nozomiさんの映画レビュー・感想・評価

nozomi

nozomi

映画(375)
ドラマ(0)

きっと忘れない(1994年製作の映画)

3.6


ハーバード大学の4年生のモンティは、卒業を控え卒論の制作に勤しんでいたが、ある時持ち出した卒論の下書きを落としてしまう。

落とした先は大学のボイラー室。そこにはボイラー室をねぐらとしていたホームレ
>>続きを読む

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

4.0


ヘンリーは、母と8歳の弟ピーターと暮らす11歳の少年だが、頭が良く同級生の中でも飛び抜けて優秀で、株や投資をして貧しい家計を助けようと必死だった。貧しくても3人は仲良く平穏に暮らしていたが、2つの問
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.1


ペンシルバニア州のヤードレー大学に通う大学生カップルのギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)。

ある時アシュレーが有名な映画監督ローランド・ポラードにインタビューするこ
>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.8


ドイツ東部ライプチヒ近郊の巨大なスーパーマーケットで、無口な青年クリスティアンは在庫管理担当として働き始めた。

飲料担当のブルーノの指導のもと、フォークリフトなど新しいことを学ぶ日々。そんな日常の
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.8


同じ夢を見る男女の物語。

ハンガリーの首都ブダペストの郊外にある食肉工場で、産休の職員の代わりに派遣された女性ラーツ・マーリア。彼女はコミュニケーションが苦手で職場に馴染めずにいた。

中年男性の
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

4.0


15歳のチャーリーは、幼い頃に母に捨てられ、長らく父と二人暮らしをしていたが、ある日父を亡くしてしまう。

孤独となったチャーリーは、ワイオミングに住む叔母を頼って、唯一の友達である老いた競走馬の“
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

4.0


フランス、ル・アーブルで、靴磨きの仕事をしている老人のマルセルは、妻のアルエッティと二人で暮らしていた。

ある時アルエッティが入院することとなる。それは不治の病だったが、マルセルにはその事を伝えな
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.0


インドの大都市、ムンバイ。

ある高級マンションで暮らす御曹司のアシュヴィンの元でメイドの仕事をしているラトナは、19歳で未亡人となり、都会に出稼ぎに来ていた。

ラトナの夢はファッションデザイナー
>>続きを読む

コントラクト・キラー(1990年製作の映画)

4.2


英国水道局で真面目に働いていたアンリ・ブーランジェ(ジャン=ピエール・レオ)は、水道局の民営化に伴い、ある日突然解雇される。

家族も友人も恋人もいないアンリは、頼る人もいないことから彼は自殺を決意
>>続きを読む

BOY A(2007年製作の映画)

3.9


イギリス、マンチェスター。10年前に、少女殺しの罪で服役した青年が保釈となる。

監察司テリーの指導のもと、彼の指示でジャック・バリッジという新しい名前に変え、更正の道を歩き始める。

仕事に就き、
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0


1970年代初頭のロンドン。

ペルシャ系インド人ある両親から生まれた、ペルシャ系移民出身のファルーク・バルサラは自身の生い立ちを嫌い、ファルークでなく「フレディ」と名乗っていた。

夜遊びばかりし
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.0


ジョージア州アトランタ。明るい家族と良い友人に囲まれ、充実した毎日を送っていた高校生のサイモン・スピアー(ニック・ロビンソン)だが、彼はある秘密を抱えていた。

それは自分が同姓愛者だということだ。
>>続きを読む

美しき冒険旅行(1971年製作の映画)

3.9


父親に連れられてオーストラリアの砂漠までやってきた主人公の少女と弟だが、父親が突然自殺し、二人は砂漠に取り残されてしまう。

都会で育った二人は、大自然の中で途方に暮れつつも前へ進んでいくが、水も食
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.8


1960年、カナダとの国境近くにあるモンタナ州の田舎町で、14歳の少年ジョー(エド・オクセンボールド)、ゴルフ場で働く父ジェリー(ジェイク・ギレンホール)、母ジャネット(キャリー・マリガン)は暮らし
>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

4.1


旅行記の執筆のためアメリカを放浪していたドイツ人作家フィリップが、帰国のため立ち寄った空港で9歳の少女アリスとその母に出会う。

ひょんな事から少女をアムステルダムまで連れて行くこととなったフィリッ
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.1


ベルリン、夏。

アートセンターで働くサシャは、仕事の帰り道に倒れ、そのまま息を引き取ってしまう。

サシャのいる病院にかけつけたのは、サシャの恋人ローレンス、彼女の家族、友人。

特にサシャの恋人
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.8

アグラバーの街でサルのアブーと暮らす青年アラジン。
貧しいながらも綺麗な心を持つアラジンだが、市場へ出向いては生活のために盗みを繰り返していた。

ある時アラジンは、城からこっそり抜け出してきた王女ジ
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

4.0


何かを探している様子で車を運転している中年の男バディはテヘランの街をさ迷っていた。

道中でバディは、若い兵士や神学生達を車に乗せ、大金の報酬とそれと引き換えに仕事を頼んだ。その仕事とは彼の自殺を手
>>続きを読む

かもめの城(1965年製作の映画)

4.1


崖の上にぽつりと建つ一軒家に、厳格な父親と娘のアグネス(パトリシア・ゴッジ)、家政婦のカレンが3人でくらしていた。

精神病だと言われて育ってきたアグネスは、日々を海の上を飛んでいるかもめ達と遊ぶだ
>>続きを読む

コールド・フィーバー(1995年製作の映画)

3.7


日本の普通のサラリーマン・平田アツシ(永瀬正敏)は、7年前学術調査でアイスランドにいた両親を事故で無くしている。

彼は正月休暇をハワイで過ごすつもりだったが、自宅で両親からのビデオレターを観たこと
>>続きを読む

そして人生はつづく(1992年製作の映画)

4.0


イランのコケールという土地で、ある映画監督は以前に「友達のうちはどこ?」という作品の撮影をした。

その後の1990年、3万人以上が死亡されたとされるイラン地震が起きた。

映画監督は、かつて制作し
>>続きを読む

映画に愛をこめて アメリカの夜(1973年製作の映画)

4.1


雑多とする街中で、一人の女性が地下鉄の入り口に入るシーンから始まる。

その女性と入れ違う様に、一人の青年(ジャン=ピエール・レオ)が地下鉄の階段を上り、街中を歩き出す。

青年は、中年の男(ジャン
>>続きを読む

夏時間の庭(2008年製作の映画)

4.0


パリの郊外にあるヴァルモンドワという町に、有名な画家のポール・オリヴィエが遺した邸宅があった。

そこには、ポールを叔父にもつエレーヌ(エディット・スコブ)が一人で暮らしていた。

エレーヌの75歳
>>続きを読む

ブルー・ジェイ(2016年製作の映画)

3.9


主人公ジム・ヘンダーソンは高校時代のガールフレンド・アマンダと20年ぶりに再会する。

二人はどこかぎこちなく、それでも再会を喜び、地元の喫茶店“ブルー・ジェイ”に入り互いの身内話を始める。

監督
>>続きを読む

トーチソング・トリロジー(1988年製作の映画)

4.2


主人公アーノルド(ハーヴェイ・ファイアスタイン)は、ニューヨーク・ブルックリンに住むゲイの男性。

彼は毎晩派手な化粧とドレスを着て、ゲイバーでトーチソング(失恋や片思いを歌った歌)を歌い生活してい
>>続きを読む

真夜中の虹(1988年製作の映画)

4.2


フィンランドの北の果てにある炭鉱町。
閉山と共に失業とした主人公のカスリネンは、父親から白のキャデラックを譲り受ける。

「この町に住んでも仕事がない。南へ行け」と言い残し、持っていた銃で自殺した父
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0


ある時、主人公のデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)の妻が交通事故で突然亡くなってしまった。

だがデイヴィスは妻が亡くなったのに、取り乱すこともなく冷静で「悲しい」という気持ちすら出てこない。
>>続きを読む

ディヴァイン(2016年製作の映画)

3.9


パリ郊外のスラムで自堕落な母親と暮らす10代の少女・ドゥニアは、親友のマイムナと一緒に、盗んだお菓子やタバコを売りさばいて日銭を稼いでいた。

二人は地元のドラッグのディーラー・レベッカの仲間となり
>>続きを読む

向かい風(2011年製作の映画)

3.6


無名の作家・ポール(アントワーヌ・デュレリ)は、医者の妻・サラ(オドレイ・トトゥ)と些細なことで喧嘩をしてしまった。

その日からサラは失踪してしまい、ポールは2人の子供を抱え、途方にくれる。

>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5


舞台はロサンゼルス。高速道路は朝の大渋滞となっており、多くのドライバーが苛つきからクラクションを鳴らしている。

渋滞に巻き込まれていたミア(エマ・ストーン)は、その日に受けるオーディションのセリフ
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

4.1


第二次世界対戦が終わって数年後の1956年、執事のスティーブンス(アンソニー・ホプキンス)は、新しい主人フェラルディの勧めにより、小旅行に行くことになる。

前の主人ダーリントン卿の死後、フェラルデ
>>続きを読む

ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン(2007年製作の映画)

4.0


フランス・パリのパスティーユ広場。7歳の少年・シモンは街路樹に引っかかっている赤い風船を見つけ「おいで、おりてきて、こっちだよ」と声をかける。

おりてこない風船に対し、シモンは諦めて、地下鉄の通路
>>続きを読む

春にして君を想う/ミッシング・エンジェル(1991年製作の映画)

4.0


妻に先立たれ、孤独になった老人・ゲイリは、自らの手で愛犬を処分し、思い出の写真を燃やし、荷物をまとめ、アイルランドの僻地にある家を出た。

向かったのは娘一家が暮らす、首都のレイキャビーク。

しか
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.9


主人公のネイサン・エリス(エイサ・バターフィールド)は、生まれつき“自閉症スペクトラム”と診断されていて、決まったルールで行動することを好んだり、特定の物にしか興味を持てなかったり、他の人より光や音
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

4.0


ある出来事がきっかけになり、本業である小説が書けなくなってしまった上に、妻と離婚協定中の中年男・ベン(ポール・ラッド)は、収入を得る為に介護士の資格を取る。

ベンの初仕事が決まり、初日の朝に母子が
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.6


ギリシャのとある裕福な家庭の父母は、3人の子供たちを家から一歩も外出させず、社会から隔絶させて育てていた。

子供たちに名前すら付けず、外の世界は恐ろしいと洗脳し、更に外の世界に関わる言葉については
>>続きを読む

>|