noroyuさんの映画レビュー・感想・評価

noroyu

noroyu

最近はネトフリのドキュメンタリーばかり。韓国映画には甘い。

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

3.8

一番大事なのはこの低予算、この少ないロケ場所でこれだけの「エンタメ」を十分成立させられるってことだよね。

でも若手は誰もできていない。若手が一番考えるべきことなのに。
そういう意味では低予算(自主製
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

2.0

平坦な戦場、つまりこのすんごい暴力の話を「ちょいエロ」と「雰囲気オシャレ」の行定が撮ってもしょうがないでしょ。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

いいねぇーこういうの大好き。

結局は『レオン』『ニキータ』のアップデートに過ぎないんだけど、まぁそんな意地悪なことをあえていう必要もあるまい。言ったけど。まぁそれだけベッソンが作り上げてしまったもの
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

5.0

ピカデリーで爆音。

もう何回観たかもわかんないけど、やっぱり最高。映画のどこを取っても最高という言葉しか出てこない。

爆音自体はエンジン音が体の芯までグイグイ響いてきてかなりの快感だったヨ...。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6

この映画が好きすぎてあのビルボードのTシャツ&パーカー作ってしまいました↓
https://suzuri.jp/noroyu



しかしまだ2月だけど、今年のナンバー1だなこれは。

暴力が暴力を招
>>続きを読む

ホーム・アゲイン(2017年製作の映画)

3.0

「偶然出会ったイケメンと、ひょんなことから同棲することに。そのイケメンはなぜか年上の私にグイグイ迫ってきて...」みたいな。要はこれオバサマ向けポルノである。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.2

とことん文系脳なワタシには何が起こっているのかさっぱりであった..,。ツラい。

私とあなたのオープンな関係(2017年製作の映画)

3.0

マッチングアプリで知り合った二人。
付き合ってみるが、やっぱもともとセックス依存症的な気質を持っているようでうまくいかない。

じゃお互い自由に行動していいけど、誰とヤッたかだけは報告しあおうぜ、と取
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

おれが常々言ってる「エグみ」ってこういうことなんだよなぁ。
日本でサスペンス・スリラーやっていいのはこの監督だけに思える。

しかしこれを「わからない」と言われてしまうともう...。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ないところに無理やりあるを作り上げてる感。どうでもよくなっちゃった。

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

「暗いだけで面白くない」シロモノに仕上がってしまってるね、残念ながら。

邦画のスリラー、サスペンスには圧倒的に「エグみ」が足りないと個人的には思っているのだけれど、しかしだがらといって別にこういうこ
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.0

ラスト30分、エモーショナルな場面で「はい、みんなここで泣いてねー」と言わんばかりに鳴る壮大な音楽をはじめ、ちょっと「ね、かわいそうでしょ?」の押し付けが強すぎへん?

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.1

気づいてたら終わってた系映画。

世界観説明するのにたくさん尺必要そうなのに、それを95分に、一気に詰めている。だからシーンの移り変わりが超早くて理解が、少しでもボーッとすると「アレ、なんでコイツはこ
>>続きを読む

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

4.2

これはSuper Dark だわ。闇深すぎぃ。
でも、超好き。

死体を「見つける」のがスタンドバイミーだが、こっちは「隠す」話。「裏」スタンドバイミーみたいな映画である。これぞ青春残酷譚。

見えな
>>続きを読む

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

3.9

ディズニーって「主人公を徹底的に虐げる(と面白くなる)」あるいは「最も虐げられる人物を主人公にする(と面白くなる)」という超基本のルールを思い出させてくれるから好き。


エスメラルダ様には踏まれたい
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.7

はい出たよー東宝お得意のクソヒューマニズム映画(要は『怒り』のしょうもなさと同じです)。

これはちょっとタイトルと乖離あるなぁ。エグみゼロなので、そういうの期待すると裏切られる。

十分エグみ作れる
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.9

「まだこんなのやってんの?」というのが正直な感想。イケテナイ女子モノ、みたいなのな。その「イケテナイ」の感じがもうちょっと...。
3年前ならまだギリいけたかもしれないが、さすがにやり尽くされた感。映
>>続きを読む

シンデレラ(1950年製作の映画)

3.5

これはほとんどネズミとネコが戦う映画になってるな。
シンデレラ自体の話がシンプルすぎてもたないからだろうけど。

ポカホンタス(1995年製作の映画)

4.5

おぉー、これはかなり好きだぞ!

ポカホンタスの表情、仕草がイチイチ美人。振り向きとか素晴らしすぎ。

で、なんというか、この映画めっちゃ「趣味がいい」というか...。ただの「画がキレイ」とはまた違う
>>続きを読む

白雪姫(1937年製作の映画)

4.5

なんつっても1937年にこれを出したディズニーの凄さだよな。ド傑作だと思う。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

無難に収めてきた感じ、つまり「2」としてどうなんかな〜あんまりよくないな〜とは思うが、規制or自己責任かというドラッグ使用をめぐるイマ風の議論になってるとこは面白かったな。ラストのあのキャラの裏返りも>>続きを読む

ジャングル・ブック(1967年製作の映画)

3.5

バンビに比べると少々退屈かなー。というか地味。

ただ、少女の仕草。あれは素晴らしいね。なんとも可愛らしいというか美しいというか。

ダンボ(1941年製作の映画)

3.9

突如あらわれるドラッギーな「ピンクの象」シーンが前衛で超ヤヴァくて最高。気がふれている。
あそこだけでご飯500杯いけるね。

BBAのゾウたちがこれでもかというクズっぽさ(性格の悪さ)を見せてくると
>>続きを読む

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

デブスの女の子がデブスであることによりすごい負のスパイラルに入っていく様を描く、すんごい残酷な話であった。

最初から「あ、コイツやってんなー」っていうのが丸わかりなので、ミステリとしての出来は微妙。
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

主人公が明確に成長する瞬間がない?ため、ラストのステージがあんまり効いてこない(カタルシスに欠ける)感じがするのはおれだけか。

オーロラの空の下で(2017年製作の映画)

3.5

アイスランドのフィヨルドのオーロラの下で、まさかのサーフィンしに行く男たちの話。
クッソ寒そう。

ラストの画は美しい。

アイスランド、一回は行っときたい。

アラジン(1992年製作の映画)

4.2

初めて見たけどバリおもろいなこれ。

たまに話についていけなくなるほどのこのスピード感、参考になる。

にしてもほんとキャラ活き活きしてるわー。
ジーニーのナンセンスなギャグとか最高。小さい時に見てた
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

え、これ面白くない? 面白くない!?

レンちゃんが〜〜に集中砲火浴びせるとことか超闇感じて最高だったぞ。そこまでしなくても良くない??的な。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

地元のレンタルビデオ屋の「インディーズ系」(それこそ「ヘドウィグ〜」とか、「ルールズオブアトラクション」とかね) コーナー漁ってた、中学とか高校生のときのおれなら絶対好きになってた。

古くて新しい。
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

3.9

序盤は都会に来たストレンジャーがドタバタで笑い起こす、みたいなベタな感じなのだが、後半の「サンタが街にやってくる」の大合唱で不覚にも泣かされてしまった。

ヒロインのズーイー・デシャネルは「サマー」に
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ラストの祖母イブリンとの取引がよくわからんかったというか、混乱したんですけど、ぼくだけですか?

あの人はなにがしたい人?

男の子の動物園ほめるくだりは泣きそうになった。

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.8

久しぶりに鑑賞。中学生のときに観て以来、ことあるごとに見直してるんだけど、これやっぱ好きなんだよなぁ。サスペンス、ミステリーとしての出来を観たら良質とは言えないかもしれないけど(犯人バレバレだし) 、>>続きを読む

>|