nanさんの映画レビュー・感想・評価

nan

nan

記録用、覚書。
ストーリーよりも映像やセリフの言い回しなどにトキメク☆
耽美的な映画も好物

映画(84)
ドラマ(0)

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

2.7

雰囲気は好き
内容は薄いけど最後の不平を言うな幸せに気づくのだってセリフはその通りだなぁと思う
結局そこに気づけるかどうかで幸せになれるかなれないかは決まる

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

オープニングからおぉ!っとなる
数々の名曲がこんな風にして生まれたのかぁとか色々感じながら楽しく見れた◎
エンドロールの後に拍手したくなる作品!
フレディ以外の他メンバーの顔とかよく知らなかったんだけ
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.3

歳を重ねるにつれ、保守的になり地味になるなか若い時から何歳になってもずっと好きなもの好きなこと貫き通す姿勢に感服。
そしてほんとにセンスが良い!

昔みたいにカラフルな服を着てジャラジャラと装飾品をつ
>>続きを読む

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

4.5

何回見たか分からないくらい見てるし、でも何度でも見れるし、この時期見たくなる
なんかもうセリフとかも覚え気味。。。

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

2.5

オーレンの心境の変化が早すぎる…
でもラストシーンのリトルシャングリラの看板が良い仕事しててじんわり幸せな気分になれた◎

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

3.0

ゆるりと良かった。
とにかくイザベルユペールが綺麗可愛い♡
ある程度歳をとって、そこから冒険心が爆破してるのがなんか可愛らしい。

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

3.0

コメディなのでユルイ気持ちで見るなら良作◎
おばあちゃんがどんどんはっちゃけていくのがなんとも微笑ましくなる◎

ただ、設定と行動がちぐはぐしてたり最後が無理矢理収束させてる感じがあるのでそういう細か
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.8

グレイテストショーマンを見て思い出した
こういう派手さのあるミュージカルは目にも耳にも楽しくて好き♡

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

ミュージカル好きとしては開始早々からワクワクが止まらなかった♬
ストーリーはまぁよくある話だけど私は総合的に好き♡

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.0

元々舞台だから、全体的に舞台っぽい

シリアスなテーマなのにクスクス笑えるシーンも散りばめられているのでスッと見れた◎

お父さんお母さんの秀逸な演技と脇を固める俳優陣の圧巻の演技。全体的に熱量高すぎ
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

2.0

ラストが見る人によってハッピーエンドかバッドエンドか変わるというのに惹かれて見てみたけれど。どうだろうか?
私は全体的に見たら概ねハッピーエンドだと思ったけど

ロリータ(1997年製作の映画)

2.5

キューブリックのロリータを見たのでついでにこちらも。

こっちの方が小悪魔感が強くて教授の変態感も強い!
各々の心情なんかも描かれてるので物語としての見やすさも感じた。

相互的な感想としては、
キュ
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

2.5

名作ロリータ、見たいと思いつつやっと見た。
キューブリック感しっかり目

ハンバートハンバート(アーティストの方)の名前の由来ってここからかぁ!!って合点がいったのが自分の中でのクライマックスで後はな
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.5

特別綺麗な映像なわけではないけど、終わったら何となく綺麗な映画だったなぁって思う。そんな映画。

Every Day(2016年製作の映画)

2.8

低予算感がより日常的でこの映画のコンセプトに合ってて良かった。
あらすじで内容は全て分かるんだけど、造り方が上手いからか退屈せず見れる。

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

3.0

中島哲也の世界観が好きで昔見て、内容はふ〜ん。
って思って特に印象なかった映画。
再度見たら歳のせいかな?
泣ける〜〜(´;Д;`)
セリフの言い回しが面白い。舞台のような映画(^^)

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション(2010年製作の映画)

2.9

OPからぶっこんでくるムーミンではないキャラクターとキツイ色彩に栄えるビョーク。
ストーリー展開も主に語り。淡々と進む話。
キャラクターのそれぞれ何かしら欠落してるとしか思えない支離滅裂な会話。
最高
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

岩井俊二!って世界観でぐんぐん引き込まれていった。
3時間もあるとは感じさせない良作

TOKYO LOOP(2006年製作の映画)

3.3

束芋が好きなこともあり鑑賞。
私は好きだが人には薦めない

フラッシュバックメモリーズ(2012年製作の映画)

3.2

記憶喪失の事は知っていたけど改めて当事者達の言葉で見ると「壮絶」
すごい人だなぁ
以前フェスで見た事があるけど、めちゃめちゃ気持ち良いバイブスでした◎
GOMAから入るなら良いけどドキュメンタリー映画
>>続きを読む

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(2007年製作の映画)

2.9

世界観は好きだけど話が詰め込みすぎで全部中途半端な感じ。
詰め込まれてる話ってのもオーソドックスな筋ばっかりだしどこか1点にフィーチャーしてくれてればもっと面白くなりそうなのになぁ…

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.2

安定感。
クスッときたりうるっときたり
良い話でした。

ヒッチコック(2012年製作の映画)

3.0

「へ~」「ほ~」といった感じで見させてもらいました。
なかなか面白かった

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.3

深夜に見たくなる。
そして深夜営業のカフェに行きたくなる 笑
写真のような綺麗な映画。

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.2

この映画に出てくる「基礎なくして大きな飛躍はない」みたいな台詞がずっと残ってる。
ダコタもブリタニーもハマり役で面白かった。
ブリタニー好きだったのにな…

乾いた花(1964年製作の映画)

2.8

加賀まりこが見たかっただけで見た映画
でもこの映画のしっとりした雰囲気はなかなか好きだ。

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.1

加賀まりこが可愛い!
とにかく可愛い!

ユカは純粋過ぎただけなんだろうな。
でも決して世の中の汚いところを知らなかったわけでもなくて、むしろ知っていたから見ないようにしていたんだろうな。

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.0

ちょうど17歳の時に見た。
この17歳という精神的に微妙な時期の乙女心にガッチリハマって未だに定期的に見てしまう。

リサの攻撃的なまでの魅力。それに惹かれながらも拒絶する気持ちとか。
あ~ジレンマ。
>>続きを読む

>|