Noiさんの映画レビュー・感想・評価

Noi

Noi

とにかく映画が大好き!!ずっと観ていたい。思ったことをつらつらと書きます。

映画(197)
ドラマ(0)

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

みんな人生謳歌してるなーー!

ABBAの曲は聞いたらワクワクする。

茶目っ気満載のパパ3人が可愛かった。
リリー・ジェームズ若さ全開で、若き日のドナにぴったりやった!

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.3

みんなの映画愛が伝わってくる映画。端役にもしっかりキャラ設定があって、どの登場人物も愛おしくなるようなすごく丁寧な描き方。

カトリンとバックリーのウィットに富んだ掛け合いが見ていて心地よかった。お互
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.6

ごめんなさいと言いながらも非難する場面には腹が立った。
そんな偏見だらけの扱いに立ち向かうマリーナをずっと応援してた。彼女は強くて、美しかった。
Carole Kingの “(You Make Me
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

1作目が14年前なんて信じられない...

イラスティガールがかっこいい!能力の活かし方が上手すぎる!
愚痴りながらも子育てに奮闘して、やればできるっていうところを見せるボブは父親の鏡。
フロゾンの活
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

『スリー・ビルボード』に現れる怒り要素をぐっっと抑えたような映画。静かな怒りと追撃という感じ。

白雪と静寂だけが残った町で起こるアメリカの闇を垣間見せるような惨劇。多くのネイティブアメリカン女性が失
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

ブルーが可愛すぎる!!

遺伝子操作で作られた肉食恐竜のインドラプトルが、草食恐竜トリケラトプスの骨にやられてしまうというなんと皮肉な最後!

島に残された首長竜の場面で泣いちゃった。

恐竜たちが放
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.8

観た後はオシャレして出かけたくなるような映画。衣装と小物がどれも可愛いくて見惚れてしまう。

音楽もすごいオシャレ。全編ミュージックビデオみたい。登場人物の感情を歌詞がしっかり反映してて、それが映像と
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.7

みんなほんとに強い。

あんな不当な扱いの中なら、怒りをあらわにして訴える方法もあって然り。ありのままの姿で権利を主張し、LGBTQ運動のきっかけを作った名もなき英雄たち。彼らの行動があったからこそ今
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

ネタ盛り込みすぎや笑

「3分間に10回笑わせたい」と言う三谷幸喜の精神ここにあり。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.6

会話も感情表現も少なくて、無愛想にも見える登場人物だけど、みんなでカーリドを不器用に助ける姿は見ていて心があたたかくなった。

レストランで働く人々と、ネオナチグループの対比が印象的だった。不景気で職
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

イタい経験も思い返せばいい経験。

若い頃は期待や不安をいっぱい持って生きている。やらかしたぁって言う経験もいつかは自分の糧になる。この作品見たら、もっと自分に正直に生きて、いっぱい失敗しようって思え
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

幼馴染みと引っつくわけでもないし、お母さんとその後生涯分かり合えるというわけでもないし、あの家の住人はみんな疎遠になってしまうっていう決してハッピーエンドではないけれども、これが等身大の人生なんだなと>>続きを読む

TAXi(4)(2007年製作の映画)

3.2

いつの間に署長が主役になったの...?笑

相変わらずエミリアンとダニエルの役割逆転が面白い。

エミリアンの侵入講座は絶対マネしないように。

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.6

人間が普段では考えられない異常な行動をとるとこんなにも不気味なんだ...

でも怖いだけじゃない。恐怖との対決を通して、姉弟がそれぞれのトラウマを乗り越えていく成長も描かれてて面白かった。

弟がsw
>>続きを読む

サインスピナー(2013年製作の映画)

3.2

いきなりの展開でびっくり。

広告回してるところ実際に見てみたい。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

フワフワかわいい〜!

Bill Withersの”Lovely Day”で終わるエンディングが満足感・充実感いっぱいで最高。

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

泣いた...ロボットが健気すぎて。
子供向けのアニメやけど、大人が見ても胸に刺さる。

絵のタッチで昔の「アトランティス」とか思い出したなぁ。懐かしくて温かい気持ちになった。

映画冒頭で使ってた言葉
>>続きを読む

カーゴ(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

観たら題名『Cargo』の意味が分かる。

自分がゾンビになるという辛い事実を後回しにして笑顔で娘を励ましたり、意識ある限り体が動く限り安全地帯に向かおうとするお父さんになんとも言えない悲しい気持ちに
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

設定は謎だったけど、電子音がいい感じの不気味さ醸し出してたし、時々映される主人公の手元の映し方がめっちゃ好きやった!

みんながプールで“それ”を待ち構えてる時のシーンもオシャレで好きだな。

>|