saeさんの映画レビュー・感想・評価

sae

sae

映画(258)
ドラマ(1)

雷桜(2010年製作の映画)

2.2

う〜ん、、
役者は良いんだけどなあ
時代劇に軽めの電子っぽい音楽は合わない

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.7

好きなかんじだった。
外見と内面について、考えさせられる

あ〜せつないなあ、Aとリアノン
ふたりが継続して会う度にせつなさが増した

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.8

有名な作品だけど未鑑賞だったもの。

アンとウィリアムの出会いから発展するストーリー、ありえないのだけどキュンキュンする〜!
お茶に誘うウィリアム〜

ジュリア・ロバーツのチャーミングな笑顔
ヒュー・
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.4

ストーリー予想しながら観てた
スマホ乗っ取り恐ろしい
やばい人は普通のふりするのがリアル

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

若手俳優の映画
ではなかった

それぞれの登場人物だった

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法(2014年製作の映画)

2.2

クリスマス映画をクリスマスに。
映画というよりスペシャルドラマっぽいな

カツベン!(2019年製作の映画)

4.0

面白かったし、きれいにまとまったコメディだった!

活動弁士という職業を初めて知った。
活動写真のお話を、映画館でみるっていうのがなんだか良かったな

好きなものを突き詰めたら偽物でも本物に近いものに
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

5.0

ようやく観ることができた。
CMで流れるエルサの歌声以外
一切の情報をシャットアウトして
大好きな作品の続編を映画館で。

素晴らしい

アニメーションっていうより
実際の人間に見えた

映像の美しさ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

誰もが一度は聞いたことがあるだろう
The Beatles
あたたかい曲に安心する

自分以外に知らなかったら…?
物語が進んでも、ずっとジャックはどこか取り残された感じで怯えている部分もあって。
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.0

とても、感覚的な映画だった。

何度も涙が溢れたけれど、
それが何故かわからない
そんな不思議な体験をした映画を初めて観た。


心が震える感覚を確かに感じた

月夜の連弾シーン、
最後のそれぞれ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

傍観しようと思って観ていた
苦しそうな笑い方、歩き方、あの背中、癖

幸せだと感じているときの表情
ドン ドン と陰が迫る日常

同一人物なんだけど
別人に見える
でも同じ人

闇が迫る音楽が上手い…
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.7

ボロボロ泣いた
愛犬を思い出してさらに泣いちゃう
はあ、ベイリー😭😭😭😭😭
演技うますぎるわんちゃんたち!

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

-

すすめられて。

…がんばってみた!
映像がポップで綺麗だったから良かった

桜井ユキさん、印象が色々に変わる

小さなライトと白いベッドは外国っぽさがあって憧れる要素
ポラロイドがぶわりと舞うシーン
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

撮影所の駐車場の看板の下で
弱気になって泣いちゃうリック(レオ)を励ますクリフ(ブラピ)を観るだけでかなり満足してしまったくらい絵になっていた
このカットだけでもかっこよすぎるの嘘やろ…

落ち目の
>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

3.0

公開当時気になってはいたものの
観られず今に至る

最初がアニメって聞いてないよ~
完全に実写のテンションだったので、
ここで残念ながらモチベーションが下がってしまった。

キャラクターの個性やラスト
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

あんなに苦しく感じる笑顔はじめてみたよ、
美しいメロディーと裏腹に求める愛が得られないストーリーがとても切ない

うたがうまいわあ~

リチャード・マッデンがクズ役してたけどブルーアイズが素敵すぎて惚
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.6

中井貴一の気の弱い総理、黒田とディーンフジオカの伊坂がはまっていた。
個人的に通訳の宮澤エマがすてきだった〜!

たくさん笑ったコメディだけど、人はそんなにきれいに変われないと思ってしまったラスト(笑
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

5.0

良かった、映画館での鑑賞に間に合った。

菅田将暉という俳優は、恐ろしい。そして魅力的だ。
この櫂直という役を生きるためにどれだけ大変だったのかはわからないけれど…
場面場面で引き込まれた。
すごいな
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.7

初日舞台挨拶付きライブビューイング上映

ドラマの空気感を壊さず映画化していた。
爆発の規模とかありえないことが全て許されてしまう映画おっさんずラブ…(笑)

家にいる時みたいに普通に笑ってた

人を
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

評判が良かったので気になっていた作品

ふたりの何もかもが違っていて、そこがまた良かった。

差別的だったトニーがドクと出会って変わっていく描写で、1番素敵だったのはやっぱりロマンチックな手紙の添削。
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

4.0

懐かしさって泣けるんだ
ポケモンは世界に誇れる日本の文化だ

21年前の小さかったわたしへ。
未来でリメイクされたミュウツーの逆襲が公開されるよ、いまはわからなくても大丈夫。エンディングソングは大人に
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

賛否両論の感想があるのでちょっと警戒しつつも映画館で観れた!

もう序盤のアンディとウッディの「最強で最高な相棒」である関係性が映るシーンで泣ける(3までの流れですね)

大人向け感が強かった。
スト
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

5.0

素晴らしいの一言。

アニメ版のリスペクトはしっかり、ストーリーに深みが増して新曲も増やしてディズニーらしい小ネタも満載。

アニメ版とは違う繊細な表情の表現が〜映像が素晴らしい〜動物だけど人間みたい
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

ハッピーな映画かと思ってたから最初の地震の描写でかなり悲しくなった…
一家とパディントンの馴染んでいく様子は微笑ましい

汽車のティータイム、素敵すぎ!

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

コメディー映画だと油断してたら、予想外の出血量だった

岡田准一
トンデモナイ身体能力

柳楽優弥の演技力~ 怖すぎ~

安田顕、佐藤浩市のカタギじゃないオーラさすがですね…

アラジン(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

大好きで何度も何度も何度も見ているアニメーションの実写化。
ずっと楽しみにしていた!
ドルビーアトモスにて鑑賞。

アニメのあのシーンもこのシーンも再現度120%!
馴染みの曲のイントロが流れた時はワ
>>続きを読む

王様とボク(2012年製作の映画)

2.1

中盤からストーリーについていけなくなってしまった
登場人物の心情がわからない、、

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.9

喜んで騙されに行こう、映画館へ!

どんでん返しがあると身構えていたので
そんなに驚かなかったのが自分としてはもったいなかった。素直に観るべき作品!(笑)

ダー子のぶっ飛び具合が最高。

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.8

関ヶ原以来の時代もの鑑賞。
わかりやすいけど時代劇をほぼ見ないので現代でいう役回りや名称など勉強しなきゃなあと感じた。
幼馴染を自分の手によって失うの辛すぎる…剣の腕が強くなければ生きられないな…
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.6

ポケモンと一緒に育ってきた世代
エモすぎて泣く
ライムシティに住みたいしポケモンと信頼関係を築きたい

ピカチュウふわもふ
フシギダネちゃんたち癒し

ミュウツーの逆襲、小さい頃に映画館で観たものが新
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

樹木希林さん。
上映期間になんとか滑り込み。
映画館で観られて良かった。

おとなになってから、
なにかを続けることの大変さと大切さを感じる。

好きなことを続けていられる幸せをしっかりわかっていたい
>>続きを読む

>|