はしまりさんの映画レビュー・感想・評価

はしまり

はしまり

眼と耳と心が潤う映画がすき。

映画(354)
ドラマ(5)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

縁側ハグ・心情描写・子どもの自我・口パク・交錯

安藤サクラに日本アカデミー賞

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.8

街並み・ティモシーシャラメ・目線・母子関係・友情・初体験・父親・配色・顧問

制服がわたしの母校と瓜二つだったみたいで毎日の礼拝が懐かしくなった。

エンドロール中に込み上げて来る涙
良作でした。だい
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.9

変な音出す機械・ツチダの水着・セイイチの眼差し・ハギオ・怠惰・別れ・生温さ

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

絶滅〜すべきでしょうか〜〜♪

歌・不器用・妄想癖・イチ恰好良い・寒い台詞がすきでした

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

片目の猫・メアリーの歯抜け顔・出産立会いシーン・歪んだ母親

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.8

大好きでやまないドツボな俺ちゃんが帰ってきました。

まず期待を裏切らないよと言わんばかりの捻くれたOP。

今回も映画批判や社会批判を盛り込みまくりでした。上映中ゲラゲラ笑って観終えてスッキリサッパ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.1

実在する世界かと思うくらい
溶け込み魅入りました。

白鳥玉季ちゃんの演技・自発的な気づき・脚本がタイプでした

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

パリの街並み・ギルの主張・テンポ・エンディングの良さ

レイチェル・マクアダムスに始まり
マリオン・コティヤール、
レア・セドゥで終わる。
と豪華すぎる私好みのキャスト陣。凄い。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.6

ティモシー・シャラメの美貌

性と生・一夏の恋・両親・台詞・エリオのピアノ・構図の美しさ・エンディング

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.5

原作厨

伊坂作品は土地・事件・心情・伏線回収の描写がいつも見事な匙加減でとてもすき。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

4.0

後始末はうまくいかない。

長所と短所がごちゃごちゃ描写な中、音楽と絵面によってテンポも良い。

マギーとエイディーンの掛け合いが好き。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.3

17歳、モンスター主人公。

言い掛かり自己中浮かれ野郎。
そんなネイディーンが愛しくなる映画。

全キャラクター描写がすき。

ReLIFE(2017年製作の映画)

2.3

原作厨です。ライン漫画とアニメが好きです。日代さんは二次元が良い。119分には纏まらない。

アニメが良い。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

菅田将暉にコメディー演じさせると、
若干ベクトル違う和製ジム・キャリー

面白い!胸が踊る!っていう邦画を久しぶりに観た。

俳優陣6人、恋愛モノよりこういう作品にハマり過ぎてていつもより魅入っちゃう
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.8

繊細なのに荒々しい。抜き取る構図と背景に流れる音楽から心情を読み取るのが面白い。
母と息子について。ドラン自身の、女に興味がないけど母親だけは特別、でも難しい。みたいなものが凄く細かく描写されてた。
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.7

本物の天才ドランにまた脱帽させられた。主人公役、脚本、編集、衣装、英語字幕、全て彼がしている。

しかもこの脚本はひと月足らずで書き上げ、17日間でフィルム撮影で撮り終えたと。

憎悪描写・暗喩的表現
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.4

毎年観に行く恒例のコナン

いやぁ、上戸彩の演技力って凄い。
という感想に尽きる。

アムロとコナン不死身過ぎて笑える。
犯人分かり易すぎてビックリする。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.9

Belle and Sebastianのスチュアート・マードックが2009年に出したソロアルバムを自ら監督・脚本を務めて映画化したミュージカル映画。

未熟な若者たちの、ポップでお洒落なストーリーと
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

3.7

何か特に秀でている訳でもないし
特別に劣ってる訳でもない。のに何回も観てしまう、不思議なソラニン

ゆるい幸せと少しの絶望に蝕まれていく種田をみていつも泣く。

青二才にぴったりな、ゆるい日本映画で妙
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.5

ディカプリオが呪縛を解かれて悲願のOscarを獲った瞬間みてたのにレビューしてなかった……笑

蘇りし者すぎて、映画館の周りの人たちがほぼ寝ていたのが印象的で…後は熊くらいしか覚えていない。
B級感が
>>続きを読む

>|