典子さんの映画レビュー・感想・評価

典子

典子

映画(79)
ドラマ(0)

羊の木(2018年製作の映画)

3.2

キャスト、ストーリー設定は良かったのに、内容がいまいちで勿体ない。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.4

1作目が面白くて、期待して2作目を観たら、まさかのゾンビ映画になってて、がっかり
期待せずに3作目を観たら、少し復活していて、思いの外楽しめた

友罪(2017年製作の映画)

3.3

佐藤浩市、瑛太の演技に拍手👏
犯罪歴のある家族の役が、本当に上手い役者さんだと思った
ただ、全体的に色々な要素を取り入れ過ぎた為に、話がぼやけてしまったかな

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大人になったクリストファーロビン
仕事に追われ、家族の為にがむしゃらに働くが、それとは反対に家族の気持ちが離れていく‥ なんか日本にもよくある話だと思った
プーさんと再び出会う事で、次第に何か忘れて
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

新参者シリーズは、ドラマ時代から好きでした
最終章らしいストーリーで、謎も解けて、さすが東野圭吾って感じ
エンドロールは、ドラマ時代の登場人物が出てて、懐かしかった

ノートルダムの鐘 II(2001年製作の映画)

3.5

ストーリーは良かった。
何よりカジモドが幸せになれたのが良かった。
ただ、IIは絵が雑?
Iに合わせてくれてたら、もっと感動出来たのかも。

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.0

授賞式に向かう旅の途中で出会う人たちが、個性的で面白い。
最後は家族の愛に包まれ、ほっこりした気持ちになれる作品。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

体当たりで頑張ってたトムクルーズに拍手👏
前作を超えるアクションに、大満足!

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.8

考えさせられる深いテーマのある作品。
これもひとつの究極の愛のかたち

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

映像が、動くゴッホの絵といった感じで、何とも斬新だ。
内容も、ゴッホの死の真相を追うサスペンスの様で面白い。
映像を観るだけでも価値がある作品。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

思っていたのと違っていたけど、若者3人の出会いから描くというのは、これはこれで良いのではないかと思う。
当事者本人の起用は面白いし、何気ない日常にも、偶然事件に遭遇する事はあるのだという事をリアルに感
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

色々と突っ込みどころがあるにせよ、映画の最後は綺麗な話にまとまっていた。

エンディングに流れる松たか子の歌声が、心地良い。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

見終わった後、スッキリはしない。
各々登場人物の感情が交錯する作品。
悲しみや憎しみばかりでは、生きて行くのが辛過ぎる‥
他人の優しさに触れた時、人は少しずつ変わっていけるのかも知れない

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

実話と知った上で観たので、より話に引き込まれた。
サルーを養子として迎えたオーストラリア人の夫婦に感銘を受けた。
同時にインドの実態を知り、衝撃だった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

映像と山下達郎の音楽は好みだった。
ストーリーはイマイチだったかな。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

面白かった。
アクションシーンも迫力があって良かった!
ハンソロと言えばハリソン・フォードだけど、若いハンソロ役を演じたオールデン・エアエンライクも違和感なく見れた。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

個人的には、前作の方が良かったかな。
次回作に続く為の繋ぎとして観れば、まあまあって感じ。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

キューブリック独特の世界観
狂気的、暴力的シーンが多い前半からの、まさかのストーリー展開が衝撃的だった。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

キューブリック監督作品、初鑑賞
映像の撮り方、音楽が精巧だった
他の作品も観てみたくなった

狂気が満ちてくるジャック・ニコルソンの怪演はさすがだ!

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才少女メアリーをどの様な環境で育てるのが彼女にとって幸せなのか?
グッドウィルハンティングを思い出した

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

是枝監督らしさが出た作品
安藤さくらの演技がとにかく凄かった

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

松田龍平の宇宙人役、いい味出てて面白かった。
ストーリー展開に途中無理があり、違和感を感じるけど、長澤まさみで保ってる感じ。
言葉の概念を奪う‥ 不思議とハマってしまった笑

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

歌とパフォーマンスが最高だった!
冒頭から惹きつけられる

映画館で観て欲しい作品

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.7

恩は返すのではなく、繋げていくもの‥
素敵な考え方だと思った
ペイ・フォワードが浸透すれば、確かに世界は今よりずっと良くなるだろう

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.9

カールの息子への接し方や、仲間を大切にする人柄に魅力を感じた。
軽快なラテン音楽も、作品をより楽しませてる。
美味しそうな料理が多々出てくるので、空腹時に観てはいけない!

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

ケーブルテレビでやっているのを偶然見つけ視聴。
ストーリーに引き込まれて、気づいたら最後まで観ていた。

ルーニーマーラのキャラがインパクトがあり、不思議な魅力があり、他の出演作品も観たくなった。
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

キャリアウーマンのアンハサウェイが、カッコ良くていいし、それ以上にロバートデニーロの優しい笑顔と安心感に惹かれた。
世代を超えて、信頼し合える2人の関係性に憧れる。
ほっこりする好きな映画。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.8

老人で生まれ、歳を重ねるごとに若返っていく、一人の数奇な人生ストーリー。
はじめ違和感があるものの、次第に話に引き込まれて観ることが出来た。
自分だけ時が逆に流れて行くなんて、何と切なく悲しい事なんだ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

発想がアメリカらしくてユニーク。

好奇心は誰にも止められないし、人生は何が起こるか分からないから面白いのだ。

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.3

満島ひかりを観たくて鑑賞。
彼女の演技力と魅力が存分に発揮されていたと思う。

ただ、テンポがゆっくりすぎて、途中長く感じた。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.5

夢を追い続け、ひたむきに努力する純粋な心を持つ青年達。

ロマン溢れる、感動作品。

実話なのよねー 胸が熱くなった!

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

予想だにしない結末に、衝撃的だった。
なんとも言えない余韻が残る‥
予備知識なく見てほしい作品。

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

4.2

好き!こういう映画。
前向きになれる。
ミラノのステージのローラが最高!
ミュージカルでも観てみたい。

スティング(1973年製作の映画)

4.0

ラストのどんでん返し、お見事!
音楽がまた良い

>|