honokiさんの映画レビュー・感想・評価

honoki

honoki

映画(224)
ドラマ(69)

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.2

青春映画のバイブル『今夜はトークハード』で、ピクシーズのウェイブ・オブ・ミューティレイション(UKサーフバージョン)がかかるシーンがとても好きで、自分の青春の一曲になったのですが、この映画でも冒頭から>>続きを読む

ザ・ウェイバック(2020年製作の映画)

4.0

『勝利への旅立ち』みたいな映画を期待して観たら、ジーン・ハックマンを除いてアル中役のデニス・ホッパーを主役にしたような映画だった。劇伴が常に泣かせに来てるのが少々気になったけど、結構好きな映画。>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

5.0

無性に観たくなって再見。マイフェイバリットムービーどころじゃない、オールタイムベスト映画。今回の発見は、端役で出ているウィリアム・H・メイシー、リッキー・ジェイ、ジャック・ウォレスの3人が、デヴィッド>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

5.0

当時映画館で観た時はぼんやりした感想でしかなかったけど、いま観直すとどういう話なのかやっと分かった。共感ポイントありすぎてもう何も書けない。。素晴らしい

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

5.0

睡眠から目覚めてなぜか即酔拳を鑑賞。今度酒飲んだら酔拳やってみよ

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

久々に観たけどやっぱ凄いな
金田はいつもユーモアを忘れない

凪待ち(2019年製作の映画)

4.1

あーーー
あかん、じわじわくる、、うう
香取慎吾演じるクズ男、、名演。。

あと、恒松祐里の声が良すぎ

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.8

アマチュアな自警団ヒーローものを観たくて、最近そんな感じの映画を幾つか鑑賞中。その流れで久々2回目の鑑賞。ヒーロー募集の告知で集まった自称ヒーローの人達の紹介(或いはオーディション)シーンは、この映画>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

忽那汐里が演じるユキオとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドによる同性の恋人同士バディと、自警団募集!で集まったX-フォースのメンバー達(ザジー・ビーツ演じるドミノ他)を観たくて久しぶりに2度目>>続きを読む

ミステリー・メン(1999年製作の映画)

3.5

武器商人の役でトム・ウェイツが出てた。こういう役がほんと似合う。あと、不思議な役者さん居るなと思ったら、ピーウィー・ハーマンだった。クレア・フォーラニ扮するダイナーで働くウェイトレスのユニフォームがめ>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)

3.8

ジョーダン・ラッドを観たくて、久々2回目の鑑賞。当時、デビッド・リンチがベタ褒めしてた記憶。キッズのカンフースローモーション辺りからホラー映画じゃなくなる展開が胸アツ。イーライ・ロスのユーモア炸裂。>>続きを読む

MIS II メン・イン・スパイダー2(2000年製作の映画)

3.8

『チェルノブイリ』や『ハングオーバー』のクレイグ・メイジンによる初監督作。脚本はジェームズ・ガン(出演も)。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ぽいところが多々あった、メンバーみんなで70年代のヒッ>>続きを読む

ホテル・ニューハンプシャー(1984年製作の映画)

5.0

この映画を初めて観たのは高校生の頃でそれからずっと心に残っている映画。久しぶりに見直しての自分的大発見は、ナスターシャ・キンスキーがどんな時もずっと熊の着ぐるみを着ていて、自分がやっている音楽グループ>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.5

煙が目にしみる

オーギーと、オーギーの店に集う人達を見たくて久しぶりに再見

『ブレイキング・バッド』『ベターコールソウル』のガスこと、ジャンカルロ・エスポジートが出てた!若い

シャイニング(1980年製作の映画)

4.5

深夜の地上波で放送してたので久しぶりに。そっか、スキャットマン・クローザースって『シャイニング』のあの人だったか!最近観た『ブロンコ・ビリー』にも出てたから親近感。こうなったら『カッコーの巣の上で』も>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

4.2

当時映画館で観てほとんど寝てしまって… どういう話なのかやっと分かった。『ロング・グッドバイ』にめちゃ似てた(PTAのアルトマン狂い)。病院の診療室を間借りして探偵事務所にしてるとこは、『ベター・コー>>続きを読む

ロング・グッドバイ(1973年製作の映画)

4.5

久しぶりに再見。といってもほとんど覚えてなかった。
エリオット・グールドがとにかく格好良すぎる。私立探偵にはジャズがよく似合う。コロナ以降、ジャズを沢山聴くようになっていて、なぜだか探偵物も見たくなっ
>>続きを読む

泳ぐひと(1968年製作の映画)

4.3

ずっと観たかった映画、やっと観れた。この映画も"時間の概念"が無かった。町山智浩さんの解説聞かな。

人生はローリングストーン(2015年製作の映画)

5.0

デヴィッド・フォスター・ウォレスの発言の数々が分かりすぎる。またひとつ大切な映画が増えた。

白いドレスの女(1981年製作の映画)

4.2

原題はBody Heat
暑い夜の物語
キャスリーン・ターナーの悪女な色気に身体が火照る
ローレンス・カスダン(初監督作)によるフィルムノワールに熱狂
ジョン・バリーによる劇伴がエマニエル夫人のように
>>続きを読む

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

4.6

立川談志によるラリー・フリントを題材にした落語を聞いてみたかった。と、勝手に妄想。
叶わぬ夢なので町山智浩さんの解説を聞く。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.3

金曜ロードSHOWにてめちゃ久しぶりに。ジェニファーて、2からエリザベス・シューに代わるのすっかり忘れてた。

ブロンコ・ビリー(1980年製作の映画)

3.6

ブロンコ・ビリーってタイトルでずっと西部劇かと思ってたら、旅芸人一座のロードムービーってことを知って慌てて観た。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

5.0

前情報を一切知らずに観たら、『メッセージ』『ウォッチメン(ドラマ版)』と同じく、いま1番興味のある"時間の概念"の映画だったからびっくりした。この映画深いな〜 もっかい観よ

>|