たさんの映画レビュー・感想・評価

た

途中からだけど、お気に入りの映画に点数
ベストムービーの欄は2018年に映画館で観て気に入った10本、順位特になし

映画(777)
ドラマ(0)

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

4.5

ソウルミュージックに特に何も思い入れなく見てこれなら、思い入れある人はどうなっちゃうんだ

YouTube、Apple Music、Spotify、Shazamがある今を生きてるな、でもそれらにはない
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

良い映画だとしても辛い映画ばかり続けて見てしまっていて映画を見て自分はどうなりたいのかと思った

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

色々な広告で見たことある女って怖いな、本人はふつうに生きてるのに

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

-

ビジュアルがこういう感じで最高な女の子が苦しまずにバイクに飛び乗ったり、街中で早歩きしたり、走って電車に飛び乗ったりそういうのが見たい、特にルーニーマーラバージョンで見たい

MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド(2017年製作の映画)

-

動物愛護団体は虫には何も言わないのかなと思って、そういえばゴキブリと犬の違いってなんだろう

みみのなかのみず(1993年製作の映画)

4.0

暗くなっても電気をつけないで洗濯物をたたんでいたら夕方のチャイムが鳴るシーンがもう本当に悲しくなった

足で窓をいじるシーンも良かったしそこから風呂の足への移り変わりも

運命は踊る(2017年製作の映画)

-

見た時の自分のコンディションなのかなんなのか、この映画の前半部分は音、アップ、タイミングなどでゾッとしまくりだった、注射注意、長回しの水飲ませシーン、曇りガラス越しの犬、皮膚掻きは相当鳥肌だった

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

人々が過去で分断されていて、見た目や話し言葉、趣味からそれぞれが分かれていて判断しあっているのは大変だ

日本というかどこでも人と会った時には常にその判断をしているけど、それが大きな形で大きな溝である
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

ここ最近で1番困った

絵画のようなお母さん役だった

最高の友達

家の中にサウナがあるのはシチリアの標準装備なのか

エルサレムの路面電車(2018年製作の映画)

-

本当にエルサレムの路面電車に音楽する人がいる事あるのかな

ガザの友人への手紙(2018年製作の映画)

-

インティファーダは知っていたけど映像を見たことがなかったのでイスラエル側との差にびっくりした

華氏 451(2018年製作の映画)

-

未来を描いた時にボードなしに空中に映る映像があるけど、それもそのうち実現されてしまうだろうし、想像もした事なかったような未来の生活ディテールがある未来映画が観たい

アイカ(原題)(2018年製作の映画)

4.0

今まで見た映画の中で1番辛い映画だった(今まで1番はYeşim ustaoğluのarafだった)

女の身体が怖いというか女の身体の作りを怖いと思わせる状況がだめだ(arafもそれだ)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

-

タイはライン圏なんだな

少し年を取ってわかったけど若い子の素晴らしいところはこれから生きる時間が長くて、選択肢が無限にある(ように見えやすい、もちろん年取った人にも無限にある)ところだな、間違ったこ
>>続きを読む

シレンズ・コール(2018年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ笑った

街は常に変わるし、変わってしまうと、そこから前の街の姿なんて想像できなくなってしまうから、この過渡期のイスタンブルとイライラを見れるのが今!という感じで良かった

orhan g
>>続きを読む

ザ・リバー(2018年製作の映画)

4.0

カザフスタン、風が強すぎる

どのシーンも5人兄弟が完璧に画面に配置されていて、タイミングとポーズがキマりすぎてお〜〜〜〜〜となる

中盤に突然カナットが出てくるシーンの素材と色と小物と音楽がそれまで
>>続きを読む

詩人(2018年製作の映画)

4.0

横長の構図、効果的に使われる赤色が最高だった

荒れた土地にいきなり現れたような広場を中心とした共産主義の炭坑町の街並み、あれは本物なのか?銭湯も工場も家も文学会館も良かった

もう戻ることができない
>>続きを読む

世界の優しき無関心(2018年製作の映画)

-

主演2人の顔が見ごたえのある良い顔だった

光ってる長いエスカレーターは最高

冷蔵庫で後ろから蛍光灯があたる沢山の黄色い調理油がとても良かった

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

低予算映画の役者のビジュアルはリアルなので良い、知り合いにいそう(でかい映画に出て来る人気役者は一般人の中で言ったら相当特別なビジュアルなので良いけどリアルじゃない)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

せっかく映画館に行ったのに眠いし遅い時間だったから寝てしまった、2度としない

チェイスだったりバトルの展開を考えてる人天才だと思う、爆笑しちゃう

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

4.0

香港の街力と団地力がすごい

主人公の家の窓から見える隣のスラムとその奥のタワーマンションは変わっていく街を思わせる、なんで私はこの時代にもう行けないんだ

ヤクザの事務所にいたNo.2?の男の子がめ
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.5

四月なのにワンピースで湿気が多くて暑そうで香港がうらやましい、夏の夜みたいなシーンが多くてすばらしい

香港人とフィリピンはどういう距離感なんだろう

出てくる女の子がみんな最高なんだけど、フィリピン
>>続きを読む

バンクシーを盗んだ男(2017年製作の映画)

4.0

ワリドは何も変わっていないと言うし変わっていないけどワリドの現状に対する怒りを世界中の人に知らせる、筋トレシーンがエンディングに流れるような映画を作ってしまうバンクシーとそのグラフィティの力がすごい>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

音楽がとても良くて爆音上映で観たい

大晦日にカウントダウンパーティーに探しに行くの、行きつけレストランの左右対称シーンが良かった

天才で気難しい弟を持った、ウェディングドレス作りは手伝うし口喧嘩に
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

-

街が最後のヨハネスブルグに行く(と思ったけど)シーンしか出てこなかった…

コサ族の規模とか割礼文化を全然知らないなと思って知りなくなる

生活が変わったり、都市に人が出たり、今までの慣習が変わってい
>>続きを読む

テルアビブの女たち(2016年製作の映画)

3.5

イスラエルの中の都市のそれぞれの位置付けを知りたい(出身地の会話)

結果的に最悪だったけどテルアビブで出会って自分の田舎に連れていくのとその土地の思い出を話すのが良い

音楽とビジュアルが良かった

ガザの美容室(2015年製作の映画)

-

青い飴なめてるヤク中と熱心なイスラム教徒の2人が良かった

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.5

オタク友達ができたり、映画を作るしかないじゃんと気がついて映画作りに夢中になってくのが良かった

妹がかわいい

>|