ocai831さんの映画レビュー・感想・評価

ocai831

ocai831

映画(19)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

3.0

若者の悩みというか青春というか、
決断した後に来るモヤモヤとか表現されてるなと感じました。

あと、男の子は車とかレースとか大好き。
やっぱり。

自分が田舎から上京するときの夜を思い出しました。
>>続きを読む

ロック・オブ・エイジズ(2012年製作の映画)

3.6

トムクルーズがアクションをせず、ロックスターになっている映画。
洋楽好きが笑える洋楽バンドの話のパロディみたいなアメリカンジョークや
バンドマンの苦悩とか…


ウイスキーの蓋の開け方をマネするように
>>続きを読む

ヴィクトリア(2014年製作の映画)

3.4

若者の夜。
親友と始発まで飲んで駅に向かってる途中、
彼女と彼女のバイト先で夜を過ごしてる時、
バンドのリハやライブが終わった帰り道

この映画を思い出します。

撮影技法は皆言ってる通りワンカット。
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.3

苦しい問題にぶつかると観る映画。
スカッとする。
最初モーガンフリーマンじゃない俳優の予定だったらしいけど
レッドはモーガンフリーマンじゃないとこの映画にはならなかった。

演技ぎこちなくて再現VTR
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.9

ネット・SNSで、
なにか一つでも欠点を見つけた瞬間に軽率に人を貶す今の時代こそ
皆観るべきでは?

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.1

オールディーズの洋楽が好きなら100楽しめる。
Can’t take my eyes off youの誕生した流れが知れる。

フランキーバリの信念。
ポップコーンが美味しく食べられる映画。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.8

世の人間は暴力映画だとか子供の成長に悪いだとかいう。

この映画は社会を表している。
自由奔放な若者。好き放題。
でも実は裏で国が関わっているとしたら?
それは自由なんでしょうか。

ってなる映画。
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.6

記憶をさかのぼっていく映画。
映画が進むにつれてストーリーは後退していく。

映画の最後あたり、ストーリーでいう序盤に色々展開が色々する。
最後まで思考を映画の中に置いておける映画。
映画で考えるのが
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.3

パルプフィクション。
パルプ。トイレットペーパー。
なるほど、そういうことね。ってなる。

もしここでヴィンセントがトイレに行ってなかったらって想像して楽しむこともできる映画。

この世の中でヴィンセ
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.5

まっすぐ。
お互いに。

純粋を知った。
裏社会というか、あまり人に知られないような世界があるのを知った。
大事な人は命に代えてもってやつ。
この映画見てから錠剤噛むときにスタンになりがち。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.1

地元が山ばかりの田舎で、そこで育ったせいか
青春時代に戻りたくなった。
ありきたりなレビューだけど。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.3

愛。
強い。
僕はこの映画でベリーショートの女性がタイプになりました。

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

男の子(成人含む)が大好きな要素しかない。
ミッション 〇ンポ ッシブルのトム・クルーズも素敵だけど、
トップガンのトムがハンサムすぎ。
施設内の映像でゲイの友達がキャーキャー騒いでいた。

バックドラフト(1991年製作の映画)

4.4

火は生きている。
爆薬ドッカンな映画はあまり惹かれないけど、
この映画の炎は生々しいというか、生き物みたいな描写というか、
映像なのに熱を感じる。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.7

久しぶりに映画で泣きました。
男のバルボッサ。
海賊のバルボッサ。
とあるバルボッサ。(映画見てね)

そして久しぶりにパイレーツオブカリビアンらしいストーリー。
酒クズ、冒険、女、認知、感動。
後半
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

2.0

ワールドエンドで一度締まってからのスタートなので仕方ないと言えば仕方ないが、
衝撃を受けるような内容ではなかった。

CGくさい(CG感が目立つ)部分が多々あったが、集中すれば気にならない程度。(?)
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

2.7

映像編集や撮影技法はもちろん進化している。
ストーリーの内容は、無理やり締めにもっていっている感がすごい。
でもやっぱり面白いと感じてしまうのは
ジャックスパロウがかっこいいから!

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

3.0

1の「呪われた海賊たち」に比べると微妙。
ただ映画の展開(構成)はシリーズでも重要な要素を伝えるのには適した展開。
これ一本を楽しむというよりも、
この前、この後のストーリーを楽しむための一作となって
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

4.5

原典にして一番面白い。
人生で映画というものに興味が湧くきっかけになった映画。
ワン〇ースよりもパイレーツオブカリビアン。
海賊というよりも、
自由・冒険心をくすぐる海 にあこがれを抱く。