にがらさんの映画レビュー・感想・評価

にがら

にがら

映画(684)
ドラマ(13)

消された女(2016年製作の映画)

-

何おかいわんや、、、
あ!クイックに出てた人か。

エリジウム(2013年製作の映画)

-

ガンダムのスペースコロニー!
相変わらずの宗教的史観。
もし一粒の麦落ちなば、、、

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

-

久しぶりに観たらソンガンホとパクヘイルさん出てたのねー。
汚染物質で怪物登場の発想はゴジラ、原因も同じくアメリカってか?

シャザム!(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いまいち!
でもヒーローが増えたシーンは良かった。
最後に出てくる友人も。
シャザムと秘密を知る友達の関係、トムハンクスのビッグみたいな話しだなーと思ってたらちゃんとあのオモチャ屋さんのピアノのシーン
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

タクシードライバー魂見せてもらったぞ!
昔は通関簡単で良かったね。

黄泉がえる復讐(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

荒唐無稽な設定に閉口。
でも面白いよねーRVって発想は。
母親ってうざいけどありがたい存在なのはどの国も同じなのか、、、切ないねー。

沈黙、愛(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

お金ってすごいねー。
でもやっぱり間違ってると思う。
究極の親バカ。

一級機密(2016年製作の映画)

-

こういう映画が上映出来る国だということだけまだ救いがありますな。
内部告発って難しいですなぁ。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

-

韓国の先に見てこの映画の存在を知りました。
こっちの方がある意味色々納得感ある内容ですね。あっちはかなり風呂敷広げてますよね。ツッコミどころは満載だし!とはいえ好みでしょうけど韓国版のほうが劇業映画と
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前情報無しで見た。
また韓国独特の黒い映画かと思いきや、ハッピーエンドとは!!いい意味で裏切られた。
深いぜ韓国映画。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

なんも知らないでWOWOWで見た。
犬飼ったこともないし飼う気もないけど号泣!
これは犬好きには見せたら絶対ダメなやつ。

ニセコイ(2018年製作の映画)

-

♬ボクの心は君のもの〜♪
あやみちゃんの金髪カラコンは悲しい、、、
ケント君は顔芸よくがんばりました。
そうですかJUMPなんですね。納得。
暴対法が拡大してこういう映画は今後なくなるんでしょうなぁ。

雪の華(2018年製作の映画)

-

号泣、、、
あやみチュアーン!!コマーシャルばっか出てないでもっと映画出てー!!!

ブレイド3(2004年製作の映画)

-

もうね、ライアンレイノルズが既にデッドプールのキャラなのよ。笑
でも映画って2.3と進むとダメなのねー。これはこれで面白かったけど。
バイオハザード犬かわいい!
で4はやるの?

ブレイド2(2002年製作の映画)

-

2作目はちょっと、、、
ゾンビ映画臭が、ノーマンが出てるからか?
バイバイ!そしておかえりウィスラーって展開早過ぎ。
今回の一言は「真剣白刃取り」
あきらめず3見るぞー。

ブレイド(1998年製作の映画)

-

久しぶりにちゃんとみた。WOWOWさんありがとう。
剣劇ですねこれはやっぱり。
ブレイドはロシア語もいけるのね。
日本意識してるなぁ。ラストクレジットでも日本語がちょろっと聞こえた!。続けて録画したこ
>>続きを読む

王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン(2018年製作の映画)

-

も〜何気で面白くて最後まで観ちゃったよー!寝ようと思ったのになんだかんだで。もう嫌っ!

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

-

本家より下ネタがマイルドに、、、
今自分は結婚してるけど、逆にパラレルではしてないかもと考えてしまいました。もしそうだとしたら息子よ!君はこの世に居なかったのだよ。よかったね。人の人生は何かのきっかけ
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

-

くだらない映画でも美波ちゃん目的なので大満足!!

母なる証明(2009年製作の映画)

-

この映画見た人、「髪結の亭主」みてみてー。あの踊る気持ち、中身は全く違うけど何か通ずるものがあるとおもう!現実逃避、、、
韓国映画ってなんかみちゃう。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

トッケビさん殺すなよー!
早いゾンビは困るよね。ブラピの出てたゾンビ映画並みの素早さと"重なり"具合!!
誰かも書いてますがほんとあの親父許せん!

ファイティン!(2018年製作の映画)

-

ちゃんとオーバーザトップにリスペクトしてる!
ジュニちゃんちょー可愛いいいい。
パラピリポってパーティーピーポー?笑った。

K-19(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

冷戦の時の話しなのに英語で進む無茶苦茶な作りだけど、ソ連では作れない内容だからですね。
やっぱり原子力ハンターイ!赤ワインに含まれるアセチル・レスベラトールが放射能障害に効くみたいだけど勉強になります
>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

-

なぁおとぅぉぉぉぉーーっ!!
オメーはすげ〜ぜ。

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

しゃべくり漫才!
でもいじめ問題にさらっと触れてるところがすごい。

>|