fumitさんの映画レビュー・感想・評価

fumit

fumit

映画(21)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.0

MIBと言えば、軽快な笑い、キモカワ、ほんのり切なさ。
今回も味合わせて頂きました。

おとなの事情(2016年製作の映画)

-

天国ではないが、地獄は避ける、リアル。
全てをリアルにオープンにする虚構。
救いは何処に。

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

4.5

彼も、自身の願いと引き換えに役割を引き受けていたのかな。
ラスボスは彼女?

つまりは、願いを叶いたいなら身を削れ、ということか。

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

4.0

支配力の強い者の周囲が如何に歪んだものとなるのか。
その中で歪まずに居られる者の強さとは。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

-

カッコイイ!
ステキ!
スバラシイ!のシャワーに浸る。

人間シーンは、ま、うん。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

オープニングの時間の描き方に期待が膨らんだものの、そこからは結論ありきの種々の伏線の流れ。
んー?この有能な人材はどうして保険屋に?という気持ちで映画が終わりました。

1車両のみのセットで撮影された
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.5

前編に続けて鑑賞。
主演のお二人の熱演はとても熱かった!
でもやはり、監督の主張についていけませんでした。
主人公の生きてきた環境は十分荒野だと思うけど、それだけじゃ足りなかったかなー。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

ユースケサンタマリアの包容力!
もうこれに私の心はトロトロでした❤️

しかしながらイデオロギー的な主張がちょいちょい入るのが。。。
私には不要でした。
世界が荒野であるかどうかは、人によって違うので
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.0

ラストの歌詞が、黙々と耐えた母の気持ちを表し過ぎていて、心にギュッときました。
皆、優しくて愛おしい、作品でした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

音楽、ダンス、映像を、どっぷり堪能したい作品。

あえてテーマを述べるなら
、満足のいく幸せの形とは?という問いかけ、かな。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

怒り、不安、暴力が連鎖し、理性を吹き飛ばす。
そして新たな偏見、固定観念を生み、また連鎖していく。

この連鎖をどうすれば止められるのか。
答えなど出ないリアルな重さを実感した。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

大人のロマンティックファンタジー。
クリムトの「接吻」が、ラストシーンと重なるように思います。

境界。
表と裏、明と暗、既存と将来。

作品中、誰もが何か満たされていない切ない存在、でもそれがさりげ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

初見では、予告に毒されて良さを解せなかった作品。

複雑な設定や階層の作りは、主題を伝えるための道具と捉え、改めてじっくり見れば、過去の後悔と対峙する男の切ないストーリーだった。

トム・ハーディもジ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

全ての人物が人間らしい。肉の感情を持って観る事が出来ました。素晴らしい。面白い。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.5

自分的に、初めて、コリンファレルカッコいいのかも、と思った映画でした。それがこの役ってどうかと思う。もしかしたらソフィアコッポラ監督だからかもしれない。

女子は、年齢に関わらず、嫉妬と、みんなでやれ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.0

普通の人、といっても少しずつずれていて、それぞれの善意が幸せを繋ぐ。

羊の木(2018年製作の映画)

-

自身の犯した罪に恐れを抱くものは〝のろろ様〟にも。
そうでないアウトローとサイコパスはこうなります。
ということなのかな、と。