へんりーさんの映画レビュー・感想・評価

へんりー

へんりー

映画(1407)
ドラマ(22)

口裂け女2(2008年製作の映画)

2.5

どっちが続編か!他の作品に関係のないJホラーだ。プロデューサーのせいかな。「口裂け女物語」とかにすれば良かった。
「1978年(カレンダーのよると1977年)」のくせにめっちゃ2008年の髪型とメイク
>>続きを読む

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

3.5

映像は素晴らしい。さすMalick監督だ、アメリカの映画人の中の唯一の映像天才だ!映像と編集が大好きだ、いいセリフも入ってる。
けど内容について・・・結局ただの戦争映画だ。人が撃つ。人が撃たれる。人が
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.5

難しい。ハリウッドの歴史についてのネタは楽しんだ、作風とプロダクションバリュー(冗談に入れたミュジカルのシーンは素晴らしい)もすごいけど結局映画として(ドイツ語のことわざ通りに)魚でも鳥でもない。ちょ>>続きを読む

ラスト・リベンジ(2014年製作の映画)

4.0

2つの全然違うバージョンがある、全部観たよ〜この映画についての情報を調べないと、ずいぶん面白い話だ。
誰でも嫌いな公式バージョンは普通に面白かった。本当にそんなに悪くもない、これだけでも3.5点にする
>>続きを読む

風邪 ふうじゃ(2013年製作の映画)

3.5

スイス人で現在地元にいるよ。武漢コロナウイルスで何もできなくなった。スーパーしか何も空いてない、レストランやバーでも無理だ。ホントに楽しくない時期だから映画を観るしかできない。これちょうど良かった。>>続きを読む

バーバー(2001年製作の映画)

4.0

Coen兄弟。でも何この日本の題名とカバー!!笑 酷くない?
良い映画だ。スタイルで相変わらず成功だと思うし、つまらなくも全然ない、ただブラックコメディーとしても本当に冷たい・・・みんな落ち込まなよう
>>続きを読む

BUG/バグ(2007年製作の映画)

4.5

本当にキツい。演技、編集、カメラワーク・・・なぜもっと知られてないのかな。Friedkin監督が充分有名なのに。少し「Exorcist」、少しZulawski監督の名作のような狂気、ユニークなミックス>>続きを読む

Gagman(英題)(1988年製作の映画)

4.0

数ヶ月前に観たからよく覚えてないけどノートの通りに激しくてよかった。映画マニアが犯罪者になるコメディー、韓国あの時代。

ザ・ハリウッド(2013年製作の映画)

3.5

問題だらけの製作だったらしいんだけど結果は悪くない。作風が好き、スタイルも好き、キャラクターも充分面白い(AV俳優のJames Deenの演技はすごい)、なぜそんなに嫌われてるのは謎だ。僕だってどうせ>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

4.0

90年代ハリウッドSFバカホラーの「Solaris」、本当に楽しかった。キャストもスプラッターもすごい。笑 あの時の深さのないSF映画は恋しい・・・

過去を逃れて(1947年製作の映画)

3.5

ノワールで普通に面白かった、別に文句がないけどいずれ忘れちゃうかな。

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

3.5

Coen兄弟映画で相変わらずスタイルなどを尊重していて普通に楽しんだけどなぜかあまり受けてもなかった。バランスのせいかな。キャラクターもちょっとどうでもよかった・・・けど全然嫌いじゃない。

見世物だ
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.5

なんか気持ち悪い映画だ。好きじゃないのが多いけどかなり楽しかった。アンバランスはすごい・・・あという間にコメディーからホームドラマ・・・あとナレーションとオフボイスもどうでもよかった、別に意味がないく>>続きを読む

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)

3.5

「Dressed to Kill」よりもナンセンスな自己言及映画だけどそれほど楽しくなかった。でも悪くない。

殺しのドレス(1980年製作の映画)

4.0

Hitchcock監督の名作のオマージュ(やパロディー)で何よりもスタイリッシュな作品だけど最後までだんだんコメディーっぽくなる。僕だって漫画のような作風も好きだ。楽しかった!

クルージング(1979年製作の映画)

4.5

当時スキャンダルだったらしい。話題、作風、映像、音楽・・・最初から最後まで素晴らしい映画だ。

深夜の告白(1944年製作の映画)

4.0

やっぱり男は女の奴隷にすぎないじゃないか。せめてフィルムノワールの世界に。笑
うん、楽しかった。主人公二人も最悪の人間だ。

天国の日々(1978年製作の映画)

4.0

これも印象的な映画だ。映像は素晴らしい、ただ最後の10分ぐらいはちょっと弱かったと思う。

フランケンシュタイン(1931年製作の映画)

3.5

当年「Dracula」より遥かに優れた作品だ。ずいぶん楽しんだ。別に深さもないと思うけど、作風が嫌いじゃない、特撮と怪物のメイクも良い。

フューリー(1978年製作の映画)

3.5

え?何このストーリー?何このセリフ?何このナレーション?笑
めちゃくちゃ変な映画だ。意味わからないけど楽しかったよ、最後のシーンも本当に笑った。70年代ハリウッドの謎の映画だ、もうないこういうの。
R
>>続きを読む

氾濫(1959年製作の映画)

4.5

資本主義と浮気、きれいでカラフルな映像と面白いキャラクターで相変わらず素晴らしい。50年代の増村監督は90年代の伊丹監督。社会を細かく解析してからかうことは上手すぎる。

魔人ドラキュラ(1931年製作の映画)

2.5

うわ・・・つまんなかった。なんて雰囲気のない映画だ!時代には関係ない、これは別に良い映画じゃないと思う。ナレーション、編集、演技も。代わりにもう一度「Nosferatu」か「Vampyr」を観たほうが>>続きを読む

地獄の逃避行(1973年製作の映画)

5.0

これは素晴らしい。変わった作風(「シュール」とは言えないのに夢のようだ、主人公のナイーブな世界観を映す)、色、音楽、本当に楽しんだ。この監督の他の映画も観たくなってきた、好み通りだ。

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

1.5

Scorsese監督:「イタリア系のヤバい奴らのヤバい映画をやるぜ!」・・・かな?
つまんないキャラクターのつまんないシーンのつまんない連続だ、全く楽しめなかった。怒ったほどどうしようもない。最後まで
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

んん、難しい。もちろんいい映画だ、相変わらず楽しかったけど、ポン監督作品としては傑作じゃないと思う、「グエムル」などのレベルじゃない。後半に作風が変わってファイナルはちょっと弱くてランダムだ。
アメリ
>>続きを読む

小さき勇者たち 〜ガメラ〜(2006年製作の映画)

3.5

三重県志摩!何回も行ってよく知ってるところだ。しかしなぜキャラクターみんな標準語を喋ってるかい?不自然すぎる。「人魚伝説」を観たらわかる・・・あと相変わらず日本の子供にちゃんとした動物扱いを教える映画>>続きを読む

青空娘(1957年製作の映画)

4.5

爽やかで良かった。増村監督の50年代映画が本当に大好きだ。雰囲気も映像も全部。

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.5

1962年バージョンの方が雰囲気とサスペンス良かった。これも悪くないけど、ちょっとやりすぎだと思う。特にde Niroさんの演技。うーん。恐くない。

恐怖の岬/ケープ・フィアー(1962年製作の映画)

4.0

1962年のハリウッド映画としては激しい!リメイクだけを観たかったけど図書館にあるDVDセットにオリジナル編も入っていてこれを先に観た。サスペンスで良かった。
12歳ぐらいの娘を演じる女優の名前はまさ
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

2.5

スタイルはすごい、特撮はすごいけど・・・楽しくない。個人的に本当に好きじゃない・・・それにしてもクオリティーは認めるよ。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.5

「これはたぶんいい映画だ」といつも思ってて、うん、いい映画だ!

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.0

ハイコンセプトで普通に楽しかったけど信じられないくらい一般的な映画だ。特にAndie MacDowellのキャラクター・・・酷い。なんてつまんない女じゃないか。最後もよくわからない。ああ、なるほど、っ>>続きを読む

ブラッド・シンプル(1984年製作の映画)

3.5

音楽と編集は良い。僕にはちょっと遅すぎる。雰囲気が好きだけどあまり内容がなくて最後もちょっとどうでもよかった。デビュー作としては成功だと思う!

ウォール・ストリート(2010年製作の映画)

3.0

前作と作風が全然違う・・・けどどっちも当時の流行ってたスタイルを映るね。「Die Hard」などと同じように。
残念ながらアンバランスはすごい。Michael Douglasのキャラクターが好きだけど
>>続きを読む

>|