のんさんの映画レビュー・感想・評価

のん

のん

備忘録。スコアは好みと気分デス。過去観賞作品の記録も随時追加するので連投あり、TLのお邪魔になったらスミマセン。フォロー&解除ご自由に。 雑食ですがアート系&恋愛ものは苦手。人気が無さそうなので西部劇贔負。落語、狂言、演劇、ミュージカル、ダンスなど舞台鑑賞も好き。

映画(3844)
ドラマ(53)

ミケランジェロ 愛と死(2017年製作の映画)

3.0


あらすじ通りのドキュメンタリー。
改めて凄いな。天才でかつタフ。

ルネサンス期の芸術ってわりとストレートに凄みが伝わる感じで好き。
作家ならダンテもそうだよね。

フューチャーワールド(2018年製作の映画)

2.0


なんだろ…。なんというか…。
「特になし」で済ませる。

カリコレのチラシ貰うついでに観たのでそれで良し。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0


ウッディ・アレンの作品て主役がウッディ・アレン自身にそっくりに見えてしまうことがよくあって、今回も途中までそんな感じだったけど、そこはさすがケイト・ウィンスレット。

大女優でもなんでもない中年女の
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0


ーーーグラニット・マウンテン・ホットショットに捧ぐーーー

素直にそういう映画だと思う。

アリゾナ州の一都市の森林消防隊員が、国のエリート森林火災消防隊(ホットショット)に登りつめるまでの努力と活
>>続きを読む

リボルバー(2005年製作の映画)

2.0


凄腕ギャンブラーのジェイク(ジェイソン・ステイサム)が迷宮をさまようような映画。

難解というよりせん妄症状を見てるようで酔った。レイ・リオッタの扱いもうちょっとかっこよくして欲しいな。
あと、ジェ
>>続きを読む

THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション(2014年製作の映画)

3.5


祖父は詐欺師で父は贋作家、息子は現在末期ガンという、父子3代のドラマがメイン。贋作とのすり替えを実行するミッションの中で描かれてる3者の絶妙な距離感が、ありがちな甘ったるさを排除しててかえって涙を誘
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.8


実話をモチーフにしてるからかな。
普段は見えないでいるけど、ごく近くでこんなことがあっても不思議じゃないなと思うストーリー。

不幸な家族って多様。

綺麗な女の子が援交でお金ささっと作ってくれるシ
>>続きを読む

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

2.3


自分の家族が、妻や夫が恋人が、新興宗教に傾倒したとしてその時どうするか。
身近な者は彼らをどう見ていたのか。
回想や取調べシーンを交えて綴ったこの作品も、やはり“家族”(教団≒家族)を描いてたのです
>>続きを読む

ワンダフルライフ(1999年製作の映画)

2.5


人が死んでから天国へ入る前に、人生を振り返って一番印象的な想い出を選択してその思い出とともに旅立ってもらうという話。

全体的に優しいタッチなんだけど、わりとズケズケ厳しいなぁ…とか感じる私は天国行
>>続きを読む

密使と番人(2017年製作の映画)

3.3


蘭学の資料と引き換えに日本地図を長崎のオランダ人に届けようとする密使とその追っ手たちの攻防。全編60分という短い作品だけれど、シーボルト事件をモチーフにして本来ならクライマックスであろう“届ける”を
>>続きを読む

ROOM237(2012年製作の映画)

2.0


映画「 シャイニング」に隠された意味とは? さまざまな説を検証するマニア向けドキュメンタリー。

キャストにトム・クルーズとあっただけで見てしまった。

私は深掘りしないので「ふぅん…」という感じで
>>続きを読む

栄光何するものぞ(1952年製作の映画)

2.0



第一次世界大戦時のフランスを舞台に、米軍兵2人とフランス女の三角関係を描いたスクリューボールコメディっぽい作品。

リメイクものらしいけど、監督が何を描きたかったのかわからなかった。コメディと言わ
>>続きを読む

コッチおじさん(1971年製作の映画)

3.3


1971年のジャック・レモン監督作品。

当時、45.6歳だったジャック・レモンが何を考えてこの老人の話を撮ったのかな…。


――

孫ダンカンが大好きですっごく可愛がってたコッチ爺だけど、息子の
>>続きを読む

鮮血の情報(1947年製作の映画)

3.5


第二次大戦時のスパイ組織の設立を描いた作品。

キャグニーが、新たに編成される“オペレーション77”のチームを束ねる教官役で、候補者達への教訓は「非情になれ」。

候補者の中にドイツのスパイが紛れ込
>>続きを読む

Gメン(1935年製作の映画)

3.3


FBI捜査官の通称、Gメン。
元不良から弁護士になったキャグニーがGマンに。

描かれるのはFBIの初期の時のことで、ちょうどFBIがその権限を拡張していく時代を描いてるのが興味深い。色々へぇ〜。
>>続きを読む

ハリーとスノーマン(2015年製作の映画)

3.0


戦後アメリカに渡ったハリーが、一頭の農耕馬と出会い、障害飛越のチャンピオンに育てた話。

マディソンスクエアガーデンでのスノーマンの障害飛越のシーン!
もっとスノーマンが見たかった。

ースノーマン
>>続きを読む

フェイス・ダウン(2015年製作の映画)

3.0


実話を基にしてる以上にというか、まるでドキュメンタリーのようなタッチ。
人身売買ネットワークから一人の少女を救おうとする男の姿を通して、裏の社会の泥縄状態の惨めな戦いを描いてる感じでなかなか辛い。
>>続きを読む

アイランド(2011年製作の映画)

2.0

ポドロフスキーがタロット占い師として冒頭で出演。
主人公ダニエルに何やら“◯◯の母”的な訓示を与えてるのでそんな予感はしてたけど、予感以上に超常的でした。


ひとつのカップルの亀裂と崩壊、あるいは調
>>続きを読む

チップス先生さようなら(1939年製作の映画)

4.0


1928年イギリスのパブリックスクール。
冒頭、今はもう引退してる老チッピングが始業式に出ようと走るシーンからもうじんわり。

映画は生徒たちに慕われる老チッピングが、過去を回想する形で進むのだけれ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.8


J・オースティンの古典小説の大筋を借りてパロディにしたゾンビもの。ナイスアイデア。考えてみればゾンビものにロマンスはつきものなので不思議じゃない。
衣装も素敵で格調あるっぽい仕上がりなのもグッドで面
>>続きを読む

不意打ち(1964年製作の映画)

4.0


腰を骨折して体が不自由な女性が、息子の不在時にホームエレベーターに閉じ込められてしまい……。

昔私がアメリカ人だった時、「何かあったらHelp!じゃなくてFire!って叫ぶんだよ。Helpじゃ見向
>>続きを読む

選挙(2006年製作の映画)

3.7


自営業者の山内和彦(江戸川区花火大会出身)さんが、どんな成り行きか自民党の公認候補として川崎市議の補欠選挙に出馬。その選挙活動を撮ったドキュメンタリー。

いやぁ…。嗚呼ドブ板選挙。

こんな選挙活
>>続きを読む

荒馬と女(1961年製作の映画)

2.8


モンローか出てると他の男性俳優がみんな脂ぎって見えるのは、私の色眼鏡か。


離婚のために東部からきた女(モンロー)に、妻と離婚した男と死別した男、母親が再婚して家を出た男。それぞれどこか心病んでて
>>続きを読む

オーシャン・オブ・ファイヤー(2004年製作の映画)

2.8


19世紀最高のアメリカ人騎手と称えられた伝説のカウボーイ、フランク・ホプキンスの実話を基に、彼と愛馬ヒダルゴ(ムスタング)がアラビア半島を走破するホース・レースに参加した模様を描いた冒険もの。

>>続きを読む

ブラック・ビューティー/黒馬物語(1994年製作の映画)

3.7


昔児童向けの本で読んだ以来。


主人公の馬、ブラック・ビューティーが、自分の人生を語る形式の物語。気楽な仔馬時代に始まり、売られた先での幸せな毎日、ジンジャー(雌馬)との出会い。次の家では意地悪な
>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

2.0


わお…想像以上にスピリチュアル。


自然の美しさと神秘、その一部として連綿と繋がる魂…。その感覚はわかるのだけど…。個人的な感触としては『アメイジング・ジャーニー』観た時の感覚と似てた。


監督
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.5


テキサス州が舞台。
ーー家族の牧場の抵当流れを阻止するためワケあり兄弟は銀行強盗チームを組む。
一方、定年間近のテキサス・レンジャー、マーカスハミルトンは彼の相棒とともに兄弟の犯罪を追うーー


>>続きを読む

ブラニガン(1975年製作の映画)

3.5


「ノックノック」

ジョン・ウェイン イン イングランド。

シカゴ警察のブラニガン(ジョン・ウエイン)と、彼に手を焼く?スコットランドヤードのスワン(リチャード・アッテンボロー)、カーアクションシ
>>続きを読む

燃える勇者(1981年製作の映画)

3.7


これだー!
列車の上で大アクションシーンだけとっても良く覚えてた。今見ても迫力だったわ。

いやもう、真田広之凄い。特に跳躍力凄いよね。そしてアクション監修。改めて千葉さん凄い。生身のアクション凄い
>>続きを読む

冒険者カミカゼ(1981年製作の映画)

3.8

大学が不正に蓄えた億単位の金を強奪後、横取りしようと企む凶悪な犯罪組織と一進一退の駆け引きと争いを、陸海空で繰り広げる。当初は敵同士の千葉真一と真田広之が体操技で仲良くなるって面白すぎる趣向。

2人
>>続きを読む

吼えろ鉄拳(1981年製作の映画)

3.5


1981年の作品3作連投します。


真田広之が歌うこの主題歌覚えてたわ!

志穂美悦子と真田広之が姉弟という設定と、香港ロケの休む間の無いアクションシーンが印象的。ブッチャーなど当時の人気者も出演
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.0


「ミザリー」や「ルームメイト」のようなテイストでありつつ、主人公の作家デルフィーヌを演じるエマニュエル・セニエの独特な離人感が危うくてハラハラ。自分だけで立ててるつもりの地平が揺らぐ感じ。
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


ドク、サル、ミュラーの3人が揃ってしばらくして、サダム・フセインが米軍に拘束されたニュースが流れるシーンあたりから、グッと心を掴まれた。あのニュースを歓声と拍手で受け止めてた人だけじゃ無いはずって思
>>続きを読む

ウィル・ペニー(1967年製作の映画)

4.0


ウィル・ペニーは中年を過ぎたカウボーイ。広大な牧場で不法侵入者や不法占拠者を見つけて追い出す仕事にありつくが、そこでキャサリンとその息子が小屋に居ついているのを見つけてしまう。冬の寒い中、母子を追い
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.2


チンパンジーを実験体に新種のウイルスを開発している医療研究所に動物愛護活動家が侵入。強力な“凶暴性”ウィルスに感染したチンパンジーを逃がそうとして逆に噛まれ、瞬く間に凶暴化して人々を襲っていくという
>>続きを読む

荒野のガンマン(1961年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

サム・ペキンパーの初監督作。
ゆるゆると進むけれど、男臭く殺伐とした雰囲気あり。

帽子の下はもっと凄いと思ったら控え目で拍子抜け。

>|