のりさんの映画レビュー・感想・評価

のり

のり

阪神淡路大震災で、明日があるかなんてわからない。後回ししてたのは?旅行でもなく、食べ物でもなく、あの映画も、あの映画も観てないでした💦💦
かれこれ、20年以上経って、その頃観た映画の感想も記録していきたいです☺️
最近は、自然災害が多く、こうやって映画を家で観れるのは幸せなことです
携帯自体、使いこなせてないので、失礼があれば、すみません🙏

映画(119)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

すごく、すごく良かったです
冒頭からワクワク、ドキドキ
ラミ・マレック、全く知らない俳優さんでしたが、画面から一瞬も目が離せなく
フレデイ・マーキュリの魅力を余すところなく表現していたのでは、現に、ク
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

この映画の原作が、イギリスの児童文学と知って、
子供の頃は、絵本とか、児童文学に全く触れずにいたので、こういう作品を小学校の頃にもし読んでいたとしたら、今の自分とは、また少し違っていたのかな?

今の
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

韓国映画は、一言で言うと骨太かな、鬼気迫る演技で、なんて思ってたら、この映画自体、極秘裏に進められたそうです。政治的背景があるようですが、それでも、役者さん、監督、スタッフ、どうしても伝えたい、伝えな>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

不思議な世界、コリン・ファレル、が雰囲気によく似合っている。無気力、受け身な感じが、お腹の出ぐあいが、
シングルは施設に入れられる、社会生活に戻る為には、カップルになること、同性愛も認められる、二人
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

3.8

死刑囚と教誨師、暗く、重い話だろうと身構えていたら、所々笑えたりもする。もっと、自分の罪の大きさに後悔して、赦しを乞うのかと思っていたのだが、

過失ではない限り、被害者意識があるのかもしれない、
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.5

最近、ドキュメンタリーで、解決できそうにない重いのを観たので
メキシコの麻薬カルテルの、残虐な話にそれなりの解決をみて、ある意味スッキリした。
でも、気になって、ネットでメキシコの現状見たら、実際の世
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

5.0

コバニは、IS に占拠され、壊されたシリアの町。一部解放後、町に戻り瓦礫の中、20歳の女性が、手作りのラジオ局を立ち上げる。町の復興の様子、人民防衛隊の女性戦士の話、音楽での癒しなど
彼女の目線だか
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

5.0

中東でおこっていることは、よくわからない、民族が違う、宗教がからむと難しい、、等
対岸の火事でしかなかったシリアのラッカでおこっていた事実。
ニュースで聞いても、聞き流していたがこれを観て、驚きと共に
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

あ~、ダメでしょトム、そこで証拠となる銀のガラガラ大事に持ってたら、私なら埋めるか流すか、、、
ここでもう、トムの人柄が出てしまっていますね。
妻は愛しているなら、嘘を突き通し、守ってくれると信じてい
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

5.0

私にとって、アキ・カウリスマキの映画は、マッティ・ペロンパーの存在なくしては、、と、疎遠に
小津映画の、笠智衆ですね
この作品観たら、やっぱりいいですね
観てる間中、ずっとウルウル
音楽がやっぱり素晴
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

雨の日は会えない、晴れた日は君を思うを、思いだした。日常に側にいるのが、当たり前の人、それがある日、突然いなくなる?いなくなる?いない?

この母親も泣けない、泣けたら楽なのに、、こんなに愛してたのに
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.0

冒頭、自由に走り回る動物達、颯爽と自転車で駆け抜けるアントニーナ、お客様もカラフルなファッション、こんな日々が続くはずだったのに、、、

気になったのは、ヘックとアントニーナの関係、旦那様にも、あの男
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

やはり、クリント・イーストウッド監督の作品は熱量があり、観てる私も感化される。
大きな目的に向かって人生に導かれる
祖国、家族、友達を愛する純粋な若者なら、その思いは強いはず、そして、神にたいしてもそ
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.3

ルーニー・マーラ演じる、ローズ・クリア
自分の人生を思わぬ方向に進ませるゴードン神父との出会い
「目を見るな、男を誘う」
「男の目を見ていいのは妻だけ」
アイルランドの土地の風習。彼女のもろともしない
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.3

金髪、サングラス、ヒールの彼女が歩くと、男達が振り返る
バツイチの弁護士、そんな彼女が、偶然携帯を拾ってくれた、身長136センチの彼と付き合う
レストランに行けば、好奇な目で見られ
親や友達には、紹介
>>続きを読む

負け犬の美学(2017年製作の映画)

3.5

途中までなら、こんな負けっぱなしの稼ぎの少ない旦那さんのどこがよくて結婚したのかな?とか
娘、(すごく可愛いくて、いい子)
お父さんのこと恥ずかしくないのかな?なんて思ってたら、もう、最後になるとなん
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

あまりに色々な要素つめ込みすぎで、それも深いから、とまどってしまう

父と娘の関係に絞ってみると、殺人者、弁護士、立場が違うけれど、お互いに娘を思う気持ちでリンク
実の父にレイプされ、それを生活の為に
>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

4.8

やっぱり、小津さんの映画はいいですね
小津さんにはまってた頃、一通りは観てたはずなんですが、観る年代によって自分の置かれてる状況も変化、
でもどんなに時代を越えても、人間の日常、営みは変わらない
夫婦
>>続きを読む

まともな男(2015年製作の映画)

3.8

とても身につまされる映画、男の人ならよけいにかな
監督のテーマが、自分が犯した訳ではない犯罪に気付いた時、人はどうするか?どの時点でただの傍観者ではなく共犯者になるのか?なるほど!

私はボタンの掛け
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.5

同じ親から生まれ、環境も同じなのに何故?は、よく聞く話
ここまでわかりやすく対極なのは、どうかな?とか思いながらも面白くひきつけられた
4人の中に、大なり小なり自分がいるからかな
後悔先に立たず、映画
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

とにかく景色は美しい、エリオも美しいただ私が思うLGBTはあくまでも大人同士の付き合い、お互いがリスクを承知のうえで付き合う
オリヴアーは、期間限定で去っていく
エリオはその思い出の場所で過ごすことに
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.0

観てすぐにイーサン・ホークこんな役出来るんだ、でもやっぱりふとした時に、隠しきれないセクシーさがでてしまう、とか、
サリー・ホーキンス、こういう役似合うよな、とか
次に浮かんできたのは、あの質素な暮ら
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

現代のシンデレラガールになるには、美貌だけではなく、知性が必要ですね
レイチェルの最初のポーカーのシーン、心理戦で何も揃ってないのに勝利
そして、ラスト麻雀でニックの母との対決
最後の賭けに出たと思う
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

2.0

デンマークは、物乞いが本当に多いらしい、映画の為の誇張かと思っていたら、ルーマニア出身のラマ人らしい、イメージとの違いに驚く。
とても後味の悪い映画、主人公の男の優柔不断な性格には終始腹が立った
モン
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

1.5

テーマが殺人者は人並みに生きることを許されるのか?なら
無免許で子供を殺してしまった
友達を自殺に追いやってしまった
子供の頃に子供を殺した
この、3つの設定では意味合いが違ってくるのでは
瑛太は明ら
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

4.0

ずいぶん前に観て、感想書きたいけど
思い出すだけで悲しくなる
吉高由里子があまりに全て可愛くて、その中でもカーテンで見え隠れするシーンが未だに印象に残っている
世之介と結婚、子供が2、3人、天然で可愛
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.8

これは素晴らしい、期待以上、心が暖かく、切なく、自然に涙ぐむという、不思議体験をしました😂
主役のカイルと監督のデイブは小学校では違うクラスに。面白くて人気者がいると、意識、友達に、そしてお互いに映画
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

映画でここまで、オナラを連発、気持ち悪い場面も多数、エロい会話も満載
しかし、バスのシーンあたりから、とてもいい、なにこの切なさと、美しさは💦
きれいは汚い、汚いはきれい
女には理解出来ない、男の思春
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.5

女優さんならやりたい役ですよね
太鳳ちゃんは優等生、元気な明るい女の子のイメージだったからギャップがいいんでしょうね😄ダンスができるのも強み
さて、本題です
もし私が、綾瀬はるか、北川景子の顔に変われ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

やっと観れました
期待以上に大満足でした
本はあまり読まないので、偉そうなことは言えないですが、もっと一冊の本に真摯に向き合わないと、と思わされました
たくさん読めば、本物、偽物の区別がつくのかな?集
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.3

サルーには素直に良かったと思える☺️その一方で、段ボールを差し出してくれた男の子
施設でいい所よと後押ししてくれた女の子
どうなったのか?運命の違いを思ってしまった
養子縁組の両親から愛情をもって育て
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.5

感想がある意味書きにくい作品
バランスがよすぎるのか?
適度な友情、恋愛、家族、そして黒人、女としての偏見、差別
あまりに自分とかけ離れてるせいか?
でも、映画ではあらゆる人に感情移入できるからこそ、
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

松岡茉優の可愛さをもってしても、こんな面倒な女子嫌だな
何が大人になることかはわからないけれど、勢いで嘘ついたり、会社辞めたり、女友達許さなかったり、淋しいと二呼び出したり
現実の恋愛したら、なにか変
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

自分は何者?愛とは?創造とは?親子とは?お金とは?詩とは?人生とは?
普通に我々が悩んだりする事を芸術家が映像にするとこうなるのかと👀
人生の意味は?頭は質問するが心は答えを知っている
父は何も与えな
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.0

ルビー スパークス観てからお気に入りの女優さん、ゾーイカザン😍
知らずに観たから、嬉しかった、可愛くて知性的。
国、家族、宗教、道徳、日本では考えらいぐらいハードルが高い、結婚に対する考え方も、全く違
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.5

ずいぶん若かりし頃、アメリカンジゴロ リチャードギア主演、観た後しばらく
私も年いってお金出来たら、是非リチャードギアに、エスコートしてもらいたいものだわ、と、それぐらいに年上のおば様相手に会話、
>>続きを読む

>|