にきにきさんの映画レビュー・感想・評価

にきにき

にきにき

映画(69)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

パラサイト(1998年製作の映画)

3.8

パラサイトといえばこの映画
子どもの頃見て、怖くて気持ち悪いけどゾクゾクして続きを見たいという相反する感情をこの映画で知ったような気がする

ウォーデン 消えた死刑囚(2019年製作の映画)

3.0

死刑囚が消えたトリックも予想を裏切るものではなかったし、あそこまで保身に走っていた主人公の心情が急に変わるのには納得いかなかった。
ラスト視点が変わるのはいい演出だと思ったけど。

ブロンド・ライフ(2002年製作の映画)

3.3

話自体はとくに捻りもなく普通。
Aジョリーはやっぱり目を引きますね。

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.9

設定は今やありふれたデスゲーム系だが、序盤から主人公が誰だか不明なところや、一気に形勢逆転になる展開、このゲームの謎を解き明かしていくラストの持って行き方が面白い。
一見B級映画っぽいがとてもよかった
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.2

徐々に明らかになる事件の全貌に目が離せなく、2時間半あっという間だった
ジェイクギレンホールはいい役者だと改めて感じる
ポールダノも臆病な役柄がとてもハマってますね

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

監督になんでこの脚本を思いついたのか聞いてみたいくらい突飛な設定だった
ダニエルラドクリフこんな映画にも出てたんですね
誰しも乗り越えたいトラウマや苦い記憶ってあるよね
一見サバイバルなコメディと思い
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

設定は面白かったけどもう一捻りあれば傑作になったかも
アクションシーンに一部無茶があったなと思ったし少し冗長な印象あり
エンドロールお洒落で好き

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

主人公の底が見えない
予想を覆す展開が多く非常に面白かった

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

4.0

シークレット・ウィンドウ的な錯乱した話かと思いきやそういうオチかとラストにびっくり
面白かった

>|