゴライズは出来ず、社会風刺を含めたコメディという感じでしょうか。

低所得世帯が大
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

2.0

悪魔的につまらん笑
でも、真面目にみちゃあかん映画なんだろね

クラッシュ(2004年製作の映画)

3.8

単なる人種差別を描いた映画ではなく、人間同士の偏見やすれ違いを徹底的にリアルに描いた作品だと思う。

映画の舞台がLAだから、多民族国家としての人種問題が浮き彫りになっているけど、日本でも出身だとか学
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.0

韓国で有名な未解決の連続殺人事件を描いた作品。

2019年に数十年の時を経て犯人が判明した、というニュースがあったので気になって鑑賞。

まぁこれじゃあ捕まらんわなぁ、っていう感じの杜撰な捜査が印象
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.7

是非とも映画館でみたい作品。

ストーリーは前作を観ていなくてもしっかり楽しめると思うし、二作目だからといって無理やり作った感じは全くなく、純粋に楽しめる。

なんといっても映像美と音楽が圧倒的で、特
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

4.0

ロンドンに暮らしパブリックスクールに通う少年少女の物語。
おそらく12歳くらいかな?

前半は友情、後半は恋愛にフォーカスされていて、彼らの純粋だけどどこか複雑さも兼ねる人間模様と、それらを彩るBee
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.8

なんかこう、色々と考えさせる芸術作品のような映画。
セリフも少ないし、ロングカットが非常に多い気がする。

白い水兵服と黒い制服、ヴェネツィアの綺麗な砂浜と退廃した街並み、美しい旋律と調律の狂ったピア
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

ビートルズファンが、ビートルズ愛を前面に押し出して鼻息あらく観に行くと拍子抜けするかも。

ロンドン近郊に住むインド系の中流家族、主人公はギター片手にバンド活動を行うが鳴かず飛ばず。
この始まりは、ど
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

4.7

1998年のタイトル総ナメ作品。

『ロミオとジュリエット』を執筆しているシェイクスピアを描いた歴史モノかつ恋愛モノ。

シェイクスピアのワードチョイスには、現代のローランドも頭が上がらないと思う。
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.5

ブラッドリークーパーの演じる、脆くて危険なアーティストと、それを献身的に支えるガガの構図が胸に刺さる。
他者貢献の愛って凄い。
そしてそれらを彩る、圧巻の音楽と縁起も最高。
アーティスト同士の恋愛って
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

2.5

27歳の今観ると、なんだこのアバズレうぜえな、って感じだけど、自分が17歳の時観てたらめちゃくちゃ共感してる気がしてちょっと怖い。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.0

開始20分でリタイアしかけたけど、最後まで観て意外と良かったと思っている。


昔の戻っているんじゃなくて、今の時代を昔の姿で生きる、っていう設定がいいね。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

原題は「El Angel」だが、
邦題は「永遠に僕のもの」となっていて、
解釈の一助となるかと。

個人的にはハンニバルとかパルプフィクションのような印象を受けた。

ぶっ飛んで頭がおかしいんだけど、
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

4.5

ぶっ飛んでる青春群像劇。個人的にはめちゃくちゃ好き。

舞台は70年代のテキサスの高校で、夏休み前の授業最終日という1日を群像的に描いている。

スクールカーストもキレイに分かれていて、それぞれの過ご
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

どうやら記念すべき300本目だったようだけれど、この映画は難解すぎ。

各登場人物の立ち位置や関係性をしっかりと理解しながら、東西冷戦下の歴史背景、チェスの駒の役割などの前提知識を理解した上で、時系列
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

no oral sex, promise you.

観終わったあとに、明日をもっと大事にしたいなぁ、とか色々考えさせてくれるから良かったなと思う。
音楽もいいよね。

もし自分が主人公だったら何をや
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

1970年代のアメリカを舞台に、様々な世代の人間が下宿先で交わるストーリー。

時代や価値観の変化に戸惑いながらも、深い愛情をベースに自分自身も変わっていく母親の姿が特徴的。

母親が息子と近い世代の
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今から晴れるよ!!が口癖になってしまった。

名作!!ってほどに凄くはなかったと思うなぁ。君の名は的なインパクトはない。
ちなみにイースターエッグ的に、瀧くんと三葉が登場したのはテンションあがった!
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

敏腕ロビイストかっこよすぎ!俺もロビイストになりたい!

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

ハリーポッターと戦ったらどっちが強いんだろう?

よく覚えてないけど、なんか街がぐるぐる回転する描写が、インセプションとかインターステラー感があって、すごく好きだった

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.0

アメコミの、爆発とともにBOOM!!とか出るのがどうしても苦手だなあ。

飛行機でぼーっと見る分にはちょうどよく面白かった

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.0

韓国の通貨危機を、中央銀行職員、中小社長、投資家の目線で描いた作品。

史実として描かれている要素が強いし、専門用語も多く出てくるので興味ないとキツイと思う。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.0

母親目線で見たとしても、青春目線で見ても、中年男目線で見たとしても、感動しちゃうんだろなぁ。

天才少年の成長物語かと思いきや、愛とはなんぞや的なテーマで予想外すぎた

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

なんでかわからんけど、終始緊張しながら観てた。。

物語を前半と後半に分けると、なんでなのか、後半の方が心苦しい印象。

幸せなはずなのに、幸せになれない。
犯罪がもたらす影響が、それぞれに根深く残っ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.0

Netflixにて

インドの超大作スペクタクルファンタジー。3時間の中に全部詰め込みました的な。

インドのイケメンとインドの美女が恋したり、インド流のアクションや家族劇があったり、あとはインド映画
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5

Netflixにて

札幌いきたいなーと思って何気なく鑑賞したら不意打ちに見入ってしまった。
ハードボイルド探偵作品。

スーパー脇役のカルメンマキの圧倒的存在感が妙に印象に残る。

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

Netflixにて。
めちゃくちゃ面白いサイコサスペンス。

ネタバレ設定せずに、ネタバレ書いてるレビューが多いからページスクロールはマジでしない方がいい。
自分は予備知識なしで観たおかげで楽しめた。
>>続きを読む

アウトサイダー(1983年製作の映画)

3.0

米国版クローズ。
サクサク軽快に進んでいくのだけれど、治安の悪さは全米が涙するレベル。

歌が良かったり、劇中の詩が良かったり、こっそりトムクルーズいたりなんか面白い。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.0

18世紀フランス
とんでもない悪臭の中に産まれ落ちた、香水調合の天才の話。

ファンタジーだけど、当時の生活が描かれていて面白い。
めちゃくちゃに汚い映像もあれば、終盤にかけてまるで宗教画のように綺麗
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.0

またラブコメを観てしまった。なんでだろう

英国の普通の女の子の日常を切り取ったかのような映画。
別に可愛くもなく、普通の暮らしをしていて、32歳の独身を迎えて焦っている感じ。

2000年とかだから
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.5

実話をベースに、チェスの天才少年を描いた作品。

教育の難しさ、勝負の難しさをひしひしと感じる。
なにかに熱中するときに、とことん楽しむのか、辛くても頑張るのか、というのは二者択一ではなくて、結局は本
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

祖国を守り抜く、という結末が歴史からわかっていたとしても、そこに至るまでの葛藤やドラマが沢山あってめちゃくちゃ面白かった。

終盤にかけては特に感動。

歴史の一瞬を切り取った映画ではあるけれど、この
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.0

超綺麗なモノクロの映像美。
特にストーリーはなく、普通の一家の日常を映しているのだけど、そこに沢山のドラマがあって面白い。

色々失うものあるけど、最後に残るものは大切なんだなあ、と感じた。
ちなみに
>>続きを読む

>|