ラチェットラクーンさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ラチェットラクーン

ラチェットラクーン

映画(324)
ドラマ(0)

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.3

タランティーノによる戦争群像劇。

バラバラなキャラの個性とバリエーション、と枝分かれしたストーリーを1つの映画の中でまとめ上げるのが非常に上手い。

長尺でダラダラした会話ベースなのに飽きさせないス
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.2

タランティーノの好きなものをこれでもか!と詰め込んだアクションスリラー。

フィルムの傷などを表現した粗い映像やぶつ切りのカット、全体的にB級テイストな作品の雰囲気、などタランティーノのフィルム愛と、
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.7

リアリティあるクライムドラマで、良い演技、自然なセリフ、予想のつきづらい脚本、良い選曲、スタイリッシュな衣装、別な視点からシーンをみる演出、などなど良い点は色々とありますが、単純にタランティーノ成分が>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.3

先が読めずのめり込んでしまうストーリー

キャストによる信憑性あるリアルな演技

リアルなセリフの中で自然に立つキャラ

ユーモアのある面白い日常会話

完璧な選曲、イカした衣装

容赦のないバイオレ
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.7

20年間全く成長しない奴ら。
時代に取り残される可哀想な大人たち。

でも、それが人ってもんだよなって感じました。
現代に合わせた良い内容だったと思います。

でも、脚本、演出に関しては前作の方が数倍
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

ドラッグ中毒青年たちの散々な青春を描いた話。

全編に渡ってリアルでユーモラスかつエネルギッシュで非常にエンタメ性が高い。

演出

撮影、カメラワーク、カット、編集、1つ1つの演出、が独特で面白い。
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

英国紳士(熊)物語その2

前作よりははるかに楽しめました。

面白かった・良かった理由はなんだろうって考えてみて、考えがまとまったので書いていきます。

理由その①

世界観やキャラを理解して、それ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.4

絵本を原作としたクマ映画

絵本っぽいカラフルな世界観だったり、設定だったり映し方は割と新鮮でオリジナリティあるもので面白かったです。

ウェス・アンダーソンがブラックな要素を込めなかったらできそうな
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.5

ジャンル的にはサスペンス映画なのかな?

オシャレで独特な映像表現、演出、撮影、見応え抜群の演技、ストーリー、脚本、が揃ったデヴィッド・フィンチャーの名作映画。

モノローグやカメラワーク、編集のテン
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

前作ゲットアウトよりもホラーっぽさの増した作品。

前作同様ホラーコメディですが今作はよりファンタジックでぶっ飛んだ内容になってます。

取り敢えず主演のルピタ・ニョンゴの演技が素晴らしかったです。一
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

面白くて奇妙なホラーコメディ

ジャンプスケアに頼り気味で少し音がうるさくて集中できなくなる部分もありましたが、全体的には結構好きな作品です。

不気味で奇妙で緊張感あるホラー要素を際立たせる演技や先
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

なんだかんだ平常運転なアクション映画。

今作は前作以上にアクションシーンの中のアイディアが生きてましたね。
刃物投げまくったり、馬に蹴らせたり、犬に攻撃させたり、相手の装備がクソ硬かったり、アクショ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

鉛筆で3人殺した男の話の続き。

昔の仕事仲間のとある断れない仕事を断った事で家をバズーカで燃やされたキアヌが、また人を殺しまくる話。

前作の良かった要素をしっかりと引き継ぎ、世界観を掘り下げて無
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

無能で刺激的なアクション映画。

手振れや早回し、クローズアップ、細かいカット割りなどを入れずに、何をやってるかをちゃんと観客に対して魅せるタイプの良作アクション映画。

お気に入りの車と亡き妻の残し
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

再度見て細かい部分を追記・修正してきます。

アクアマン、シャザム!でなんとな〜くソフトでライトな雰囲気になってきてたDCが贈る2010年代のダークナイト。

ベネチア国際映画祭 金獅子賞に相応しい
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.4

気持ち悪い緊迫感と緊張感のある傑作クライムドラマ。

主人公がある理由から金を手に入れようとするが、ミスや不運が重なり状況が二転、三転していき追い詰められて行く話。

ストーリーの先が一切と言っていい
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

4.1

リュック・ベッソン監督による女暗殺者のお話。
レオンと似た感じの作品でした。

良い演技、キャラ描写、映像、音響・音楽、の詰まった作品。

ニキータは不完全だけど人間味が強くてキャラとして応援できたし
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

期待はしていなかったものの意外と良かったSF映画。
いや、否。期待してなかったから良くなったSF映画。

結構規模は大きいですが、あまりスペクタクルな作品ではないです。そういうスケールを期待して観に行
>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.7

前作とはうってかわって西部劇っぽく且つ長尺でこれはこれでタランティーノらしい一作。

キドーの過去に迫って行くストーリーはキャラをよく掘り下げてたし、ビルとの関係性も中々興味深く描かれていました。
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.3

タランティーノが思う日本をこれでもかと詰め込んだ作品。

ありがちな復讐劇のストーリーですが斬新な演出と映像表現によってかなり癖が強くて、新鮮な作品に仕上がっております。

途中アニメに切り替わったり
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.1

インド映画っぽいイギリス映画。

スラム出身のインド人青年ジャマールがクイズ・ミリオネアというクイズ番組に出演するお話。

時系列が青年の人生、収録中、取り調べ中、と前半は三つに分かれており、何故難問
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.9

期待は結構簡単に超えてくる佳作映画

人種差別、潜在的な意識に隠れる差別心、黒人の黒人に対する犯罪、これらの社会問題に学園、家族ドラマを織り交ぜた作品です。

色んな物を取り上げて、色んなストーリーが
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

4.1

大分意外性があってぶっ飛んだ一作なので、レビュー、予告編を見ずに鑑賞することをおすすめします。

微ネタバレ注意

未鑑賞の方は観てからの方が良いかと思います。

ホラー映画にありがちなキャラ、展開、
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.4

派手で楽しい要素はしっかりおさえていますが、前作ほどのテンポ感というかスマートさはあまり感じない出来でした。

アクションとか世界観のスケールは前作同様割とぶっ飛んでて楽しかったのですが、それ以外がそ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.2

派手でブラックで面白いスパイ映画。

派手でぶっ飛んでて楽しいアクションと世界観。アクションは基本高水準。カッコいいものの写し方がちゃんと分かってんなって思いました。コリン・ファースの教会でのシーンは
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.8

エル・キャピタンを登るフリー・ソロ・クライマーを写したドキュメンタリー映画。

そこまでハマらなかった。
まず映画としての作りが割と平凡に感じました。
一定のペースで進んでいって終わる感じの映画でした
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.3

傑作反戦映画

広島市民としてはかなり心に響いた映画でした。

映画全体のんびりした雰囲気と重くて辛い雰囲気がバランスよく共存しており、そこまでハードではなく、観やすかったです。

主人公のすずさんは
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.3

面白くて興味深い映画でした。

シリアスで怖い系かな?っておもってましたが意外と笑える要素満載で楽しかったです。

まず平沢進の音楽がかなり良かった。
オープニングの白虎夜の娘から心を鷲掴みにされてし
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.4

過大評価だと感じる人が多い映画なのもかなり分かりますが個人的には傑作級に面白かったです。

原作は恥ずかしながら未読なので映画のみについて話します。

アニメーションは常に素晴らしい。動きの1つ1つが
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.7

「タランティーノの新作」正直これだけで観る理由になります。

前作「ヘイトフルエイト」は年齢が足らず観ることが出来なかったのでこの映画はなんだかんだ初の劇場タランティーノ映画です。

で、まあ観る前結
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

特徴があって良かった。

ストーリーについてはボヘミアン・ラプソディーで観た感じでしたが、演出、描き方が特徴的で結構印象に残る作品でした。

まず良かったのがタロン・エガートンの演技です。
「キングス
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

個人的には良かったけど大好きではなかったです。

好きっちゃ好きです。

あんなに失望することされたのに、フレディを許してあげるバンドのメンバーの懐の広さにはただただ憧れます。

演技、音響、音楽は良
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.4

リアリティの塊みたいなクライム/アクション映画

脚本が非常に知的且つスマートで1つ1つの会話、シーンに一切無駄がないです。

犯罪者側、警察側どちらのキャラも人間的で感情移入したり興味深く観ることが
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.1

孤独な中年の殺し屋と行き場のない孤独な少女の絆を描いた物語。

映画観る前はシリアスな映画だろうなって思ってたんですが、意外にも喜怒哀楽の満ち溢れた映画でした。

喜と楽がしっかりと主張していながら、
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

デヴィッド・リーチ(リンチではない)の初単独監督作品。

ジョン・ウィックの製作陣がアクションを手掛けただけあって、アクション要素は結構良かったです。

その場の緊迫感や温度、感情の動き、などが伝わり
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

2.8

キャスト陣の演技は良いし、オシャレでイカしてる風なシーンとかはあるんだけど、そんなにハラハラしたり興奮しないタイプの作品でした。

スケールがちっさいのかな?なんかミッションが結構イージーに見えてスリ
>>続きを読む