ラチェットラクーンさんの映画レビュー・感想・評価 - 6ページ目

ラチェットラクーン

ラチェットラクーン

駆け出しの映画好き。
性別:男
好きなジャンルはSFとヒーロー…と言いたいですがぶっちゃけ基本どのジャンルも好きです。
映画中心にレビューしていきます。
リクエスト下さい。

好きな俳優
ホアキン・フェニックス
サミュエル・L・ジャクソン
ジェイク・ギレンホール
スカーレット・ヨハンソン
シャーリーズ・セロン

好きな監督
クエンティン・タランティーノ
スタンリー・キューブリック
クリストファー・ノーラン
エドガー・ライト
ジェームズ・ガン
宮崎駿

書いた文章にめっちゃ後から付け足しちゃう悪癖を直したい。

評価基準
だいたいです。実際4.0〜4.2で素晴らしいって思うこともあります。
4.6〜5.0 大傑作 素晴らしすぎる
4.3〜4.5 秀作 素晴らしい
4.0〜4.2 良作+ 結構好き
3.5〜3.9 良作 佳作 好き
3.2〜3.4 良作-まあまあ好き
2.9〜3.1 普通 可もなく不可もなく
2.4〜2.8 微妙 凡作
1.9〜2.3 駄作 観なくていい
1.5〜1.8 ゴミ 観ないほうがいい
1.0〜1.4 クソ 死ぬかと思った

ベストムービー次点

ショーシャンクの空に
天空の城ラピュタ
アラジン
ローガン
アイアンマン
シャイニング
ダイ・ハード
エイリアン
風の谷のナウシカ
オールド・ボーイ

映画(230)
ドラマ(0)

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

2.6

微妙。ハルクがあんまり好きになれないしかっこ良くもない。
ストーリーは終始退屈だし、ロマンスも退屈だった。
キャラは特にひどくどいつもこいつも薄っぺらいキャラばっかりでした。アボミネーションなんてでき
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.5

男のロマンがつまり切った作品。

これがなきゃMCUは存在しなかったんだなと思うと感謝の念が押し寄せてきます。

編集、音響・音楽、選曲センス、アクション、映画全体のペース、キャスティング(特にRDJ
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.9

無人島に漂流した男の話。

作画が非常に美しく映像に高級感がありました。音響と音楽は素晴らしく、台詞のない映画の中でストーリーを語るのにかなり貢献してたと思います。

ストーリー、テーマ、メッセージ性
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

4.1

作画が鮮やかで美しく、音楽も綺麗で好きな感じでした。
主人公キャラ立ちもしっかりしていて共感しやすかったです。自分自身が嫌いで、傷つきたくないから人との関わりを避けてしまうような凄い感情移入できるキャ
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

情緒不安定な女の子の話。

まず水墨画のアニメーションが何よりも素晴らしい。色鮮やかで美しい。動く絵本を観ているような感じがあってとても新鮮な体験でした。
高畑監督は作画面で色んな挑戦をしてきたけどこ
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.0

庵野さんの声が結構浮いてます。ずっと聞いてると慣れてくるけど違和感がすごかったです。

どの映画でもそうですが頭のいい人達が頑張って何かを作ったりそれについて話し合ってる姿ってやっぱりカッコいいなと感
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.9

耳をすませば程じゃないですが、全体的に見やすく良い恋愛映画です。

キャラクター、台詞、少し意外性を突いた構成、細部に拘った演出、などなど良い点が多いです。

1時間半でサクッとみれていい余韻が残りま
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.6

世界観とコンセプトがすごい好き。夢があるなとおもいます。

小人世界での身の回りのものの使い方が面白く、部屋などのデザインも結構良かったです。水を絞るときに一滴しか水滴が出なかったり、やかんが船になっ
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.3

アンバランスな映画

子供向けなのか大人向けなのか中途半端な感じでした。設定とかストーリーが無駄に複雑なのにアニメーションやビジュアルデザインや音楽など全体的な雰囲気が子供向けだったりして1つ1つは良
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

2.3

終始退屈な映画

2時間にも及ぶ退屈なストーリー、厨二くさい台詞や展開や設定、数は少ないのにとくに面白みのないキャラクター、理解できないキャラクター動機、カリスマ性のカの文字もない悪役クモ、見るたびに
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.8

なんかファンタジー/アドベンチャーってよりはヒューマンドラマな気がする。

作画とか音楽とかビジュアルとかいい点はいつも通り。

脚本が少しごちゃっとしてて謎なことが多く、ラストは若干駆け足だったよう
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

2.8

悪い映画ではないけど…

何から何までただ可愛いだけだなって思います。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.5

不思議な世界で色んな難関をくぐり抜けて家族の元に帰ろうとする話。

美しくて色鮮やかな作画デザインや独特な世界観の描き方、素晴らしい音楽、現代社会を一部風刺している部分もあったり色んな見方ができる興味
>>続きを読む

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

3.9

すごいゆるい日常映画。温かみを感じる映画です。

山田家はみんなキャラ立ちがしっかりしてて好きになれたし、ほのぼのしてて緩い作風に合った作画デザインやセンスのいい選曲、家族あるあるを面白く描いている話
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

一番好きな邦画

興味深く奥深い美しい世界観、ナウシカと共通するところがあるのかな?これだけでも見応えがある

人間的でリアルなキャラクター、サンもアシタカもエボシもモロも乙主もオトキも全員興味深いか
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.2

大好きな邦画の恋愛映画

キャラ、演出、セリフ、展開が非常に現実味があり、映画全体に良い甘酸っぱさが出てます。

中学生の恋愛や夢や受験の悩みをかなりストレートに描いていて、すごいアオハルしてんな羨ま
>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

3.4

パンチに欠ける映画

まず狸や狐の住む世界とか変身ができるんだぁ〜とか子作りしちゃいけないとかの設定は結構好きでした。

狸のデザインは三段階ぐらいあってこだわりみたいなものを感じたし、コメディ要素も
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.8

大人向けのジブリ映画

高校生の写し方が非常にリアルで生々しい。子どもだった時代のモヤモヤした思い出とかって大人になった後に自然と振り切れたりするのかなって感じました。
あまり人気じゃ無い理由はかなり
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.2

飛ばねえ豚は…後はわかるね?

豚だからって舐めてかかったらマジで格好良かった。ポルコの人間性とか吐き出すセリフとかホントにイカしてるなと思ったところが多かったです。空賊たちはダメダメでアホばっかだけ
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

4.0

過去の嫌な出来事や後悔を思い出してすごい「あの時こうしておけば」と思ったりして気持ちが沈んだりすることが結構あるので題材とストーリー、展開はかなり共感を持ちやすく好みだった。

映画のペースが一定じゃ
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

3.7

ファンタジー映画だけど地に足ついてて良かった。

前向きな気持ちになれる映画で、凄く見心地がいいです。

色鮮やかな街や服のデザイン、綺麗で毎度素晴らしい音楽、共感を持ち易く好きになれるキャラクターの
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.1

とても重苦しい映画

戦争って恐ろしいなと思ったし、兄と妹が辛い現実にぶつかりつつも必死にもがいて生きようとする姿には心を打たれたし、良い要素が多く素晴らしい映画だと思いますが...二度と見たくない。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.5

なんてことない普通の家族の話

シンプルだけど中身が濃い。ジャンルとしては、ゆったりとしたヒューマンドラマ/ファンタジーでしょうか。

まずキャラクターがみんな素晴らしい。サツキが特に好き。物分かりが
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.7

キャラは大好きになれる、アニメーションは劣化しない、ビジュアルデザインは美しい、ギャグは面白い、ロマンスは臭くない、アドベンチャー要素は盛り上がりがあって楽しい、音楽は美しい、テーマ、メッセージ性はし>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.7

一応ジブリ映画としてカウント

キャラは興味深さと愛着があって好き。特にナウシカが好き。強く、美しく、格好いい、また優しさ故に裏切られたり壁にぶち当たるけどそれでもひねくれることなく自分を突き通す姿に
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.3


魅力的な新キャラクター
レイもフィンもポーもレンもみんな旧キャラ以上に好きになれます

興奮するファンサービス
無駄に溜めたりせず、ドヤったりせずあっさりさらっとやってくれる所に好感が持てます

>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.1

王道でめっちゃ革新的な映画

まずアニメーションが素晴らしい手書きとCGを混ぜており、コマのように区画したり、ふきだしや文字を入れたことによってかなりアメコミっぽいタッチに仕上がってました。動くアメコ
>>続きを読む