ともぞうさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ともぞうさんの鑑賞したドラマ
ともぞう

ともぞう

ブラックドッグ ~新米教師コ・ハヌル~(2019年製作のドラマ)

4.0

教師版ミセン。生徒との関わりより教師同士の話がメイン。生徒のためになることをしてあげたいと言う進学部の人々の思いに心が熱くなるし、韓国の教育事情がよく分かった。パク部長の厳しくも愛あるコハヌルへの指導>>続きを読む

0

スイッチ(2020年製作のドラマ)

3.7

阿部サダヲと松たか子の掛け合いは、本当に面白いし、楽しい。脚本もよくまとまっていて、秀逸な2時間ドラマ。

〈あらすじ〉
元恋人同士の検事・直(阿部サダヲ)と弁護士・円(松たか子)が対峙しながら事件を
>>続きを読む

0

佐藤家の朝食、鈴木家の夕食(2013年製作のドラマ)

3.0

LGBTもの。2人の母親に育てられる男子と2人の父親に育てられる女子。俳優の演技力ないため全くリアリティが感じられず、脚本が悪いから心に残る中身もなく終わってしまった。

〈あらすじ〉
2人の母と共に
>>続きを読む

0

「極主夫道」爆笑!カチコミSP(2022年製作のドラマ)

3.0

劇場版が公開されるので、ドラマの復習というか映画で初めて観る人用の予習版。

〈あらすじ〉
ドラマ最終回から1年半後の世界を描いた本作では、龍と美久の娘・向日葵に彼氏が出来たり、龍のライバル・虎二郎と
>>続きを読む

0

シグナル 長期未解決事件捜査班スペシャル(2021年製作のドラマ)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

20年前と現在の刑事が無線で繋がる。最後は真犯人がしっかり捕まったが、大山刑事も撃たれる衝撃の結末。テンポの良い展開で楽しめた。

〈あらすじ〉
廃棄されるはずだった古い無線機で、熱血刑事の大山剛志(
>>続きを読む

0

君と世界が終わる日に 特別編(2022年製作のドラマ)

3.0

ウォーキングデッドの劣化版。日本のゾンビ映画は演技がわざとらしいせいか、どうにも白々しく感じてしまうのは偏見か?それでも、どんな脚本でもそれなりに面白くなるのはゾンビというコンテンツの凄さだと改めて思>>続きを読む

0

今、私たちの学校は...(2022年製作のドラマ)

3.5

韓国版ウォーキングデッド。本家よりゾンビの動きも早く、テンポも良い。ミサイルで死ななかったハンビ達のことが気になる終わり方。シーズン2が楽しみ。

0

イカゲーム(2021年製作のドラマ)

3.3

イカゲームのイカは本当に烏賊のことだった。ゲームに勝てば大金、負ければ即死。よくあるカイジのようなデスゲーム系。
世界中でなぜそこまで盛り上がるのかはよく分からなかったが、第6話のビー玉では不覚にも泣
>>続きを読む

0

全裸監督 シーズン2(2021年製作のドラマ)

4.7

オラオラのシーズン1から一気に雰囲気が変わって、凋落のシーズン2。ピエール瀧を気にせず使うNetflix。
自分の夢のために、周囲の人を傷つけても突き進んでいく。傷つき離れていく人もいれば、離れられな
>>続きを読む

0

全裸監督(2018年製作のドラマ)

4.2

AV全盛期に自分は大学生。レンタルビデオ屋が至る所にできて、黒木香がワキ毛の女王としてTVに出ていたことも覚えている。
村西監督以前はAVはワンパターンだったが、奇妙な言葉を操りながら監督自身がハメ撮
>>続きを読む

0

微笑む人(2020年製作のドラマ)

4.0

ちょっと安っぽい演出が気になったが、けっこう面白かった。松坂桃李は不気味な笑顔が上手い。
最後、自分の理解力が足りないからか小学生時代の抄子が人格形成に関わったのか関わってなかったのか、イマイチよく分
>>続きを読む

0

北の国から '87初恋(1987年製作のドラマ)

3.7

田中邦衛さん追悼番組で再鑑賞。
この87初恋を生で見た時は大学生。当時も父親の苦悩と息子の葛藤は理解していたつもりだったが、やはり純くん目線だった。今回は五郎さんに強く感情移入していた。自分の年齢や立
>>続きを読む

0

ミセン-未生-(2014年製作のドラマ)

4.7

登場人物が皆、役にピッタリで面白かった。驚くような荒唐無稽な事件は起こらないが、実際にありそうな出来事の構成はリアルだったし、無駄な恋愛シーンが挟まってこなかったのも高評価。
男女差別、セクハラ、パワ
>>続きを読む

0

スタートアップ: 夢の扉(2020年製作のドラマ)

4.8

序盤のスピーディな展開が良く、一気に引き込まれた。中盤からの恋愛メインで中弛みしたものの、最後はいろいろと大円団。
挑戦することに前向きになれる素敵なドラマ。
個人的にはハン常務が好きだったので、ハン
>>続きを読む

0

サンガプ屋台(2020年製作のドラマ)

3.4

最初の方がワチャワチャしてたが、中盤からドンドン面白くなっていった。
もう少し人情ものに寄せて、わかりやすくした方が視聴率がついてきたんじゃないかな?
でも、いつも思うが、韓国ドラマは脇役も皆が個性的
>>続きを読む

0

高校教師(1993年製作のドラマ)

4.5

桜井幸子が本当に可愛かった。
次から次へといろんな事が起こり、見入ってしまった。
あと、森田童子の曲も良かった。

0

教師びんびん物語(1988年製作のドラマ)

4.0

田原俊彦の大袈裟な大根役者っぷりが全開だが、それがかえって振り切れていて楽しめた。
名言も多く、けっこう号泣したなぁ。

0

サンキュー先生(1980年製作のドラマ)

3.5

ヤクザなど癖のある脇役で良い味を出す西田敏行が先生役。
西田敏行の不器用な熱血ぶりが良かった。
タイトルのサンキュー先生を子供だったので、「ありがとう」だと思っていたが、産休(あまり長く児童と関われな
>>続きを読む

0

熱中時代2(1980年製作のドラマ)

3.2

ノリがシーズン1と同じなので、若干マンネリ感があったかなぁ。

0

熱中時代(1979年製作のドラマ)

3.8

自分の中の水谷豊は、この熱中時代の北野先生のイメージのまま。
訛ってて、不器用だけど、一生懸命という。
ちょうど金八先生と同じような時期に放送してたこともあり、対比も良かった。

0

3年B組貫八先生(1982年製作のドラマ)

3.5

放送時、自分も中3。
川谷拓三の先生役は異色だったなぁ。
それまでは仁義なき戦いなど下っ端のチンピラ役のイメージだったので、教師には違和感ありまくり。ぶきっちょな演技もハラハラするレベルだった。
まあ
>>続きを読む

0

2年B組仙八先生(1981年製作のドラマ)

4.2

放送時、自分も中2。
前シリーズの胸熱な金八先生から一転、さとう宗幸の穏やかな人柄通りの穏やかなドラマ。
金八先生のようなド派手な事件は起こらないが、学校で起こる日常を和気藹々と見せる。派手さはないの
>>続きを読む

0

3年B組金八先生 第2シリーズ(1980年製作のドラマ)

4.8

前シリーズの爽やかな新八先生から一転して、ヘビーな金八先生。当時、社会問題化していた校内暴力をテーマに。
腐ったミカン、中島みゆきの世情、武田鉄矢のアドリブのビンタ…。名シーンの数々に何度も号泣し、胸
>>続きを読む

0

1年B組新八先生(1980年製作のドラマ)

3.5

放送時、自分も中1。
前シリーズが武田鉄矢で中学生の妊娠を扱った重いテーマだったので、大きな事件は起こらないが、若くて爽やかな先生がハツラツと頑張るこのドラマは箸休め的に好きだった。
岸田智史を見ると
>>続きを読む

0

3年B組金八先生 第1シリーズ(1979年製作のドラマ)

4.2

放送時、自分は小6。
中学生が妊娠する(しかも、不良ではなくて真面目な生徒が)という話は、当時としてはけっこう衝撃だった。
たのきんトリオや三原順子がアイドルになり、大人気になったのも懐かしい。

0

THE MENTALIST/メンタリスト<ファイナル・シーズン>(2015年製作のドラマ)

4.0

北斗の拳でいうとラオウが死んだ後みたいなシーズン。
まあ、シーズン6で終わってたら、残念で虚しい終わり方になってたから、最後はリスボンと幸せになるハッピーエンドで良かったと思う。

0

THE MENTALIST/メンタリスト<シックス・シーズン>(2014年製作のドラマ)

3.5

レッドジョンの正体に急ピッチで近づいていく。そして、真犯人との決闘。
ここまで楽しませてもらったドラマにケチを付けるのも申し訳ないが、本物のレッドジョンが「残念だよ」の一言。
死に方も呆気ないし。
>>続きを読む

0

THE MENTALIST/メンタリスト<フォース・シーズン>(2012年製作のドラマ)

4.2

あの殺した奴はレッドジョンじゃなかったというのは、ちょっと強引だなと思いつつ、変わらず見続けてしまった。
でも、いくら本物に心を操られてるとしても、いかにも本物風になって、わざわざ殺されにいくか?とい
>>続きを読む

0

THE MENTALIST/メンタリスト<サード・シーズン>(2011年製作のドラマ)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最終話は、ドラマ全体の中でも最大の見せ場だった。
このレッドジョンの偽物はなかなか良く、雰囲気が本物よりレッドジョンぽかった。
でも、レッドジョンが死んで、次のシーズンからどうなるんだろう?と心配した
>>続きを読む

0

THE MENTALIST/メンタリスト<ファースト・シーズン>(2008年製作のドラマ)

4.5

面白いドラマ。
表情や仕草からウソを見破り、あっという間に犯人を挙げていく。
心理学の要素が興味をそそるのとレッドジョンとの対決がスリリング。
最終話まで見て、もう一度最初の回の吹き替え版を見ると口調
>>続きを読む

0

なぜ君は絶望と闘えたのか(2010年製作のドラマ)

4.0

山口光母子殺害事件。
新婚の奥さんと生まれたばかりの赤ちゃんを18才の奴に殺され、テレビで理路整然と死刑を訴え続けた旦那さんのことは、よく覚えている。
その旦那さんを眞島秀和が好演。本人に見えた。
>>続きを読む

0

不毛地帯(2009年製作のドラマ)

4.8

骨太の経済ドラマ。
個人的にはめちゃめちゃ面白かったが、視聴率はあまり伸びなかったようで残念。経済ドラマはやっぱり分かりにくいんかな。
原田芳雄の大門社長と敵役の遠藤憲一は本当に素晴らしかった。

0

白い巨塔(2003年製作のドラマ)

3.8

白い巨塔、平成版。
唐沢寿明、江口洋介の軽さは昭和版を知ってる者からするともう一声。
ただ、西田敏行の怪演は強敵の曽我廼家明蝶も吹っ飛ばしたと思う。
あと、アメイジンググレースが胸に染み入った。

0

白い巨塔(1978年製作のドラマ)

4.2

白い巨塔、昭和版。
鬼気迫る迫力はやはり田宮二郎。
ドラマの撮影が終了後、田宮二郎は自殺。当時、自分は小学生だったが、その自殺のニュースは未だに覚えている。
配役も山本學の生真面目さ、太地喜和子の愛人
>>続きを読む

0

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)

4.2

父親の復讐を胸に外食トップの親子に挑む主人公。仲間を大切にしながら、自分たちの店(会社)を大きくしていく所はとても面白かった。
ただ、好みの問題だけど、自分は恋愛の部分は要らなかったかな。
しかも「俺
>>続きを読む

0
>|