ぶぶすけさんの映画レビュー・感想・評価

ぶぶすけ

ぶぶすけ

映画(447)
ドラマ(0)

アリスのままで(2014年製作の映画)

-

小さな子どもと一緒で、すべてを受け入れてくれる誰かがいなければ生きていけない。
主人公の不安が伝わってくる。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

-

若者のキラキラ映画かと思って観たら、ギラギラの方でした。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

あの状況下で、他人を責めることなく、自分の意思を貫いた強さに敬服する。

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

-

とても綺麗な映像でしたが、なんとなく置いてけぼり感があり、入り込めませんでした(T-T)

家族ゲーム(1983年製作の映画)

-

独特な雰囲気は味わえたのですが、そこに込められているメッセージをいまいち読み取れませんでした(T-T)

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

-

何処かで繋がっているんだ。って思えたら、世界はもっと広くて近いんだろうな。
逆燐、カッコイイ!めちゃ売れそう。

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

-

戦闘だけではない戦争を描いている。日常の中にじわじわと入り込んでくる不気味さを感じた。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

-

憧れのズル休みを満喫!しちゃうって、気持ちいいよね(*^^*)

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

娯楽性が高いけど、メッセージがしっかり伝わってくる。
音楽がいい^ ^

氷の季節(2018年製作の映画)

-

豊かさは必ず搾取に支えられている。生き方を考えさせられる。

団地(2015年製作の映画)

-

団地の、とても生活感溢れているんだけど、周りの空間と隔たりがある感じが上手く内容とマッチしていた。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

-

ほのぼの系かと思っていたら、あまりに悲しすぎました。
見終わった後もずっと胸が苦しい。

花とアリス(2004年製作の映画)

-

思春期の女の子の不安定な感じが、とてもきれいに描かれている。

ダイヤルM(1998年製作の映画)

-

えっ、どうなるの?って展開で面白い。クライマックスがもう少し丁寧に描いて欲しかったかな。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

-

発想は良い。
ブルース・ウィルスいつ出てくるのかなぁって、ちょい前置き長かった(^^;

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

-

やはりジム・キャリーはスゴイ!
内容もほっこりなので、誰かと一緒に観るのに◎

俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!(2012年製作の映画)

-

現実の世界も似たり寄ったりなのかなぁ。
アメリカンな下ネタがてんこ盛りだ〜(≧∀≦)

岸辺の旅(2015年製作の映画)

-

何かあるんだ..と観るのだが、やはりよくわからないのでした(T-T)
幸薄そうな女性たちも、なんだか辛い。

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

-

医者なので、頭が切れるのは分かるけど、アクションがすごいぞ!

カムバック!(2014年製作の映画)

-

同僚とのダンス対決💃最高!
どのキャラも人間味があって、サルサ踊りたくなる。
♪(*^^)oo(^^*)♪

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

-

叫んでるシーン多くて、セリフがぽちぽち聞き取れなかった(T-T)

夜叉(1985年製作の映画)

-

キャスティングが最高だし、とにかく田中裕子がめちゃくちゃ可愛い!
田中裕子の魅力全開‼︎

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

-

何がどうなるの?って感じなんだけど、ちゃんと繋がってたー!
個人的には、もう少しコメディーの方に寄って欲しいかな^ ^

ルームメイト2(2005年製作の映画)

-

やっぱり、一作目と比べてしまう。こちらの方が少しB級感がありました。

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

-

ロボットを描くって、人間を描くってことなのかも。

王妃の紋章(2006年製作の映画)

-

これでもか〜って感じの派手な映像。華やかさを楽しむ作品。

ワルキューレ(2008年製作の映画)

-

運もヒトラーの味方だったのか!って思うと辛い。

炎の戦線 エル・アラメイン(2002年製作の映画)

-

上に立つ人が、きちんと現実を見れない組織。
それでも下の人間は付いていくしかない。
虚しい。

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

-

ずっと犯人が分からないのはいい!
主人公の客の扱いが怖いよー。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

-

誰かの犠牲があって、成り立っている社会。
まさに人間の進化のかたちなのかもしれない。
自分の生き方を考えた。原作も読んでみたい。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

-

映画の中の人たちはみんな笑って楽しそうなんだけど、なんか怖かった。

喜劇 駅前団地(1961年製作の映画)

-

ストーリーは単純なのですが、とにかく役者さんが上手い!
なんかほのぼのする^_^

>|