0miさんの映画レビュー・感想・評価

0mi

0mi

洋画を中心にその時見たいものを気まぐれに。
マットデイモン好きです。

映画(542)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

出だしの音楽から前作を思わせる入り方で、軽快な展開と豪華な演出はシリーズを感じさせるには十分だった。所々のシーンでも全作を模したと思われる箇所もあって、懐かしかった。

けれどもオーシャンズのシリーズ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.5

表現は凄かったけど、話は個人的にはあまりハマらなかった。何故か世界観には入れなかったのは残念。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

事前情報無しで見るのがおススメ。ホラーと思いきや予想の斜め上を行ってて面白かった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

演出は恐怖と言うより吃驚する。1番怖いのはピエロの動き。メイキングで実際にその動きをしてた役者に更に吃驚。

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

3.0

TVシリーズに比べれば比較的まだ緩いのかもしれないけど、それでも人とは見られないレベル。下ネタワードが軽快に飛び交い過ぎてるのでヘッドホン推奨。

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

3.0

最初の出だしは若干置いてけぼり感はあったけど、そこまで悪くも感じなかった。世界観に入りにくいけど、入ってしまえば楽しめると思う。

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

3.0

ノルさんが絶妙に狂気的に演じてたけど、何より最後の歌に一番狂気を感じた。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

前作よりさらにパワーアップしてブルーが愛おしく感じる。前作でオーウェンとブルーの絆がヒットした人はさらに楽しめると思う。
あとはハイブリッドの表情がとても豊かで印象的だった。
最後の終わり方はゾンビ物
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

特にコレと言った意外性があったわけではないけど、あのハン・ソロの若かりし頃と思うと、今までのシリーズを見直したくなる衝動に駆られた。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

近未来感と高揚的な曲調でなんか凄くワクワク感があった。部族毎の特有な武器を詳しく知りたい。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.0

原作未読で視聴。最後が読み難い展開は引き込まれる。ヒュー・ジャックマンは安定の歌唱力だったけど、ラッセル・クロウに歌のイメージは無かったから驚いた。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

可愛いし、面白いんだけど、マクレガーさんが割と常識人だっただけに爽快な感じはあまり無くて、同情してしまうシーンの方が多かった。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

ネタ満載&有名俳優のバーゲンセールで目が離せない。一度じゃ見きれないから何度も見たくなるし、話的にも何度見ても楽しいと思う。マット・デイモンの初見殺し加減が凄かった。あれは気付かない。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

生まれ変わっても記憶は繋がっていて、生まれ変わるごとにその時々の主人の幸せを願うワンコのお話。とても泣けた。わかってもらえて良かったね。

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

二つの物語が並行して進んでいく話。多分本来ならメインで取り上げられる騒動の裏で起きてたある家庭のいざこざが作品の本筋。二つの話は近いけどそこまでの関連もあまりなくて、けれども偶発的な出来事でさえ「彼ら>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

多分どこかでこうなるだろうって予想が定着している中で、そうならない事への「衝撃のラスト」なんだろう。まさにそんな感じだった。けど、なんだか所々モヤっとする。話の途中だからだろうか。どう回収されるのか続>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

見終わったあとゲームがしたくなった。ハマりすぎるのも問題なんだろうけど、子供時代にこんな世界観を夢見てたからとても魅力的に見えた。生きてる間にこんなゲームが作られたら嬉しいな。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

死後の世界観は国や人によって違うからささる人とささらない人がいるかもしれない。死後の姿は享年なんだろか?と少し疑問に思った。

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

3.0

キラキラな学校生活。ザックもキラッキラで眩しい。と言うか全員眩しい。けど向こうのハイスクールで生きていける気がしない。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

とても楽しかった。字幕で観たけど吹替も良いと書かれてるから吹替でももう一度観たい。ゲーム内のべサニーまで可愛く見える呪いに掛かった。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

途中までは楽しく観ていたけど、舞台が日本になってからの展開に気分がガクッと下がった。なぜ日本なのに簡体字で書かれているのか、東京と富士山の距離感も不思議でビル群を派手に壊したいが為だけに選ばれた感半端>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

なんかまだ続きそうな感じの終わり方?前作の方が好きだったかな。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.0

未知の世界へのワクワク感はとても好き。だけど一の方がインパクト大きくてちょっとアッサリ終わってしまった感も。また1が見たくなってきた。

シークレット・オブ・ハロウィン(2016年製作の映画)

3.0

ホラーと言うよりファンタジー色強めの友情物語。途中から展開はなんとなく分かってしまったけどできれば予想を裏切って欲しかった。

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.5

いろんな人たちのニューイヤーズ・イブ。見ていてホッコリできる。ザックエフロン好きなら最後のエンドロールまで楽しめる。楽しそうにダンスしてる姿は必見。

ペーパーボーイ 真夏の引力(2012年製作の映画)

2.5

マコノヒーの兄貴が踏んだら蹴ったりな話。ザック目当てで見たものの、あまり気分の良い映画ではない。

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.0

話は良くある男女のゴタゴタ。それが男性目線で描かれた友情コメディ。独身生活を誓った男3人組が意中のお相手が出来てしまってわちゃわちゃする話。内容は無いけど、気楽に見るには楽しい。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

いろんな惑星の種族が入り混じってるワクワク感はとても楽しい。
けど邦題の「千の惑星の救世主」は的外れなような?原題をそのまま訳すでも良かったのに。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

ザ・調子に乗った若者をザックが演じてる。でもちゃんと改心していく姿がまた人を惹きつけてて良い。あと今まで以上の鍛えられたザックの肉体美が拝める。筋肉が見たい人にはお勧めする。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0

アクの強い爺ちゃんに振り回される孫の話。泣きそうな声で「爺ちゃん」言ってるザックは必見。でも下ネタ全開なので周囲には要注意。

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.0

自分はこんなものじゃないと、若者が葛藤を繰り返してその思いをぶつけていく話。伝えたいものは分からなくはないけど、なんだか漠然としていて個人的にはモヤっと。ザックはこの手の調子に乗った若者の役を演じるの>>続きを読む

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013年製作の映画)

3.0

大統領とその容疑者が同じ病院で息を引き取ってたのは驚いた。関係者は複雑だっただろうに。大統領の死がここまで悲劇的に描かれるその影響力はあの国ならではなんだろうな。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.5

17歳になったパパが家族を取り戻すために奮闘する話。思ってた以上に楽しかった。見た目若いザックだけど中身オジサンを意識してるのか眩しさは和らいでた。子供達とのその後も気になる。

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.5

話はちょっと都合よすぎる感じもするけど、最初から最後まで格好いいザックが拝める。犬との触れ合いも必見。格好いいザックが見たい人にはお勧めする。

>|