のんさんの映画レビュー・感想・評価

のん

のん

駄文・雑文。映画鑑賞は自分の為に。感想(not批評)は備忘録として。素人なのでスコアは好み。過去観賞作品の記録も随時追加するので連投あり、TLのお邪魔になったらスミマセン。雑食ですがアート系&恋愛ものは苦手。ここでは人気が無さそうなので西部劇ひいき。フォロー&リムご自由に。 落語、狂言、演劇、ミュージカル、ダンスなど舞台鑑賞も好き。

超能力学園Z(1982年製作の映画)

2.8


化学実験のアクシデントで念動力を身につけたバーニーと、それを知った友人が巻き起こすエッチな騒動を描く学園コメディ。
スカートがめくれたりシャツのボタンが弾けたりといったエッチなシーンが見どころ。
>>続きを読む

左きゝの拳銃(1958年製作の映画)

3.0



21才で死んだ伝説の左利きガンマン、ビリー・ザ・キッドを、英雄としてではなく、血気盛んで無節操な若者としてその人間性を描いた作品といった感じ。

ポール・ニューマンが演じるビリーの表情が魅力的。屈
>>続きを読む

ホット・ショット(1991年製作の映画)

2.7


1991年公開のコメディ。

過去のヒット作(ナインハーフ、愛と青春の旅立ち、ロッキー、ダンスウィズウルヴズ他)のパロディを「トップガン」のパロディでまとめたような作品。
レスリーニールセンは出演し
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8


旧三部作(エピソード4~)以降はなぁなぁで観てたシリーズだけど、今回予想以上に面白くて“なぁなぁ”気分を裏切られました。

たくさんのレビューのある作品なので二つお気にいりポイント。

赤い護衛が使
>>続きを読む

イーダ(2013年製作の映画)

3.0


ポーランド映画らしい。
硬派です。

1960年代のポーランドが舞台。
幼い頃戦争孤児として修道院に引き取られそこで育った主人公が、ユダヤ人としての出生の秘密をたどるロードムービー。
その中で、幼い
>>続きを読む

ニューオリンズ(1947年製作の映画)

3.0

ニューオーリンズのストリーヴィル(ジャズの発祥地?)で賭博場を経営するニックとオペラ歌手のミラリーの恋愛劇の形はとってるけど、主役はジャズ。

ルイ・アームストロング、ビリー・ホリデイは私でも知ってる
>>続きを読む

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

4.0


もしあなたの人生が小説の中にあるとしたら…?

(日本で言えば)国税庁で働くハロルド(ウィル・フェレル)は、ある日、彼の全ての行動を語る女性の声に気づく。彼の人生はその声の通り進みやがて……。

>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

3.7


実話ベースで面白い。
長さもあまり感じず楽しめました。

この当時に黒人で犯罪組織のボスってことにちょっとびっくり。

そのボスをデンゼル・ワシントンが演じてるんだけど、彼は品があって、ちょっと汚さ
>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

3.3


ドラマは時々観てた程度。
映画の方には全然そそられずキャストも知らずにいましたが、BSでやってたので試しに観てみたらなんと「フェイス」がブラッドリー・クーパーだったんですね。適役。

「政府のお尋ね
>>続きを読む

ならず者(1956年製作の映画)

3.7



林業の労働者たちの生活を、彼らの激しくもカラッとした気性とともに描いていて良い。
飯場の様子はわさわさしてて、喧嘩が絶えず笑いも絶えず、まるで「貧しいながらも楽しい我が家」といった感じ。いやぁ面白
>>続きを読む

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(2010年製作の映画)

3.5


金融工学とかもう全然わからないけど、この映画の中では詐欺まがいの金融取引の実情をわかりやすく(善悪もあえて区別して明確にしてるのかな?)説明してくれてる。

……と言っても「なるほど」と思ったとたん
>>続きを読む

非常線の女(1933年製作の映画)

3.3


小津安二郎のフィルムノワール…?
と思ったら犯罪もののメロドラマ。

こんな作品もつくってたんだ~って思うほど、フィルムノワールの影響感じる。

しかし、田中絹代の「あたいはズベ公よ」(サイレントだ
>>続きを読む

その夜の妻(1930年製作の映画)

3.3



病気の娘の治療費を工面するために強盗をしでかした男がタクシーで帰宅。しかし実はその運転手は刑事で間もなく男の家に踏み込むが……。

原作もののクライムサスペンス…?
ほぼワンシチュエーション。
>>続きを読む

がんばれ!ベンチウォーマーズ(2006年製作の映画)

3.0


ガス、リッチー、クラークの、3人の大人が、近所のいじめっ子野球チームに対抗することから始まるコメディ。

NETFLIXからの「おすすめ度93%」だった自分もどうかなぁと思ってしまったけれど…結果笑
>>続きを読む

ある愛の詩(1970年製作の映画)

3.0


「富豪の息子と庶民の娘との悲恋物語」

音楽が有名ですね。

久しぶりに観たけど、ライアン・オニールとマシュー・モディーンはやっぱり似てると思う。

ラブストーリー苦手だしアリ・マッグローは演技くさ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.2


迫力あり緊迫感あり目が離せなかった。
法廷ものとしての面白さが発揮されていたし、細かい部分に、戦後世代や人種間の(この言葉が適当かは自信なし)温度差が垣間見れるのは良い演出だと思う。

イスラエル寄
>>続きを読む

紀元1年が、こんなんだったら!?(2009年製作の映画)

3.3


嫌いじゃないなぁ。爆笑はしないけどクスッと笑える。

聖書の創世記をパロディにした作品。
知恵の実を食べ、村を追われ、カインとアベル、そしてアブラハムに出会い、ソドムへと行く……といった感じ。

>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


原作も映画化された前作も観てるのでミステリーは楽しめないながら、演出は良いと思った(ケネス・プラナー贔屓かも)。
ブルーを基調にした映像は美しいし、好みは分かれるだろうけど、感動の押し付け具合も「現
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


話題だったの知ってるけど観たのが遅すぎたかも。

ボクシングのクラブがやがてグラディエイターみたいになってく話しだと勝手に想像してましたw

主人公が不眠症って時点でなんとなく人格が分裂してゆくパタ
>>続きを読む

ある殺し屋の鍵(1967年製作の映画)

3.2


市川雷蔵演じる殺し屋シリーズ第二弾。
今回の新田(市川)の表の姿は日本舞踊の師匠。踊る姿はそりゃぁ素敵。

決め台詞は…
「金でどちらにも転がる女に用はない」(キメッ)

ラストの後ろ姿に何を観るか
>>続きを読む

吾輩は猫である(1975年製作の映画)

4.0

原作読んだのはかなり昔だけど、こんなに面白かったっけ?って思った。
文字では表現出来ない可笑しみ(特に落語の噺をパロったシーンなど)が、役者のキャラクターと相まって軽やかに演出されてて、ゆるっとリラッ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.3


なんだよぅ、みんなちょっとずつヒーローじゃん。やむを得ず母国を逃れ、フィンランドに流れつくも難民申請を却下されてしまうカーリド。彼の想いははぐれた妹の未来。そんな彼にちょっとずつ手を貸す人達の朴訥な
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ヘッダ・ガーブレル」(2017年製作の映画)

3.0


NTLは3.0で統一してます。


“ザ・演劇”!

19世紀の戯曲を、現代を舞台に演出。

「過去にイングリッド・バーグマンやイザベル・ユペール、ケイト・ブランシェットら名だたる女優たちが演じてき
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.0


羽生さん、永世七冠達成おめでとうございます!!

将棋は指せないけど、とにかく羽生さん大好きで、一時期羽生さん見るためだけに対局番組見てましたw
今もTwitterでおやつチェックしてニヤニヤしてま
>>続きを読む

ザ・ファイター(2010年製作の映画)

3.3


ボクサーの実話ものだけど、主人公より彼女と姑・小姑の争いの方が面白くてそっちに気をとられてしまった…。
最後に実物の映像が出てくるけど、クリスチャン・ベールそっくりだな。仕草。

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.5


キラキラを醒めた目で切り取るとこんな感じになるのか。
ちょっといじわるな魔法みたい。

ガスパール/君と過ごした季節(とき)(1990年製作の映画)

3.8


ふと思い出して再鑑賞。
DVD化されてて良かった。

映画は、一人の老女が置き去りにされるところから始まります。なんて悲しいオープニング…。
けれどロバンソン(ヴァンサン・ランドン)が老女を発見し、
>>続きを読む

皇帝の鶯(1948年製作の映画)

3.3


アンデルセン童話の『小夜啼鳥』を人形アニメーション化した作品。

「実写部分の病気がちな男の子と、人形アニメーションの籠の中の鶯、そして大勢の家臣に傅かれ自由な振る舞いの出来ない幼い中国の皇帝とが重
>>続きを読む

レモネード・ジョー 或いは、ホースオペラ(1964年製作の映画)

3.5


西部劇パロディってことで鑑賞。

白馬に乗った凄腕のガンマン、レモネード・ジョーは、レモネードのセールスマン。

「アルコールなんて飲むと銃の狙いを外すよ~ho~♪♪」

ジョーがアリゾナを舞台にレ
>>続きを読む

ほら男爵の冒険(1961年製作の映画)

2.8



ーーギュスターヴ・ドレの挿絵を切り絵にしたような背景や建物の中に実写の人物を入れ込み、宇宙や空や海中や王宮を描きーー

と、あらすじにありますが、まさにそんな空想世界が描かれてます。洒脱なテイスト
>>続きを読む

short cut(2011年製作の映画)

3.2


ワンカット映画。
車がエンコして山道歩いて国道まで出る間の夫婦のやり取り。

中井貴一の芝居はやはり素晴らしい!
ちょっとした表情も見逃せない。

劇中、鈴木京香演じる妻が「大自然大自然」と繰り返し
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0


江戸時代頃の日本を舞台とした冒険もののストップモーションアニメ。


少年クボが、村で三味線を手に、人形浄瑠璃ならぬ“折り紙浄瑠璃”(勝手にそう言ってるだけです)を語るの観ながら「昔の村人・町民は語
>>続きを読む

モンテ・ウォルシュ(1970年製作の映画)

4.0


西部開拓時代も終わりの頃、二人のガンマンモンテとチェットが牧畜の街へ流れ着きそこでカウボーイとして雇われる。
そしてモンテ・ウォルシュ(リー・マーヴィン)は酒場の歌手マルティーヌ(ジャンヌ・モロー)
>>続きを読む

チザム(1970年製作の映画)

2.2


西部開拓史に残る実在の大牧場主ジョン・チザムと、1870年代後半のリンカーン郡戦争を絡めて描いたフィクション史劇。

ビリー・ザ・キッド、パット・ギャレットも登場…というか、ビリー・ザ・キッドとジョ
>>続きを読む

スウィンガーズ(1996年製作の映画)

3.5


他の方のレビューを読んで面白そうだったので。

まずヴィンス・ヴォーンがかっこよくてびっくりしました!
そっかぁ…20年前かぁ…(遠い目)

ストーリーは、昔の恋人が忘れられず、仕事(コメディアン)
>>続きを読む

>|