ざわさんさんの映画レビュー・感想・評価

ざわさん

ざわさん

劇場鑑賞+DVD+amazonとかの記録
評価基準は「もう一度見たいと思えるか」

映画(381)
ドラマ(0)

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

2018年 163本目

福田監督作品で初めて感動した。山田孝之のなんともそこら辺の普通の人っぽいセリフ回しが、映画ってことを忘れさせてくれるくらい良い。
キャストメンバーは、いつもの福田組であること
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

2018年 162本目

うーん。なんであんなにロッテン・トマトで高評価なのか疑問だ…。音を立てたら、耳が良くて目は見えない怪物に瞬殺されるホラー映画。
セリフがほとんど無くて、会話はほぼ手話なので飛
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.7

2018年 161本目

どことなく『ブルース・ブラザーズ』を彷彿とさせるロードムービー。とっても面白かった〜!前半は少し日本人にはわかりづらいジョークの連発で不発かと思いきや、後半になるにつれて声が
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.6

2018年 160本目

トム・ハンクスはこういう役が似合う。冷戦下、ソ連のスパイとアメリカのスパイの交換を使命としたジェームズの物語。スピルバーグにしては劇中の音楽が少なく、さらに冷戦や共産主義国家
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.6

2018年 159本目

朝の8時代からIMAX3Dで巨大サメとステイサムを拝むという前人未到の偉業を成し遂げたぜ。正直、Z級サメ映画は数えるくらいしか見たことないから、個人的におバカサメはすごく新鮮
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.3

2018年 158本目

「眠り病」という人間の抜け殻のようになってしまう病気にかかり、30年の間昏睡状態に陥ってしまったレナード。彼と同じ症状の患者を救おうとした1人の医師の絆の物語。同じロビン・ウ
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.2

2018年 157本目

さすがスピルバーグ。とんでもない原作を映画化したな。犯人が事件を犯す前に、その事件を事前に予知することで、犯罪を防ぐことが可能になった未来のお話。その犯罪予備局で働くトム・ク
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.7

2018年 156本目

キングコング、ゴジラ、『猿の惑星』シリーズのアーサーなどを手掛けるモーションキャプチャ俳優のアンディー・サーキス初の監督作品。ポリオに感染したことで首から下が完全麻痺してしま
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.5

2018年 155本目

オーロラが起こした奇跡。30年前に人命救助のために命を落とした父親と、30年後の息子が無線機を通して繋がる。息子は父の死因が分かっていることで、それを伝え、父の死を無かったこ
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

4.5

2018年 154本目

無人島に漂流したトム・ハンクスの、1500日に及ぶサバイバル生活。ゼメキス×ハンクスの最強コンビはやっぱり期待を裏切らない。
飛行機が墜落し、それまでの幸せを全て奪われた男。
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.2

2018年 153本目

1つのビルで巻き起こる、最悪のクリスマス・イブの出来事。非番の警察官が、妻のいるオフィスに行ったらそこにテロリストが。ブルース・ウィリスの不運さといったら…。
脂が乗ってるブ
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.5

2018年 152本目

俺の父さんが死ぬほど好きな映画。公開当時、空手に没頭してた父が、この映画を見てブルース・リーに惚れまくったらしい。もう世の男児は彼に果てしない憧れを抱いていたのね。
とにかく
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

2018年 151本目

派手なアクションも、凝りに凝ったストーリー展開も、アントマンには似合わない!これくらいが丁度いい!
前作はもちろん、出来れば『インフィニティ・ウォー』を見てからの方が数倍面白
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.6

2018年 150本目

ドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートの『ジュマンジ』ペア主演でお送りする、筋肉で社会問題に訴えるイジメ反対ギャグムービー。劇場公開してた時に、最後まで悩みに悩んだ末にネッ
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.0

2018年 149本目

冒頭約20分の戦慄。俺が歴史の授業で教わったノルマンディー上陸作戦とはまるで違う、壮絶な場面。その撮影方法は、まるで1人の兵士の目を借りて戦場を見させられているような、ハンデ
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.9

2018年 148本目

俺の大好物の、伏線回収・どんでん返し・見終わった後に言葉を失う系映画。そういう映画だよ、というのは聞いていたので、答え合わせまでは一切の気を抜けない。
鑑定士のオールドマンが
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.4

2018年 147本目

『レディ・バード』で一世を風靡したシアーシャ・ローナン主演の、男女の考えの違いや、結婚したからこその悩みを描いた作品。
初めてお互いを理解した新婚生活1日目。いや、理解したと
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

2.0

2018年 146本目

僕は心が汚いので、エンディングの「スーパー・トゥルーパー」以外何一つ響かなかったし、然程面白くない話を、良い歌に乗せることで無理矢理ハートフルなストーリーにしてるようにしか思
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.5

2018年 145本目

世の中にはこういう映画が必要なんだ。久々におバカ映画を見て、心がフワフワしてる。なんでも出来る人ほど、悩み苦しむのである。
この映画を見ただけでサイモン・ペッグのファンになり
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

2.5

2018年 144本目

本日公開の『ヒア・ウィー・ゴー』に向けて予習鑑賞。ミュージカル映画はかなり苦手だけど、ABBAの曲はいくつか自分のプレイリストに入っているし、何とかなるだろう。と思ったけど、
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.0

2018年 143本目

ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウの二大巨匠主演ということもあって、コメディはもちろん、脚本もしっかり練られていて見応えバッチリだった。あと子役のアンガーリー・ライスがバ
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.6

2018年 142本目

最悪で最高のサプライズ・ゲーム。毎度フィンチャー映画に付き物の、ネタバレ厳禁の作品。マイケル・ダグラス演じるニコラスが弟に紹介されたCRS社の仕掛けた地獄のようなゲームに巻き
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

2018年 141本目

レッド・ツェッペリンの『移民の歌』のアレンジから始まるオープニングで完全にフィンチャーワールドへ吸い込まれ、解放されるのに中々時間がかかった。2時間半の長尺を感じさせない、ス
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.4

2018年 140本目

ここまで来ると、いくらつまらなくても「福田組のおふざけ」で済まされてしまうので、軽い気持ちで見てきた。前作は劇場で見て以来なので、あんまり覚えてないのに加えて、原作はかじった
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

3.2

2018年 139本目

キッズと一緒にワイワイ楽しめて、やっぱり仮面ライダーはいつの時代も愛される、みんなのヒーローだ。
同時上映で、先に上映した『ルパパト』とスケールの差がありすぎて、ルパパトかわ
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.4

2018年 138本目

日本未公開のロック様主演映画。『ジュマンジ』ではジャングルの中で奮闘していた一方、今作では海の安全を守るベイウォッチ。陸海空、全部を包括できるのがロック様。
ポップコーンを貪
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

2018年 137本目

最初から最後まで「素敵」が詰まった作品。キーラ・ナイトレイの歌声が天使すぎて惚れ込んだ。マーク・ラファロも、ブルース・バナーには全く見えず、音楽プロデューサーとしての顔になっ
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.8

2018年 136本目

人は、1人では決して何も成し遂げられない生き物である。ゼメキス監督は、そんなことを教えてくれた。ワールドトレードセンターにワイヤーを張って綱渡りに挑んだ実在の人物の、夢に溢れ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.0

2018年 135本目

手汗が止まらん。iPhoneの画面でイヤホンしながら見てたけど、完全にミスった。チェーンソーの音と悲鳴が痛い程聞こえてきて、俺はもう頭がどうかしちまいそうだったよ。
まず冒頭
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

-

2018年 134本目

評価して5段階の☆を付けるような映画ではなかった。ずっとclipしてたんだけど、黒人差別、それも奴隷売買の映画を見るのは本当に胸が痛むから敬遠してきたけど、1回は見なければい
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

-

2018年 133本目

もうこれは、アメリカ社会のお勉強教材。12年をかけて撮影されて、その間同じ俳優たちを使っているだけあって、どんな映画よりも信憑性がある「◯年後…」みたいな感じ。
親の離婚、学
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.7

2018年 132本目

マイ・理想のお父さん・ベスト10に入るケヴィン・コスナーが、今は亡きホイットニー・ヒューストン演じるレイチェルのボディーガードとして雇われる。この作品のことは全く知らなかった
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.2

2018年 131本目

ホロコーストの生々しい残虐さ。ユダヤ人という同胞の死体処理を請け負うゾンダーコマンドの、理不尽の塊。ハンガリー映画を見るのは初めてだけど、すごく独特で、不気味な雰囲気が立ち込
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

2018年 130本目

邦題どうしたん。日本しっかり〜。前半はディザスタームービーで後半はホラー映画。
前作までしっかり見ておいてよかった。2と3は見てないけど。前作の舞台であったジュラシック・ワー
>>続きを読む

>|