nozomiさんの映画レビュー・感想・評価

nozomi

nozomi

ダンスと映画好き

映画(352)
ドラマ(0)

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.3

舞台に立つ人は特別な思いで鑑賞できると思う。

最初お芝居の演出家が、
「内容はまあどうでもよくて、板の上での生き様というか、6人の姿を見せたいんだよね」
みたいなこと言ってたけど、まさにそういう映画
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

お母さんが素晴らしい人すぎて……自分のことよりも家族のこと。

だけど病室で一人で泣くところにすごくグッときました。

花ちゃんの勇気を振り絞るところが大好き。
ラストの切れ味が最高。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.9

清原果耶ちゃん目的で鑑賞。
と思ったら、佐津川愛美ちゃんも出てきて、最高でした。

内容も嫌いじゃないないよ。

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.9

大切な人を守る姿、その背中のカッコよさ。ときめいちゃうね。

大切なのはそばにいる人だ!

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.0

カオスで楽しいです。
ウキウキウェイクミーアップがかかった瞬間のフーーーッてなる。

インターステラー(2014年製作の映画)

3.9

すごいです。
スケールがでかくて、異次元でした。

すごい映画体験がでけた。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.3

心が、というよりカラダ全体が震えました。

すべてを許すラストがすごくすごす良いです。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.4

動物の撮影がすごい。
最後の見せ場のなにを観させられているのか感が最高です。

ラストは圧巻です。
人のために償って生きていくさまが美しい。繰り返してた。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

主人公中心の物語なんだけど、周辺人物の変化がとても良い。
カメラワークとかも好き。
なによりラストがストンと心地よいです。

アポカリプト(2006年製作の映画)

4.0

最初グロくてしんどかったけど、後半の面白さのためでした。

ヒトの体はとても綺麗だな。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.7

面白い!!

どう生きることが幸せか考える。
結婚するということは2人だけの問題じゃないのだな。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.2

親子の不倫ものかと思いきや、そういう話なの!という着地。

うまくまとまりすぎて、1か月にはあまり内容を覚えてなかった

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

面白かった、
兄弟って逃れられないけど
良いものだなと思ったり、そうでもなかったり。

脚本が素晴らしいと思う。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.9

最後の映像がとても綺麗で、そこからの裏切りのラストのキレ味が醍醐味です。彼女の部屋のシーンが愛おしい。

オリヴィアクックがめちゃ可愛い。

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.3

2018年の大晦日に鑑賞。

素晴らしかった。
ストーリーは有り得ないほど出来過ぎだけど、アニメならではの演出と脚本家でグイグイ進めていくかんじが心地よい。

泣いた赤鬼の使い方が上手い。

美談だけ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.6

ディズニー、ピクサーの小ネタがとても面白い。メリダのくだり良かった。

前作は楽しくてキュートな印象。
今回は大人な着地で好感がもてた。

しかしペンダントはあれで良いのか。

1をまた観たくなる。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

実写では生々しく痛々しいようは内容だと思うけど、アニメーションならではのポップさや可愛らしさで、とてもバランスが良い。

もうすこし年を取ってからまた観たい。

娼年(2018年製作の映画)

3.5

松坂桃李がめちゃすごくて、見る目が変わるレベル。
ストーリーはともかく濡れ場だけで観る価値あった。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

1.0

映画はどんなに駄作でも愛すべきものだと思っていたけど

これは本当に面白くなかった

オカンの嫁入り(2010年製作の映画)

4.1

好きです。

ラストの眼鏡の使い方。
なんてオシャレなんだ、あの家族を微笑ましく、背中を押すような気がした。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

自閉症の主人公が数学で大成するスカッとする話にすることもできたと思うのに。

ラスト、主人公が真に成長する姿に後からジワジワきた。

来る(2018年製作の映画)

3.5

ハラハラドキドキした。
内容は僕にはあんまりだったけど、アトラクション映画だった。

柴田理恵がめちゃくちゃすごい

幸福の罪(2011年製作の映画)

2.7

期待してた内容と違った。
タイトルとジャケットに惑わされた。

救いようのないラスト。人の心はこわい。

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

3.3

三輪ひとみに心奪われた
役者さんってすごいなー

内容はあまり残らなかった

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

いつどこで誰と観ても楽しめます。

パニックアクションの要素は少なく、ほとんど宇宙での出来事。

兄弟の抱擁がグッときた。

うつくしいひと サバ?(2017年製作の映画)

4.0

とにかく石橋静河が最高です。

地震の悲惨さと、ダンスの美しさの伝える言葉にならないパンチを食らったかんじ。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.3

最高最悪に面白くて凄かった。

アニメでしか表現できないし、ならではのリアリティや怖さでした。

繰り返し観たくない。
人にすごく薦めたい。

クロニクル(2012年製作の映画)

3.4

ぼちぼちふつうに面白かった。
映像の生々しさが良い

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

女の子がすごく可愛い。才能ありすぎて笑ってしまう。

メッセージがとても好き。
人に愛されたい愛したい。

>|