Cさんの映画レビュー・感想・評価

C

C

283 2018
182 2017

映画(445)
ドラマ(0)

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

サスペンスかと思ってたらコメディ。かと思って油断して笑ってたらオカルトホラーでちょっと怖かった。娘の演技すごいなあ

絶頂姉妹 堕ちる(1982年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ悲しくて切ない。妹と彼がキスをする瞬間の美しさ。愛されて育った姉と愛されずに虐げられて育った妹との対比。虐げられて都合の良いように使われても家族という形に執着して犠牲になる妹。家にもどこに>>続きを読む

マルティニークからの祈り(2014年製作の映画)

3.0

旦那が馬鹿すぎて見ててイライラ。政府の対応が悪い、知らなかったのにこんなに酷い刑期を送ってる、奥さんが可哀想って、元はと言えば旦那が馬鹿すぎるからこうなってるだけだしなんだか最後までモヤモヤ。

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

こんな穏やかな生活を送りたいと思い続けてるけど、難しいな〜。ジムジャームッシュ、苦手だなーと思ってずっと避けてたけど良かった

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

期待してたけど、なんだかなんというか普通の話だった。人をガンガン傷つけていくタイプの拗らせ女子はきつい。昔一緒に住んでた女の子思い出した。2みたいな人たまに出会うけどめちゃくちゃ好きじゃないな〜

濡れた唇(1972年製作の映画)

3.9

ロマンポルノだなあ。重い女は逃げられると改めて学びました。殺してしまった男に人工呼吸するも、途中で嫌になって好きな男とキスし出すとこは笑った

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

良い話だなー。風呂場に水ためるところとラスト好きだなあ

文学賞殺人事件 大いなる助走(1989年製作の映画)

3.7

最初、期待しすぎたのかあまりノレずで何だかなーって感じだったけど東京出た辺りから面白くなってきた。枕をしても何も良いことは無い。文学に関わらず趣味や馴れ合いに上下関係が入ってくるとめんどくさい。
若い
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.1

ダメ人間というか底辺に生きてる人間だからかひたすら沁みた。
「そんな簡単に幸せが手に入ったら私壊れるから、せめてお金払って買うのが楽」

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

3.3

ひたすら下劣でグロい。
三輪車ピエロは笑ったし何で自転車に追いつけるんだ

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

チェンジリングみたいな話かと思ってたら違った。
人生だなー。怒りは怒りを来すし、優しさは優しさを来すんだなあ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

現実が辛すぎるから楽しくなりたくて観たけど、辛い切ない恋したいという気持ちが混ざり合って泣いてしまってた。あの時こうなってれば、こうしておけば、今こうしてるはずっていうどうしようもできない想像

透明人間 犯せ!(1978年製作の映画)

3.2

くだらないな〜。笑いを期待して観たけどあんまり。主人公が気持ち悪い。レズの先生が面白いな〜

黒薔薇昇天(1975年製作の映画)

4.2

谷ナオミいいなー。エロいしかっこいいし面白い。ローラースケートのシーンは笑ってしまった。フィールドレコーディングして編集して楽しんでるオタク感が楽しそう。街中のシーンはゲリラなのかな。
「わてら芸術作
>>続きを読む

エヴァの匂い(1962年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃお洒落でかっこいい。エヴァが1人部屋で鏡の前でキメてるとことか。けど、話が頭の中にあまり入って来なかった。良い恋人であり奥さんであるフランチェスカの報われなさは可哀想だったけど。

桃子夫人の冒険(1979年製作の映画)

4.3

面白いなあ〜。日向明子綺麗可愛い〜。大旦那と家政婦のやり取り面白い。濡れ場も面白い。音楽も良い。最初の車の中で始まる2人と音楽のかっこよさ良いなあ

白い娼婦 花芯のたかまり(1974年製作の映画)

3.3

お兄ちゃんの無い足をさするところが好き。山科ゆりってあまりタイプじゃないんだけど、笑うとめちゃ可愛い

巨人と玩具(1958年製作の映画)

4.2

面白いな〜。課長と部長が言い合いになってるところが好き。チャームポイントが虫歯の野添ひとみが魅力的。
「現代の人間は赤ん坊以下です。犬以下です。彼らは考えないからです。」「泣く奴は阿保さ。怒る奴はもっ
>>続きを読む

自由が丘で(2014年製作の映画)

3.8

良いなー温かい。穏やかな気持ちになれる。加瀬亮かっこいいな〜

美加マドカ 指を濡らす女(1984年製作の映画)

3.3

あまりノレず。麻生うさぎが良い。
内藤剛志が可哀想に見えて美加マドカにイライラ。だけど、何でかこういう女性がモテるんだよなあ。赤ちゃんが見てて可哀想なんだけど、よくロマンポルノに出したなあ

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

3.7

アメリカは規模がでかいな〜。スタジアムの流れが一つの国のように見えた。最後のスピーチにぐっときた。映画の台本じゃなくて現実なんだよなー

パラダイスの夕暮れ(1986年製作の映画)

4.2

アキカウリスマキの映画そんなに観てないけど、今まで観た中で1番良い

女番長(スケバン)(1973年製作の映画)

3.4

ピンキーよりも大分バイオレンス多め。ストーリーは何だか物足りないけど、仁義切るとこはかっこいいし、音楽もかっこいい

真夜中の妖精(1973年製作の映画)

4.0

知恵遅れの山科ゆりの熱い気持ちに心を開く風間杜夫に泣きそうになり、2度目の金持ち宅襲撃でなぜか襲った家族の前でやりだす2人に笑った。昔の新宿ゴールデン街はあんな感じだったのかあ、廃線がいいなあ

甘い抱擁(1968年製作の映画)

3.8

中年女性が落ちていく話って自分を省みて辛くなったりこの先を憂いたりしてしまうけど、この映画は終始、ヤバイババアだなあという気持ちにしかならなかった。

M(1931年製作の映画)

3.8

ジャケのシーン好きだなあ。犯人にも権利が無ければ集団にも権利はない。難しいなあ。こんな時代から精神衰弱で責任能力が無いとかあったのかあ。
どうでもいいけど、犯人がオーソンウェルズみたいだなあと思った

それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙(1989年製作の映画)

3.3

結構濃いな〜。エンディング曲良い。パンが食べたい。ジャムおじさん強いな〜。吹雪の所はあまりにも前向き過ぎてちょっと元気をもらえる。「こんな日はトーストになりたい気分です」

闇に浮かぶ白い肌(1972年製作の映画)

3.8

サスペンスホラーロマンポルノ。お兄さんの演技がなんだか微妙。観てたらドリアングレイの肖像と盲獣を思い出した

人妻集団暴行致死事件(1978年製作の映画)

4.2

きついな…たるい青年達と親を見てたら、そういうことじゃねぇだろって気持ちで一杯に。どうすれば良い?って自分で考えれもしないで責任丸投げする人は本当に嫌い。良い人(?)って本当に損だけど、周りも巻き込ん>>続きを読む

悲しみは空の彼方に(1959年製作の映画)

4.2

サラジェーンの気持ちもスージーの気持ちも分かるなあ。母親になるって難しい

薔薇の葬列(1969年製作の映画)

3.9

かっこいいなー。淀川長治には笑った。部屋でみんなでラリって半裸で踊りながらぐちゃぐちゃになってくとこ好きだなあ

青空娘(1957年製作の映画)

5.0

増村保造も若尾文子も爽やか系のは良くても物足りなさを感じるものばかりだったけどこれは良い…めちゃくちゃ爽やかで臭い台詞ばかりだけど見入ってしまうし泣いてしまった…
ミヤコ蝶々良いし、清川玉枝の了解!が
>>続きを読む

>|