ぬげこさんの映画レビュー・感想・評価

ぬげこ

ぬげこ

映画(136)
ドラマ(6)

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.5

Filmarks試写会にて鑑賞

赤い照明が苦手なので、ちょっと辛かった。

というくらい赤いです。あの色合いとか、カルト集団とか、黒のバイカーチームとか、悪夢。そして1番の謎マンディ。

個人的には
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

2.5

私には今年一番の胸くそ映画でした。
とにかくうるさい遊園地のBGMの様にじわじわと嫌な気持ちが湧いてきて、苦痛でした。
私自身、現実から逃げてばっかりの人生だったからかなと、
さらには落ち込んできてし
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.0

別々の時代の2つのストーリーを交互に見せて、その2つの繋がりが最後に明らかになるという映画ですが、
その手法必要だったかしら?というのが率直な感想です。
2つのストーリーが、パート毎に交わるわけでもな
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.3

IMAXにて鑑賞

この映像と音楽の完全に融合した不思議で雄大な映像体験は最高に面白かった。


若干見る位置失敗してしまいましたが、映画館出てからもふわふわと宇宙を漂う感覚で、ストールを忘れてきてし
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.4

気をてらった話題性映画
かと思いきや、サスペンス自体も意外と面白かった。親子の愛情って人それぞれ全く違っているものなんですね。あの人胡散臭いなあと思ったら、良いラストの展開でした。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.3

とにかく画面が見づらかったです。
映画館で観たのに、何かスマホで見てたのかな?ってなりました。

キャストが豪華で、話は面白かったのに、観た感想としては薄味のサスペンスで、
すごくもったいない感じです
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.8

面白かった!ザ・ヴォイドを観てから見ようと決意していたので楽しみにしてました。

個人的には犬っぽいやつもヒトっぽいやつもアレらがとっても可愛いと思ってしまったので、頭が逃げるところとか、頑張れ!って
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.7

今までで一番映画として
すごく見やすかった。
ただそれはこれに限ってはあんまり良い事じゃなかったかもしれません。
あのぶっ飛んだ破天荒さと歌とのギャップがピッチパーフェクトの良さだと思うので、まとめら
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.5

宣伝で見たヒッチコック感もデヴィットリンチ感も無かったような、なんならララランド引っ張り出されたら可哀そうと思いました。怒られそう。


トレインスポッティング風ゼイリブ

でした。※個人の感想です。
>>続きを読む

モーリス(1987年製作の映画)

4.1

恋愛映画ではないかもしれない。
全ては手に入れることは出来ないとしたら
人としてどう生きるか、何を守って生きるか、自分にとって何が大切なのか。
だんだんと輝きを増していくモーリスと、どんどんおじさん化
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

見終わったばっかりで震えが止まりません。今年見てきた映画の中でも完全に1位です。本当に素晴らしい映画です。

あまり色々書くと、図らずもこのレビューを見た人に先入観を与えそうであまり良くない気がします
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

カルト映画と呼ばれる作品はたくさんありますが、これが真のカルト映画だと思いました。
正直はじめの10分位の最高の期待感をぬるぬるとひっくり返していくストーリー。
あのムキムキの男2人がメガネをかけるか
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.5

交差点は絶対に渡ってはいけない。
を守ることは彼女にとって必要なルールだし、人1人を守る為には必要なことかもしれません。

でもどんな人も成長できると教えてくれました。本人さえも知らないうちに。

>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

ツッコミどころ?というか文化の違い?によるそもそもカンニングはやめようよ、という倫理感は置いておいても、
映像としても、ストーリーとしてもすごく面白かったです。
ちょっとごり押しなところも、何か味とし
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

2.9

面白くなくはなかった、、
個人的には最初の死体で結構冷めてしまいました。ゴム人間。
ただあのアングル笑った。
CSIとかで、見るやつ。

キャラ立ってる方の人たちが、すぐ殺されちゃうので、あとは時間が
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5


私のベストぬいぐるみ映画はクーキーなんですが、CGでもこんなにも愛情を感じられる存在を作り出せるなんて、本当にすごいなぁと思いました。プーが好きというのもあるとは思いますが。あの毛並みといいオールド
>>続きを読む

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

2.5

新文芸坐オールナイトにて鑑賞

怖い話はそれぞれ普通に面白かったです。
もう少しそれやってほしいくらい。

すごい昼間感と、それに反して役者さんたちの過剰な怖い話しますよ感が全くあってないように感じま
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.6

とっても綺麗なものを見た気がします。

石橋静河さん優河さんにあんまり似てないなとか、笑顔が似てるかもとか、
歌い方似てるとか、
余計なことが気になって集中できなかったのはBBAだからです。あまりスト
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

つまらなかった。
音楽とレトロな雰囲気とか、友人の謎の死とか、期待持てただけに、全てが中途半端すぎてつまらなかったです。
サスペンスの合間に恋愛要素は良いけど、イチャイチャの合間にサスペンスごっこは薄
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

5.0

いつか映画館で見たくて、ワクワクをあたためておりましたら、新文芸坐さんが、夏の終わりにディビット リンチ特集をしてくださって、夢が叶いました。

暗くて辛い日々の中で、彼はどれだけの夢を描いていたんだ
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.7

中学生くらいの時見て、意味わからなくて怖い話だと思っていましたが、再び観てみたら、走馬灯のような話だったと思いました。
現実から逃れたくても、容赦なく現実が襲ってくる、彼女はループに囚われて、彼女の夢
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.9

1人の女性に対する欲望が、ありもしない何かを産みだして、どんどん膨らんでいく。夫婦2人の想像が交錯しているのかなとも思ったり。音楽と2つの物語のようで1つのストーリー、しつこすぎるけど、それがさらに物>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ひたすらびっくり映画
ピエロ怖い派なのですが、
この感じは平気でした。
どちらかというとイジメ方がえげつないのがすごく怖かったです。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

死ぬほど面白かった。
これ以外の感想が全く思いつきません。
前のめりで観ました。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

面白かったです。
すごく面白かったんですが、本当の両親や、カウンセラー、外の世界の人たちとの関わりの中で、お互いがお互いにズレていて、会話がかみ合わない様子が、見ていてすごく辛くて、途中笑いの起きる中
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.4

見せかけてホラー
冒頭の衝撃映像にR18を見くびっていたかもしれないと思いましたが、その後はそうでもなかったので最後まで観られて良かったです。
途中まではそれぞれの思惑も理解不能で、ものすごく面白いん
>>続きを読む

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

3.3


このところヘビーな内容ばかりの映画が多かったので頭カラッポで見られるものが
観たい!と思ったらこれです!
ありがとうございます。新文芸坐さん。

何だろう安心する。くだらなすぎて、だんだんなんだか好
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

どのジャンルとしてみても素晴らしい映画でした。
大自然の雪山でスノーモービルを乗り回す姿は見たことないカーアクションだし、警備員と保安官とFBIのやり合いも、可愛いFBIと相棒のサスペンスも、ネイティ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.3

メットガラを標的にしていなかったらおそらく観ていなかった作品。
内容は何だろう、作戦が何から何まで完璧すぎて。
そうじゃなかったら実行していないんでしょうけど。ハラハラドキドキがなかったのが少し残念で
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.0

本当に全てが格好良い映画でした。
男の人のスタイルがもう完璧で髪型からつま先まで大好きでした。
特別な時間を過ごせた気持ちになれました。

余談ですが
VIDEOTAPEMUSICがますます好きになり
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

4.0

早稲田松竹にて鑑賞

あの環境の湿度が物語の熱量をぐっと上げて、あの少年の純粋さが、私たちにその美しさがほんの一瞬の輝きだと現実を伝えてきます。
沢山の人のエネルギーを感じました。

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.3

男性サービスデーに行ってしまったので、普通に店員さんに訝しがられました。

サプライズと言うホラー映画が好きなのでそういうの想像してたらちょっと違った!

主人公の女の子が肉体的にハイスペック(いろん
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

2.9

まず人が結構入っていたことにびっくりしました。
理不尽と痛みの応酬。このまま理不尽オチだと辛いなぁと思ったけど、最後のは個人的にはやりすぎでした。わがままか。

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.5

映画館を一歩でたら街が明るく見えて、
頭の中に血が巡って、目がぱっちり開いて、頭がはっきりして…危ないやつですみません。映画を観た時にたまにあるんですが、これを言葉にできない感情と呼ぶのではないかと思
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.0

誰も悪くないけれど、最初からその歯車は回り始めていたと思いました。
現実を生きることをあきらめた男の子と、現実を生きてると思い込んでいる女の子と、現実を受け入れられずにいる男の子の話。
前半のダサいg
>>続きを読む

>|