にゃんちゅうさんの映画レビュー・感想・評価

にゃんちゅう

にゃんちゅう

アダルトライフ
2014.12.9〜
美女、美少年・少女にメロメロ。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

自分の死を伝えに12年も戻っていない故郷へ帰った若手人気劇作家が、自分不在状況に複雑な感情を抱いていた家族の心境に触れてゆく話。
母、兄、兄の妻、妹の各々青年に対する敵意、羨望、愛の描き方、特にロラン
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

お嬢様を騙して精神病院にぶちこみお金をぶんどることをもくろむ詐欺師の侍女と伯爵だったが、お嬢様の世話をするうちに侍女はどんどんお嬢様に魅かれていき、お嬢様も純朴で愚直な侍女を愛するようになってゆく。そ>>続きを読む

鬼が来た!(2000年製作の映画)

4.0

終戦間際の中国のとある村。海にほど近いここには、日本軍の海軍が駐留している。
村に住む1人の男はある夜、突然やってきた〈私〉と名乗る男に脅され、預かりもの物を引き受けてしまう。麻袋にはいったそれはなん
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

4.0

はっとさせられるラストシーン、さざなみだったはずが。最近邦題がイマイチな作品が多い中、これは秀逸だと思った。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

間違いなく今年の映画ベスト3に入る。感想、あとで。

ガタカ(1997年製作の映画)

-

ユマ・サーマンの横顔がすき。宇宙での映画かと思ってたら、いくまでの映画だった
。競泳シーン最高。
遺伝子レベルを越えて不可能を可能にしていきたい人生である…

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

-

ジュリア・ロバーツ最高にかわいい。ローマの休日アクトレスバージョン。公園のシーンでドラマのやまとなでしこ思い出した。今も昔も愛される設定。記録。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

予想外にアクションでバトルな作品でビーチで泳ぎたくなった。もっかいみる。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

-

かわいい三兄弟。おじさんだけどそれがいい。記録。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

売れない女優の卵と売れないジャズピアニストが出会って恋に落ちて夢を追ってどちらか選択する話。

オトナのディズニーへようこそ。
みたいなキャッチフレーズが最高に似合う作品。
こんなにもベタな設定、ベタ
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.8

久しぶりすぎる更新◎

外の世界から隔絶された豪華な邸宅で暮らす3人の無垢すぎる兄妹が家に出入りしたシッターから少しだけ外の世界(えろえろ背徳)を知り好奇心膨らませるが過保護を越えた支配者父によってこ
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

4.0

自由奔放なカメラマンの母(イザベル・ユペール)が美しい娘ヴィオレッタ(アンナマリア・バルトロメイ)を何気なく被写体にして写真を撮り出したら世間で大受けして執拗に彼女にモデルをするよう強要するんだけど、>>続きを読む

阿修羅城の瞳(2005年製作の映画)

3.0

キュートなりえが染五郎と対立しつつイチャイチャする話。

キャストでもってる感がやばい。
こんなに豪華なキャスト・雰囲気なのにCGのチープ感がB級MAXだし染五郎のチャラ男演技も、うまいんだけどその映
>>続きを読む

サマリア(2004年製作の映画)

3.7

ヨーロッパに行くために売春婦と管理係としてタッグを組んでお金を貯める2人の女子高生の1人が死んでもう1人がいろいろおかしくなったら、その子の警察官のお父さんも狂っちゃう話。

すごい不思議な話。
最初
>>続きを読む

夜よ、こんにちは(2003年製作の映画)

4.5

実際にあったアルド・モロ暗殺事件のテロリスト側の物語。(ノンフィクションではない)

すごい。中盤のヒロインの心の揺れからラストの夢と現実という終わり方まで、見事だと思う。

革命家は英雄として祭り上
>>続きを読む

>|