NaoHaradaさんの映画レビュー・感想・評価

NaoHarada

NaoHarada

映画(319)
ドラマ(0)

極限との闘い: 大自然に挑むアスリートたち(2015年製作の映画)

3.4

「水中で体を動かす時は静止してる時より体力を消耗する。だからできるだけ体の力を抜くようにしたい。体の力を抜くにはかなりの訓練が必要だ。肉体面はもちろん精神面の訓練はずっと続けなければならない。生涯をと>>続きを読む

ビヨンド・ザ・サーフェス(2014年製作の映画)

3.0

「信仰は人に精神世界とつながる場所を与える。私にとっての信仰の場は、自然であり海よ。」

ダイナミック・プラネット -アスリートたちの冒険-(2018年製作の映画)

4.0

「成長し続けるのは大切なことだ。毎日同じようなことをしていると、忘れてしまいがちだけどね。同じような毎日が続くと好奇心が死んで、人生を楽しくする心のエッジを失ってしまう」

「唯一の限界は自らの想像力
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

「人間は普通、日に2000〜3000回顔を触る。起きてる間、1分に3〜5回。ドアノブにも触るし、エレベーター、人の手。それが媒介物に。」

エモーショナルな部分が割と排除されていて、事象を淡々と伝える
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.0

「助けるのに理由は関係ない。今日私が助けたあなたは、明日別の誰かを救う。人は孤独じゃない。」

シャーリーズ・セロン好きなための映画。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.4

LAから2時間ほど車を飛ばと、美しいビーチがあるサンタバーバラに着く。
冬は無く1年中太陽が輝き気候の良い静かな場所。そんな映画。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

とにかく主演の2人の演技が最高で心を動かされた。
全体的にネガティブで暗いストーリーではあるが、なぜかそこまで暗い気持ちにはならなかった。穏やかでゆったりとした時間が流れるような。アダムドライバーの演
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

ベタ展開かつツッコミ所もかなりあったけど、ガガ好きにはライブシーンを観るための価値はある。
いつの時代も、栄光を築いたおじさんに拾われるお金の無い女のストーリーって多いなあ。2020年にオールディーズ
>>続きを読む

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.5

「外見だけがすべてだと考えている人も容姿が衰える日がいつか来る。その時は本当の自分を愛する家族や友達がそばに必要なの。私たちのモットーは"自分らしくいる"。家族だから。私たちはあなたの中身を愛する」>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.9

「世の中に嫌気がさしたらヒースロー空港の到着ゲートへ。人は言う、現代は憎しみと欲だけと。そうだろうか?ここには愛の光景がある。崇高な愛ではなくニュース性もない。父と子、母と子、夫と妻、恋人同士、懐かし>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

4.0

「思い通りにならないことも多い。でもできることはある。許すこと。新たにやり直すこと。孤独な世界を美しく変えるのは愛だ。愛はどんな形でも希望を与えてくれる。新しい年に希望を。それがニューイヤーズ・イブだ>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.6

キューブリック好きはハマるんじゃないかな?ホラー映画に双子が出てくると何故かアガる。
思ったよりアポカリプス感あるのでゾンビ好きさんなんかも楽しめるかと!!ゲットアウトが良かった中、期待を裏切らずとて
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

ソーシャルネットワークを彷彿とさせる早口台詞たち。ロビイストの仕事を知らないと見るのキツイと思うのでまずはググってから鑑賞してください。

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.9

邦画版SAWって言うと嫌がられるんだろうけど、誰かに説明するならその言葉が最適。突っ込みどころ満載だけど流し見としては何にも考えず見れるし飛行機の中とか良さげ。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

マーベルの中で好きな作品上位に入る良作!先に解説記事というか、なぜこの作品がヒットしたか記事を読んだのでそれが非常に良きでした。カースタントシーンがワクワク感ある。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.8

何書いてもネタバレになりそうで怖いので、是非劇場で観てきて下さい!!!笑

セカンド・アクト(2018年製作の映画)

3.3

ジェニファーロペス好きには最高。とにかく毎秒美しくて幸せ。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.3

誰が観ても楽しめる映画。「才能だけでは十分ではない。人々のハートを変えるには勇気がいる。」

大奥(2010年製作の映画)

-

ご飯食べて携帯いじりながら観るのに最適な映画。2時間ドラマ的雰囲気です。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.8

是非、1人ではなく誰かと見るのをオススメします。
Netflixオリジナルのキラーコンテンツがどんどん増えて最高。

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

2.0

タランティーノNGな私にはこの評価でしたー!
エンドレス血まみれグロ好きにはおすすめ。おっぱいは最高。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.1

映像、音楽は最高。
ただ説明不足感が否めず、途中で置いていかれる感があった。この監督の作品が好きなので最後まで見れたが、好きじゃない人には厳しいかも。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.3

ライブシーン最高かよ。ゴールデングローブ賞を受賞したドラマ「MR.ROBOT」のラミ・マレック主演。それだけで良さそう、と思って見たけどラリってるシーンとかやっぱり似合うね。フレディはイラン人なので、>>続きを読む

いろとりどりの親子(2018年製作の映画)

4.0

「ゲイは治療するもの」と昔は言われていた。最近は多様性が進んで「ゲイは個性」になった。じゃあダウン症は?小人症は?ADHD、アスペルガーは?本人が「それが個性」と言ったら治療なんて必要ない。自分の周り>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

低予算アイディア勝ち作品が流行ってますね。
こちらもそんな感じ。伏線しっかり回収型なので、スッキリ感有り。おお〜って言いたくなる映画。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

オーシャンズシリーズが好きなら、ビール片手に楽しめる作品。ケイトブランシェットが男前過ぎて…最高。アンハサウェイのバカキャラも悪くないです〜。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

実写化すごい…。とは思うけど、ストーリーは至ってシンプル。画が綺麗なので心癒されますが、ちょっとディズニーファンタジーすぎたかな。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

事前知識無しでの鑑賞をおすすめします。
伏線しっかり回収系映画なので、後半につれて面白みが増す作り。ここ数年、低予算の伏線回収系サプライズ映画が多いような気がするな〜。割とグロめなので苦手な人は覚悟し
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

4.2

“SHUT UP AND PLAY THE PIANO!” そう言われるくらい、永遠に喋り続ける音楽家。強烈な自我、資本主義への嫌悪、消えない不安感、他者と交わりたい気持ち。彼の音楽が好きな理由は、彼>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.0

前作を知らずに鑑賞。それでも楽しめるのがアニメのすごさ。大人も楽しい作品でした。夏休みの家族鑑賞には最適!

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.1

映像関係者やクリエイターが見たら楽しい作品。レビューを一切読まずに鑑賞することをオススメします!

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

気持ちの悪いセックスシーンは必見。家族とはなんだろうか、をぐるぐると考える映画でした。

デス・レース(2008年製作の映画)

3.7

ジェイソンステイサム最高映画。筋肉・グロ描写・おっぱい。最高!

>|