我さんの映画レビュー・感想・評価

我

アメリ(2001年製作の映画)

-

豆の袋に手を突っ込むのが好きなのめたわかるンゴ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

若草物語って源氏物語かよとか思ってたけど、当たり前だけどそんなことなくてすごいとてもよかった
ジョー最高だし、ハーマイオニーもよいし、エイミーもよかよかだった

映画に見入ってしまい電車乗り遅れそうに
>>続きを読む

愛と希望の街(1959年製作の映画)

-

知的障害の妹、鳩と死んだ鼠の絵ばかり描いていて心理状態が心配になった
鳩を撃つとこで、京子と兄が「ウツ」『ウツ』って言ってたのよかった

お早よう(1959年製作の映画)

-

構図がずっとめっちゃいい
低めのアングルとか
小道具の位置とかめっちゃいい
弟の"I love you"は最高たぬきでした。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

-

うむむやばたぬきや
熱意、敬意、言葉が足りないという言葉は身に染みたぬよ

十年(2015年製作の映画)

-

「エキストラ」
タイトルで現実を突きつけられた
あと兄貴の携帯の着信音?が日本語でアニメ声の女の子が喋ってるのに設定してるのはなんかすごい兄貴の性癖みたいなのを我は感じてもうた

「冬の蟬」
映像や構
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

-

台詞が棒読みっぽいところとか会話の返事的に違和感を感じるところがなんかよかった
あの歳でお互いの血を吸い合うのはえっちいよ

キングダム(2019年製作の映画)

-

長澤まさみが観たかったからみた
ええね長澤まさみきれいだぬ

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

人間の顔が潰れたところとかシリコンみたいな素材を感じて作り物感を感じてしまたもうちょっとリアルだとよきまるだった
我は最後の熊のやつきて焼かれるところが印象に残った