はしまりさんの映画レビュー・感想・評価

はしまり

はしまり

眼と耳と心が潤う映画がすき。

映画(388)
ドラマ(5)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

よろしくでーす・ポン・硬水・伏線回収のギャグセンス

想定通りの中でも、面白さが圧倒的に上回って。サマータイムマシンブルースと同等のそれでした。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.9

ナニーのアニー・お金があり愛のない家族・瓶の中から食べる添加物・ハーバード君・アニーの母親


スカヨハのレアな役柄が観れる作品。
クリス・エヴァンスが格好いい。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.8

季節ごとのチャプター・ハンバーガーの受話器・芯のあるJuno・両親の台詞・やわらかいユーモア

エレン・ペイジのファンになった。

好きな「Anyone Else But You」が流れる映画。Osc
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

圧巻の女優陣、メットガラの豪華さ。

ハラハラ感などは特になくスマート。

オー!ファーザー(2013年製作の映画)

3.2

観てすぐに過去に観たことがあることに気づいた。伊坂作品は岡田将生。

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.8

− 君は僕が傷つけた人
僕が失った人 僕が愛する人だ −

関係継続成功率・初キスシーン

レア・セドゥとユアン・マクレガーの時点で絶対観ると決めていた。
演技>脚本

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

子育てホームビデオとして(は)良い。


細田作品のハイライトな感じでした。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.3

湯浅監督がすき。

歌うたいのバラッドがこんなにも嵌るとは。

最後は、泣きそうになる。
曲を聴くみたいにたまに観たい。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.0

夏・伏線回収の鬼・小ネタ・ムロ細い


これは夏になる度に観たくなる傑作。

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.7

無様・見えているもの・吉牛汁だく・コンタクト・カエル・大杉漣

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

1977 ロンドン

宇宙で唯一の存在だと思い込み ー
私たちは思い上がって
資源を使い果たした

ー 皆さんは肥え
惑星は萎びた ー

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.3

内・外・ハグの宿題

愛情も不幸もすべては
人から人に連鎖するなぁと。

親になってからまた観たい映画。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.9

家族・登場人物それぞれの視点・繋がり・蓄積・校長先生・役割・愛情・キャラクター


ジェイコブ・トレンブレイにOscarを。





私の感情にも重ね合わせれるごく普通の話に仕上がってたのが良かった
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.3

俯瞰的・自己低評価・映画・後悔・青春


突き離されるような映画だけど温かいバランス力に長けた作品でした。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

縁側ハグ・心情描写・子どもの自我・口パク・交錯

安藤サクラに日本アカデミー賞

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.8

街並み・ティモシーシャラメ・目線・母子関係・友情・初体験・父親・配色・顧問

制服がわたしの母校と瓜二つだったみたいで毎日の礼拝が懐かしくなった。

エンドロール中に込み上げて来る涙
良作でした。だい
>>続きを読む

>|