nokokoさんの映画レビュー・感想・評価

nokoko

nokoko

映画(213)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

鑑賞後、うまく言葉に出来ない感情がもやもやと胸の中にずっとある。

外から見ればいびつな形で繋がっているように見える万引き家族たち。
でも周りから見えない心の中は、いびつでもなんでもない純粋な、拠り所
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

笑いの印象の強い福田監督のラブストーリーとは、と思い鑑賞。

笑いと涙の配分が絶妙。
登場人物たちに嫌な人が1人もおらず、幸せな気持ちになる映画だった。

個人的ハイライトは太賀。
涙もときめきも、あ
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.7

ラストシーンと、その前に登場する絵たちが個人的な見所だった。

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.3

全編通してとてもロマンチック。
危ない時、必要な時、側に来てくれるなんて王道少女漫画。
衣装も綺麗。

アナのプロポーズの返事、花の庭園(?)のシーンは、分かっていてもときめく。

生還したクリスチャ
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.4

明るい、楽しい、ハッピーな映画。
メリル・ストリープとアマンダ・サイフリッドの歌声がとても心地よかった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

人、風景、台詞、あらゆるものが美しい。
人生の中のとても大事な一部分を切り取った映画だった。

17歳の多感で複雑な時期のエリオを見守る
両親の理解力と寛容さに感動。
マルシアもとても良い女の子。
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.1

シェイプオブウォーターを見たのがきっかけで、同じ監督作品だからと鑑賞。

ヒール役の立ち位置や、主人公の在り方など、シェイプオブウォーターと共通する様な点がみられた。(シェイプオブウォーターが似ている
>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

2.9

満島ひかりのお芝居を観るための映画だった。
感情爆発させる動のお芝居と、この作品のような、内側に秘めるお芝居と、どちらも魅力的だと思うが、
ちょっと全編見るのは疲れてしまった。

その理由が、映画を通
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.4

長かった。

人間の、狡くて卑怯な部分が嫌という程見えてくる2時間半だった。
猿男のシーンの緊張感はすごかった。前半の高みの見物感と、後半の恐怖との落差がとてもリアルに思う。

家に乗り込んでくる少年
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

鑑賞前、グロい、という感想が先行したイメージであったのだが、実際観てみると、ただただ純粋であたたかいラブストーリーだった。

イライザはたしかに、恋愛映画のヒロインのような華やかさがあるわけではないし
>>続きを読む

笑う招き猫(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。

お笑い芸人アカコとヒトミをめぐる話と、彼女たちの周りの人たちの話。
生きることが窮屈だ、と思っている人たちが、2人と関わることでちょっぴり救われたり。

松井玲奈と清水富美加の突き抜け
>>続きを読む

全員、片想い(2016年製作の映画)

2.9

清水富美加目的で鑑賞。

清水富美加は「あさはんのゆげ」に出演していた。
オムニバスタイトルの中で1番惹かれたタイトル。
従兄弟の要と、あさはんを通して距離を縮めて行く過程が良かった。

どの作品にも
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

安室さんのプロモーションビデオを見ているように思えるくらい、安室さんがただただカッコいい一本。
安室さんに関して言えば、モノレール付近のクライマックスでアクセル踏み込んでる表情のキレ具合がとても印象的
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

3.0

日常の一コマを切り取ったような映画だった。
特別何か大きな出来事が起こるわけでもないけれど、タマ子の置かれている状況だったり心情は、共感できる部分があるように思う。

タマ子の舎弟のような、男子中学生
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.8

幼児連れ去り事件を境に、本来あるべき家族が一緒にいても満たされず、どこか空っぽな感じの秋山一家。

家族の中にも、大学の中にも、恋愛の中にも自分の居場所を見出せずふわふわとしていた恵理菜が、千草との出
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

面白い!
シリアスも笑いも感動も、配分がとても絶妙だった。
友情と恋愛の配分も丁度良い。

コミカルなタッチで描かれる中で急に学歴社会に生きる彼らの境遇が見えてくると、その圧迫感がよりリアルに感じられ
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.0

門脇麦が観たくて視聴。

とある一室を主な舞台に進んで行くので舞台っぽいと思ったら、原作が戯曲だった。
乱交パーティーを目的に集まっている男女なので、性描写がとても多い。
しかし、物語は会話で展開して
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

2.3

キャラクターの表情変化が細やかで、そこに声や音が加わって情感がある。
間をたっぷり使っている気がしたので、とても映画的だった。

細かな心情の変化が描かれているからなのか、大きな山谷がなく、一貫して「
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

ゲイリー・オールドマンの変身っぷりがすごい。
演説での訴えかける強さと、対個人での繊細さの共存がとても素敵。
ちょっとしんみりする会話の直後にジョークを挟む感じ、とてもチャーミングなチャーチルだった。
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

3.5

中盤の中だるみが少し辛かったが、キョヌと彼女のやりとりが好きで最後までいった。
彼女がキョヌに依存する意味が分からなくて、入り込めなかったのもある。後半その理由が明らかになるが、個人的には納得しきれず
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.8

人間関係の連鎖を感じた。
ある一つの関係から見ると嫌な部分の感じる人が、別の人との関係から見ると応援したくなる感じ。コナーがまさにそうだった。

女性キャストがみんな魅力的。
ジニファー・グッドウィン
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ザ・王道。でもそれがいい。

タイトルのごとく、全編通して華やかで、とてもポジティブなミュージカル映画だった。
歌に乗せながらの人物紹介や状況説明が分かりやすく、さらにそこに時間経過がテンポよくのっか
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

正直、タイトルにはあまり惹かれなかったが薄幸な高橋一生が観れるならと思い鑑賞。
結論、展開にいい意味で振り回された気がする。

由加里が情緒不安定に見えるという前評判もあったが、思ったほどでもなかった
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

自分に流れる血と、そこに反発したい心との間で揺れるエムレが見ていて切ない。
そこで出した答えと決着のやるせなさ。

一方で、慣れ親しんだ地から追い出され、オスマン帝国から存在自体を否定されるアルメニア
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

他人からの好意や想いを歪曲して捉えてしまうことってよくある。
自分で悪い方に思い込むことで、本当に辛いとき悲しみが減るし、自分を守ってる気がするから。
確かにそれは自分を守ってることになるのかもしれな
>>続きを読む

恋の渦(2013年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの恋愛の始まりだったり転換だったり終わりだったりが描かれている感じ。
恋の渦、巻いてました。

見栄とか嫉妬とか、汚いものが割とストレートに描かれていて、その姿はものすごく滑稽だなと思う反面、
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.6

高畑充希がただただ可愛い。ずっとみていたいな、と思うくらい表情豊かで魅力的。
一挙一動に、同性の私もドキドキしていた。
特に先生の寝顔を見つめるシーン。あそこの亜紀子の表情がとても印象的だった。

>>続きを読む

>|