hetさんの映画レビュー・感想・評価

het

het

ホラーが好きです。ゾンビはそんなに好きじゃないです。レビューは気まぐれに書きます

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

2.4

モザイクシーンの多いこと…
刑務所があんなに無法地帯で大丈夫なの?ヤク吸ったり打ったりしてたよ?
最後はよかったねって感じでした。ちょっと心が荒む映画

讐 〜ADA〜 第二部 絶望篇(2013年製作の映画)

3.2

1部は被害者目線。2部は加害者(復讐者側)。
設定が良くて面白かった。宗教みたいな塾とか。
どちらも内容的には一緒でアングルが違うので同じ映像を二回観ることになる、のがちょっと退屈
ゆうこさんがクズ
>>続きを読む

アナ‧エクランドのエクソシズム(2016年製作の映画)

1.2

OP長いよ‥
1時間ほどの映画だったけどグダグダしていてあまりにも退屈した
憑りつかれたアナ役の人は演技頑張ってた。
低予算感があふれ出てた。

パラノーマル・フェノミナン3(2010年製作の映画)

2.6

また違う監督でした。 フェノミナン2に比べたらはるかに面白かった。

1つ目 溜め池で釣りをするカップルの話
間違い探し?アハ体験?ってくらい微妙~に奇怪な現象が起きている。
序盤に出てくる祠であー…
>>続きを読む

ディスコード -DISCORD-(2012年製作の映画)

3.7

なかなか好きな感じ。雰囲気もじわーっとした感じ
なによりカメラワークが好き 特に前半
驚かし方は、恒例の突然ドンってくる感じだけど
心霊写真のブレ具合とかセルフウィジャボードとか見えない何かに吹っ飛ば
>>続きを読む

デンデラ(2011年製作の映画)

4.5

最高に面白かった
ばばあズおっかねえ…勝てる気がしない
生きるとは何か、ボスが教えてくれる
音楽も良い
原作はラストが違うそうなので気になる

心のスイッチ(2013年製作の映画)

3.0

いじめがテーマの映画。
予想外の展開だった
いろんな要素があって、コメントし辛い
つらい映画にはかわりない
海外のいじめ系映画は、いじめる側の家庭に問題がある描写が多いと感じた

カティンの森(2007年製作の映画)

4.5

偶然、最近この事件についてのwikiを見たばかりだったので観賞
あまりにも作業的で、人が人ではなかった
実際の、当時の映像も流れた。死体の山
被害者の兵士たち視点、帰りを待つ家族の視点で描かれていたけ
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

5.0

観たかった映画。
シュールで不気味で終始なにもかも狂っていた。
「乙女」とあるので少女をイメージしていたけれど16~18?にみえた
でもそれだけ長い間あの生活を続けていたのだと考えると狂気の沙汰
終わ
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

3.5

観るか悩んでたラース・フォン・トリアー作品
釣りと話を絡めるのが面白い
最後はやっぱり監督容赦ない

隣人 ネクストドア(2005年製作の映画)

1.2

ここまでエロ要素がある作品だと思わずドン引き...
現実なのかなんなのか系
オチも…うん、て感じでした

パラノーマル・フェノミナン2(2010年製作の映画)

2.0

みたかった2です。

ラブホテル廃墟:廃墟探索楽しい。グラビアシーンはどういう気持ちで見たらいいのか分からなかった..(正直長いし気持ち悪い)
幽霊実体化しすぎてつまんない しじみちゃん演技うまい 監
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.9

ビンラディン捜索チームの1人の女性の話。
絶対に信念を曲げない。「100%よ」と言い切ったのが格好良かった。
大層な感想は述べられない

モーテル(2007年製作の映画)

3.1

物騒なモーテルだなあ
前半ちょっとぐだぐだしてたけど
モーテルについてからはハラハラ系で面白かったです

インビジブル2(2006年製作の映画)

1.7

前作が面白かったので退屈した。
ずっと透明なままだから

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.0

かっこよくてみんな個性があって笑いどころもあり
観ていて飽きないクライム映画でした。
アフロの一部がなくなったおバカキャラが好きです
音楽も良かったです

タルーラ 彼女たちの事情(2016年製作の映画)

3.8

誰が悪いのか、誰も悪くないのか。
色んな気持ちになる映画でした。
エレン・ペイジはホームレスのキャラが似合いすぎていたし、
彼女の演じるサバサバした女の子はやっぱりとてもいい

モンスターズ(2004年製作の映画)

-

娘を殺された父親が、逮捕された青年を拉致る映画
最初から最後まで、暗くてライトのついた部屋でお喋り
舞台なら映えてたかもしれない
心理的なお話・言い争いをしているんだろうけど退屈すぎて頭に入ってこない
>>続きを読む

監禁村(2013年製作の映画)

-

監禁...監禁の意味をご存知でしょうか邦題付けた方は…。
誰も監禁されません
ずーっと退屈。誰が誰かわからない。悪役分かりやすすぎ。オチひっどい
これを作った人は社会に恨みでもあるんでしょうか
理解で
>>続きを読む

ダスト(2012年製作の映画)

2.5

題材と設定は好き。ロボトミー描写とか。
主人公が、区別がつかなくなってるのも良かった
邦題は完全にネタバレしてるよね...間違えてるし
メルヴィンその他まで出てきたのには笑った チビスケ…
ただ、がっ
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.8

謎解き系、人間不信系
展開は読めたけど面白かった
ジョニーデップはみすぼらしい格好が似合いますね
終盤の演技がとても良かった

ザ・フォッグ(2005年製作の映画)

1.5

霧が襲ってくるとかなんとかで
もう少し勢いよくぶわーっとくるのかと思ったらグダグダぐだぐだ
似たテーマのスモークとかミストとかとは全く違う
リメイク版だそうで。ジョン・カーペンター監督の方を観てみたい

サスペリア(1977年製作の映画)

2.0

部屋の色彩や壁の模様がオシャレで綺麗なのに目が行ってしまった
赤と青の照明も。
虫のシーンは好き。ホラーというかカルト映画な感じ。
古い映画だけど犬が思い切りぬいぐるみのパペットだったのは笑った
なん
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.0

当時は、変身するシーンとか半端じゃなかったんだろうな
多分CG使わずに、だから実際技術がすごかった
みんな似たような人なので誰が誰だかわからなくなった…
疑心暗鬼になるシチュエーションは良かったけど
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.0

とんでもない映画だった 何がどうしてどうなったらこんな映画が出来るのか
コメディタッチの愛と復讐の物語+狂気の沙汰
最後とかもう天井低いのとか有料道路の脇に落ちてくる様が面白いとか気にならなかった。
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

4.0

過去のしがらみからは逃げられないよ、なギャング映画
アル・パチーノ渋い。観ていて飽きない
銃弾を捨てる時のセリフが最高でした
冒頭でどういう結末がわかっちゃうのでラストは切ないけど最後までイケメンです
>>続きを読む

ダークネス(2016年製作の映画)

3.7

思ってたよりオカルトチックだった
原因が自閉症の子だから言うこと聞かなくて
何考えてるかもわからなくて、こりゃ両親大変だ
父親があんまり関心ない。どっかで見たなと思ったらインビジブルの人だった
幽霊と
>>続きを読む

太陽の坐る場所(2014年製作の映画)

1.8

スクールカースト上位とそうでない子の立場が10年経って入れ替わる話
ビミョー…。山梨県とレミオロメン宣伝映画だなと
地元民が方言つかったり「~だわ」とか言ったり
太陽がどうのってポエムみたいな事言い出
>>続きを読む

DEATH FOREST 恐怖の森(2014年製作の映画)

-

大学生が作りましたって言われたら納得する
記者の人の演技はよかったけど大学生四人の演技が悲惨だった
原作を知らないのでよくわからないけど、
ヨシエ?あの大きい顔がほぼ出てこないっていうのが最悪だった
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.0

最初から最後まで主人公のクズっぷりがすごい
怪演でした
レストランでの会話がとんでもない…
日本人みたいなこと言うから日本人ってクズなんだなあと思った
胸糞悪い映画でした

死霊のいけにえ(2015年製作の映画)

2.8

完全にコメディだしツッコみどころが多すぎてしっちゃかめっちゃかだけど
テンポがよくてほどよくグロくて色んな意味で楽しく観られました
みんな無敵すぎて楽しい
あと「親父が親父が」って格好つけて言ってるわ
>>続きを読む

その夜の侍(2012年製作の映画)

3.0

山田孝之さんと堺雅人さんの正反対な感じが印象的
大雨の中の2人のシーンが素晴らしかった。
そこまではよかったけれど…
終わったらパっと雨がやんじゃって一気に萎えた。不自然すぎて。
安藤サクラさん歌上手
>>続きを読む

罪の余白(2015年製作の映画)

2.8

心理戦
あんな子いたら怖いよ 実際いるんだろうけど
谷村美月さんがテコテコしてて新鮮な演技してました。可愛かったです

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

3.2

実話に基づいてるって言うのが怖すぎる
子役の子たち演技が素晴らしかったです

>|