のりさんの映画レビュー・感想・評価

のり

のり

阪神淡路大震災で、明日があるかなんてわからない。後回ししてたのは?旅行でもなく、食べ物でもなく、あの映画も、あの映画も観てないでした💦💦
かれこれ、20年以上経って、その頃観た映画の感想も記録していきたいです☺️
最近は、自然災害が多く、こうやって映画を家で観れるのは幸せなことです
携帯自体、使いこなせてないので、失礼があれば、すみません🙏

映画(84)
ドラマ(0)

アノマリサ(2015年製作の映画)

3.6

摩訶不思議な世界、薄気味悪く、不快感まで
俳優さんの演技を観たいので、映画を選んだりするので、スルーする作品のはずでしたが
妙に面白く、観て良かったです
内容は、他の方のレビュー、解説読んで理解しまし
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.8

過去に観て記録しておかなくてはいけない映画の一本🙆
かれこれ何十年前、映画好きの友達に勧められる。絶対泣ける。
確かにいい映画、でも泣ける?
が、ラストのあのシーン、思わず嗚咽😭

ワクワクもドキドキ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.5

評価もいいし、新しい試みみたいなので、頑張ったけど、寝てしまうからわからないのか、わからないから寝てしまうのか
3回チャレンジの結果、諦めました😓

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.0

奥さんの身になったら、彼女の存在は、なかなかきついかな
二人は、生きてる時は、幸せで満ち足りた時間を過ごしてたはず
それなら、死んだ後の世間体、私に下さいと
旦那奪われ、なかなか相手の気持ちには寄り添
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

途中まで、トムハンクスとメリル・ストリープの関係もわからないまま視聴😅
ワシントン・ポストもニューヨーク・タイムズも、よくわからないまま💦
それでも、やはり、メリル・ストリープは凄い女優さんですね
>>続きを読む

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

2.8

他の方のレビュー見たら
当時、ゴーギャン43才、テフラ13才
これには、ビックリ
今なら問題になるのでは?
芸術なら大丈夫なのか?
彼の孤独よりもそこが気になってしまいました😅

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

美術館にもあまり行ったこともなく、ゴッホ=凄い画家ぐらいのイメージでしかなくて
ただ、昔から芸術って?
絵の上手い人はいくらでもいるのに、何か一線を越えるものがあるのかな?
身近に絵を描いてる方がいて
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

最初から暗いムード
何か訳ありな男
徐々にその理由がわかってくる
人間は一度は必ず死ぬ、それは逃れられない事実、しかし、大きな後悔をして迎える人とそうでない人がいる
何で読んだか、聞いたか忘れたが、そ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

樹木希林さんの映画を映画館で観なくては😢
女優二人が素晴らしかったです
樹木希林さんの海辺でのつぶやき、何を言ってるのかはわからないが、あの表情から読みとれる色々な思い、たぶん観
てる人それぞれにゆだ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

遅ればせながら映画館へ
面白いと評判、面白くなかったら、感性疑われるかと、ちょっと緊張
声が聞き取りにくく、こもるせいかな?と心配
途中から面白くて、久しぶりに映画館で笑った
そして、ラストなんと涙が
>>続きを読む

隣の女(1981年製作の映画)

4.3

まだ若かりし時に観て、本当にドキドキした
日本の恋愛ものは、何故恋に落ちた?
運命の恋?
なんて理由がいるけど、フランス映画は女優の美しさ、色っぽさで納得させる力がある
今、観たらどう感じるのか、観て
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

3.3

ラストの女の嗚咽
男のこらえる涙
これで、ただの不倫ものではなくなった
捨てるのも、捨てないのも、同じぐらい切なく感じた
でも、やっぱり、仕掛けたのは男だよね
こんなに好きにさせておきながら、の恨み節
>>続きを読む

スワンの恋(1983年製作の映画)

3.3

ジェレミー.アイアンズとアラン.ドロンの組み合わせにビックリ
2度見して確かめました
貴族、芸術、審美眼、教養、私には全く縁のない世界
生身の人間の女に何かを求めても、自分のあの時の思い出に浸るしかな
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

ジェイクが出てると、期待値があがる
そして、素晴らしい

彼女の後悔と自己嫌悪は、一生ぬぐえないだろう、女として小気味良い
自分に捧げられた本なんて、常に彼女にまとわりついて、頭から離れないだろう
>>続きを読む

白い闇の女(2016年製作の映画)

2.5

不幸癖の女性と関わると、ろくでもない
監督の旦那は殺され、社長は恥ずかしい動画を撮られ、記者は家庭崩壊、
そもそも、旦那のあんな頼み、聞いた時点で別れるのが普通の女
そうそう、馬まで殺されてた!

子宮に沈める(2013年製作の映画)

2.5

赤ちゃん産み落としたり、シングルマザーが、子供虐待したり、もちろん母親は悪い
しかし、父親の責任をもっと、追求出来ないのかなと、思う
追い詰められるのは、女ばかりで、男は知らん顔かい?
宝物のように大
>>続きを読む

東京暮色(1957年製作の映画)

4.5

とにかく暗い、救いがない
しかし、ラスト希望の光を見た、という嘘っぽい感想を持たせない、潔さ
人生、救われない人もたくさんいるのだから、映画が娯楽ではないと証明してくれてる作品ではないでしょうか

海炭市叙景(2010年製作の映画)

4.5

これは、軽々しく書けないので、もう一度観てからにしよう
ここまで、暗く、切なく、そして、救いがないからこそ、感動した数少ない映画

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

2.5

落ち着くとこに、落ち着いたかな、という感想
自分でも何を求めているのやら😓

海を感じる時(2014年製作の映画)

1.6

池松壮亮は、ここまでやれる俳優かと、オファー殺到
市川由衣は、なんだここまでしないと、主役とれないのかと
観てる人に、可哀想とおもわれたら、ダメですね💦

シークレット・サンシャイン(2007年製作の映画)

4.5

これも、昔観て今でも心に残っている作品
宗教は辛い思いをした人が、最後にすがる砦
なかには、救われる人もいるだろう
赦されたと思う人もいるだろう
しかし、救われるのも、赦されることもやっぱり、この世で
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

4.5

昔観て、凄い映画観たなと今でも記憶に残っている
母親とはこういうもの、子供は平等にみんな可愛い
だって、自分のお腹を痛めて産んだ子でしょ
という、先入観を見事ひっくり返してくれた
もちろん、あの母親が
>>続きを読む

男と女(1966年製作の映画)

2.5

子供、あんな小さな時から、寄宿舎いれるんだとビックリ
あんな綺麗な女性がいたら、恋に落ちるのは仕方ない
しかし、彼女、また危険なレーサーとお付き合いしたら、心休まらないのでは

等々、覚めてる自分発見
>>続きを読む

主婦マリーがしたこと(1988年製作の映画)

4.5

昔観たのに、いまだに記憶に残っている
主人公が、イザベル、ユペールだったのも最近知って、やっぱり凄い女優さんだなと思う
もとは、人助けのはずでも、お金がからむと、人は誰しも欲がでるのでは?
反対の立場
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

4.5

ラストシーンが鮮やかに思いだせる映画
以前は謎解きに、ああでもない、こうでもないと、頭悩ましたけど
時間経って思い出すと、ラストの美しさ切なさ、そして、完璧な映像が浮かんでくる、空気感まで
観ていない
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

1.5

怖いもの見たさで観賞
ん~、これに参加した役者さん凄いな
脚本と監督一緒なんですね
カメラ越しでは、なんでも要求できるのか?と、不安になった🙄

まぼろし(2001年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

海で夫が行方不明に、事故?自殺?蒸発?
うつ病であったのがわかったり、養老院での義母との対立、彼女の辛さに感情移入、どう立ち直るのか?そういうテーマと思っていた
水死体にも夫と認めずラスト、彼の幻?に
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.0

自分らしく生きるのは素晴らしい、まして、世間との価値観が違えば違うほど
主人公の二人の勇気に感情移入

しかし、旦那様のことを思うと、複雑な気持ちでした😓

バタフライ・キス(1995年製作の映画)

3.3

ずいぶん昔に観たけれど、今でも孤独ということを考えると、思い出す映画
せめて、神だけは私を見ていて、人殺しをする私を裁くはず、罰を与えるに違いない、それを確かめるための殺人

身体中のピアスが、その切
>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

4.5

ラストの解釈がなかなか納得する答えが見つからず、モヤモヤがいつまでも
死ぬとわかっていても、相手に自分の気持ちを伝えるのが、よいのか
そういう感情に、巻き込まないのが、よいのか
どちらにしても、彼女へ
>>続きを読む

ラスト・プレゼント(2001年製作の映画)

4.5

愛する人の側にいて、もう見守れないとわかった時、わざと距離をおく、その辛さは計り知れないだろう
彼を好きになったエピソード
今は、だめ亭主でも、あの時のあの思いがあるからこそ彼を信じている
その一途な
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.5

最近、日本のスポーツ界では、不正が多くて、いろんな思惑があるかと思うと、選手がかわいそうで

家族、友達、コーチ、全ての思いを背負って、努力がちゃんと認められる世界にいる、ビリーに心底、ホッとしました

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.5

弱者に手を差しのべるのは、やっぱりその痛みが分かる弱者だけなのか
そして、善意の気持ちを拒否されても
ゲイであるだけで、暴力の的になってもそれらを受け止める強さに、今までの彼らの苦労が伝わってくる、そ
>>続きを読む

離愁(1973年製作の映画)

4.5

高まる鼓動、彼の目を見たい、触れたいその気持ちをおさえる、悟られないように自然に、知らない人として、通りすぎれますように
それなのに何故?
それよりも、喜びが一気に溢れだす

昔に観て、ラストにすごく
>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

2.5

パラレルワールド、難しくてわからなくて、
過去の後悔、あの時ああしていればとか
分岐点にいつまでもこだわって、前に進めない人が、自分の為に創り出した、妄想のもう一つの世界

夢もロマンもないか🤔

>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

2.0

周防監督、すごく楽しみに以前映画館へ
なんだ、これは、奥様と結婚して、出演されてる作品は、いかがなものかと思った、過去の作品がいいだけに残念💦
日本人だけに受ける映画じゃなく、世界に通用する映画を何故
>>続きを読む

>|