NJさんの映画レビュー・感想・評価

NJ

NJ

映画(360)
ドラマ(0)

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.5

すれ違いコントで面白い。
この映画で身なりの重要性を感じた。汚い服着てると悪人に見えてしまう。

ホワイト・スペース(2018年製作の映画)

2.5

詰め込み過ぎて訳が分からなくなっている。
テンリュウの宇宙を泳ぐ様は見応えあり。

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

2.8

もう少し盛り上げられたのでは?
ワンワンをもう少し活かせた気もする。

ハウンター(2013年製作の映画)

3.5

クラリネット?を演奏するシーンが印象的。
時空を超え音楽で繋がる。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.5

生まれたときと死ぬときはみな善人。
この映画を観て思った。子供の頃、記憶を失う恐さは老衰か病気だけだと考えてた。お酒って怖い。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

親子強すぎる。
我が家の近くにワニ園なくて良かった。

一分間タイムマシン(2014年製作の映画)

4.0

これはかなりの名作を見つけたかもしれない。
5分程度だから是非観てもらいたい。

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ(2014年製作の映画)

2.5

ボーイスカウトのキャンプ設定は良いんだけど、メインのホラー要素がピンと来ない。結局何んなんだ。

ファイナル・アワーズ(2013年製作の映画)

4.0

終末がリアルで恐い。
最期に誰と一緒にいたいか考えさせられる。
俺は妻だ。

クロユリ団地(2013年製作の映画)

3.0

子供がジャンプしてしがみつくシーンは可愛い。おじいちゃんは怖い。

ゾンビ・ホロコースト(2014年製作の映画)

2.5

それなりに楽しく観れるゾンビ映画。
主人公、ヒロインの冴えない感じが親しみを持てる。

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.0

台風の映像がCG感なくて面白かった。
伊藤潤二「うずまき」のバタフライ族みたいなのが登場すると思ったら本当に出た。

The Little Stranger(原題)(2018年製作の映画)

3.5

貴族の没落と華やかさへの憧れ。
大体皆、貴族でも医者でもなく冴えない眼鏡男程度のレベルだよな。

ネイバーズ(2016年製作の映画)

3.2

悪人同士がこんなに近くに住んでるものか?
俺は不死身だ叔父さん、予想通り。

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

3.0

小説家の生みの苦しみが分かるようで分からない作品。

ストレンジャーズ 地獄からの訪問者(2018年製作の映画)

2.9

実話ってところが恐い。
殺すつもりなら顔を隠すな!
パトカーはお約束。

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

3.0

松田翔太のキャラが立ちすぎて、ストーリーが入ってこない。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

ジュマンジのドラムの音 、バイクの疾走感がテンション上げてくれる。
ボードゲームが不貞腐れて、カセットゲームになったところは少し可愛らしさを感じた。

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

2.8

役者の歳を感じてしまった。
前半ほとんどゾンビ出ないし、ゾンビ物好きからするとちょっと期待はずれ。
でもナッツアレルギーの下りは面白い。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

長い。旧作のように1作でまとめたほうが良かった。
映像に凝りすぎて、ストーリーが入り難くなっているが、気持ち悪さは充分伝わった。

ザ・サンド(2015年製作の映画)

1.8

時間の無駄と分かっていても観てしまうB級映画。
CGで何とかしちゃう系は役者の演技を頑張って欲しい。
結局モンスターは何だったんだろう。

ボトム・プレデター 地底に潜む生命体(2006年製作の映画)

2.0

時間の無駄と分かっていても観てしまうB級映画。
クリーチャーをあまり撮さないようにすれば、もう少し観れた映画になるかな。

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.5

女子校で闇鍋って違和感がありすぎるが、清水富美加の朗読が全てを溶け込ませた。最後にあんなものまで。。。
玉城ティナの目も恐可愛い。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

「概念を奪う」は、面白い設定。
近い将来、脳が解析されれば起こり得そう。

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

閉所恐怖症、暗所恐怖症には耐えられない映画。犬が可愛くてなんとか観ていられる。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.8

柳楽優弥の演技が圧巻。
岡田准一はいつも通り安定している。

>|