ayakoさんの映画レビュー・感想・評価

ayako

ayako

映画(204)
ドラマ(36)

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.8

三谷幸喜のオリエント急行が面白いだけに、ぜんぜん楽しめなかった。

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

3.6

3作目。1作、2作とセクシーシーンも見慣れて展開も失速するけどジェイミー・ドーナンが格好よすぎ。英国男性の色気がプンプン。あれでブリティッシュアクセントだったら鼻血でる。ダコタの青い目、プレイルームの>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.9

一作目のドキドキ感は少し減って、落ち着いた大人なやり取りが増えてて好き。とりあえずドーナンが格好よすぎ。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

3.9

すごくセクシーで美しい。3部作ありきだから一気見がよい。脚本とかストーリーとかは置いておいて、ジェイミー・ドーナンかっこよすぎ。

フェアリーテイル(1997年製作の映画)

3.3

子供の頃見た映画、美しい世界の儚さとか幼いながらに感じた記憶。
あの頃フェアリー好きだったな。懐かしい。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

ウェスアンダーソンの日本への愛が溢れた作品。だけどメッセージ性の強い作品。もう一度見たい。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

映像美。内容は…
でもコミュニケーションってなんだかんだで言葉でしかしえない、理解をするためには言葉しかないことを改めて感じた。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

ボスベイビーなめたらいけない。絶妙な可愛さにハマる。

お早よう(1959年製作の映画)

3.5

ほっこり。音楽がいい。
セットなのか本物なのか知らないが、住宅地の風景の切り取り方とかが、小津映画らしい。

ライフ・アクアティック(2004年製作の映画)

3.4

相変わらずの映像美。所々に挿入されるアニメーションのポップさと実話が元になってるストーリーのギャップがまたウェス・アンダーソン的。船の断面模型的な演出はにやける。ただ展開についてくのがちょっと大変(字>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.6

3作目。失速感は否めない。けれど、9年後?という長い年月を経ても同じ俳優によって描かれる、恋人を越えた家族としてあるべき形とそれでもなお恋人としての相手を求める葛藤の様は、当事者のように感情移入してし>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.7

最高!コリンファースの格好よさ。展開。ユーモア。モーションの美しさ。最高。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

4.2

もう、最高。ほんとにコリンファースが素敵。あり得ないでしょって展開沢山あるけど、このシリーズはもう全てにおいて許される幸せな映画。
ヒューグラント不在なのが気になっていたけれど、不在だからこそ出来た作
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.0

思ってたほどの感動はなかったけれど、何か根底で繋がれる友達は素敵だなと。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.2

号泣。大堂だけど丁寧に「愛」を描いてる美しい映画だった。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.3

ディカプリオのいたずらな顔が役にぴったり。ストーリーは割と単調。

トイレット(2010年製作の映画)

3.7

外国人と日本人のアンバランスさが、内容ともうばっちり。面白いね。

SAINT LAURENT/サンローラン(2014年製作の映画)

3.3

たんたんとサンローランを描く。フランス映画って感じ。もう少しドラマティックに描いて欲しかった気もするけど美しかった。

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

3.8

こちらは面白い。2より面白い。東京家族よりこっち。

東京家族(2012年製作の映画)

3.3

山田洋次監督の作品の中ではちょっと不作かな…

>|