オーシャン小林さんの映画レビュー・感想・評価

オーシャン小林

オーシャン小林

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.8

MCUの新たな章の幕開けということもありやや自己紹介気味に感じる部分も多かったけど
スケールが大きいからこそ、そのスケール感を活かせば今の人類全体を俯瞰的に見て訴えかけるような物語が描けるという
アベ
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.5

TIFFクロージングにて。
ミュージカル映画ではありつつも想像よりミュージカル要素は控えめで
音楽自体も相変わらず素晴らしいんだけど、だからといって綺麗な大団円に収まりきらせようとはしない感じが少し新
>>続きを読む

洞窟(2021年製作の映画)

3.0

TIFFにて。ヴェネチア入賞作品らしいので。
洞窟研究を映画にし更にそれを見た事のない画で表現するという着想は面白いし、その意味で言えば期待を裏切らない高いクオリティの映像が観れて良かった。
セリフが
>>続きを読む

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

3.8

東京国際映画祭にて
世界観も登場人物も独特なので、なんだこれと思ってしまったら多分そのまま乗り切れないんだろうなとは思ったけど
個人的には概念的な話だったりあやふやな世界観は好きだったりするので、その
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.5

ブラックウィドウを見逃したので久しぶりのマーベル。
西洋が描くアジアとなるとカルチャー間でのズレを日本人としては共感できなくてスッと劇中に入って行けないこともある中
抑圧と家族をテーマの1つとして据え
>>続きを読む

エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ(2021年製作の映画)

3.5

演者・スタッフ達の拘りや人柄が、エリック・クラプトンを上映直前に予習しただけくらいの人間でも感じることが出来て
彼らを見ていると自分には何が出来るのか、突き詰められるのかと自分自身にも行動意欲が湧いて
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

3.5

音楽が終始最高でノリながら・聴き入りながらショーの世界観に入り込めて、
演者の表情とか表現がよく味わえるっていう映画の画角で観るからこそのメリットもあって楽しく観れた。
丁度パフォーマンスのヤバさに慣
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

すれ違いみたいなちょっとした関係性の物語と、下北沢のシティっぽい性格もあるけどどこか広すぎずこじんまりとした街のカルチャーがすごく合ってて
延々と垂れ流して観ていられる雰囲気でありつつも話は一応収束し
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

3.0

現代的な人間の生きていく葛藤・難しさとか終始猿楽町な所とか、全体的に若い話だな〜と思って観てた
考えるな感じろじゃないけど、この映画は観て考えるというよりはその場で起きているドラマを観ながら感じていく
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.8

何か分かりやすい論文を読んでいるかのように、象徴的なシーンが時折挟まれて話が進むごとに段々と要旨が伝わってきて
都市と階級・封建的価値観という難しめな事を理解しやすくて考えさせられるように出来ていると
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.0

アイデアとしてはシンプルなストーリーだし、展開的にもツッコミ所(多分大体の人が!?ってなる所がある)はあるんだけど
その裏返しとして、ややコミカルで楽しみながら観れる世界観と人生系のしっかり考えられる
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.3

何故オタがオタになり、そしてオタに熱中し続けるのかという個人の心情の視点だけでなく、社会から対象化されたオタコミュニティという集団の中からの視点で、その独特の雰囲気や良さ悪さがリアルに伝わってくる映画>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭にて
内容は重めだし、雰囲気や展開で明るく中和されている訳でもないんだけど前へ進む勇気が貰えて少し明るい気持ちを持てる映画だった。
演出(多分カメラワーク?)がチープなのが割と目につくレ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

SF全開な世界感で、時間概念とかに代表されるようなSF特有の魅力に引き込んでいくような作品だった。
少し複雑で全てを理解し切ることは難しいと思ったけど、単純に緊迫感のあるアクションでエンタメとしても楽
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.5

特別面白いとか胸に刺さるものがあるとは感じられなかったけど、
オチがしっかり落とせていて、火花の時にもあったツッコミでテンポを取るっていう作品の良さとかも出せていた演出はよかった。タイトルに恥じず演劇
>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.8

音楽+爽やかの組み合わせだし人格入れ替わり系だしでありがちな題材に熱い展開と、王道を突っ走り抜けていて
素直に観終わったあとの余韻が心地いいし、やる気を奥底から出させてくれるような感情になる観て損しな
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

静かでやや退廃的な雰囲気と言葉の美しさからなる深さが良くて、邦画のいいところが詰まった映画だったと思う。
意外と登場人物が共感出来ないような人ばっかりなのと、邦画あるあるのそもそも配役の年代があってな
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

2.5

哲学的に愛とか人間の心を問う今泉監督の世界観は今回も十分味わえるしやりたいことも伝わってはくるんだけど、
ストーリーがハーレムラノベみたいな感じで無理があるから途中で共感する気を削ぎ落とされてしまって
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

タイトルとフライヤーだけ見てフォードとフェラーリのバチバチのバトル物かなと思ってたら、意外と人間にフォーカスした真面目なお話で
レース自体の映画館でみる臨場感とか熱さはもちろんありつつもそれだけでは終
>>続きを読む

花と雨(2019年製作の映画)

3.5

SEEDAの「花と雨」が出来るまでの曲の生い立ちをそれまでの自伝と合わせた作品で、
芯を通すことの挫折や苦悩をストーリー化したオーソドックスな展開にイメージと合うような雰囲気が合わせられていて、純粋に
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.5

裏切り裏切られたりの展開とかオーバーだけどなんかユニークなカイジの良さは健在だったし、テーマも現代版っぽくてよかったけど、
そもそもストーリーの導入とかプロットが今まで以上に無理矢理過ぎて頑張って続編
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.5

観る前の想像の2倍以上はくだらない、下ネタもふんだんに使ったばかばかしさが全面に押し出されてて
TVサイズだろってくらい薄っぺらい内容ではあるけど、外国バージョンだからの面白さというよりはフランス版と
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

4.0

よく言えば当時の観客や交際相手と同じ立場からテッドの魅力に引き込まれたけど、悪く言えば本人の表での表現しか見られなくて下手に見やすいからソフトだったかなって感じの映画だった。
本当に信じている人が疑わ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

韓国映画の長所といえるストーリーのドラマ性の高さと、動き始めてからの展開の緊迫感で目を離さずに楽しめるような映画だった。
練られただろう物語の割にはツッコミどころが無くはないのだけど、そういうテイスト
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.5

主人公が田舎者かつ無口なキャラということで、淡々と情景を描きながら観る側にはフラストレーションがたまるような場面も割と長い間続くが、
終盤のシーンで一気に今まで見させられていた物語への感情が込み上げて
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

雰囲気映画の傑作っていう感じで、意外とミュージカルに頼りすぎることなく色々な音楽で飽きずにこれでもかというくらい綺麗な絵が続くので、終始世界観に引き込まれた。
ただやっぱり特にストーリー性を見せずに抽
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.8

これはシャロンテート事件を予習してないと意図がほんとに分からないと思う…?
幸い自分は予習していて、逆にもっと難し気な話だと思っていた分、初見お断りではなく意外と終始笑えるしエンタメとしてしっかり楽し
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

タイトルが出るとことか戦闘中の演出がすごくかっこよくて、戦車でのアナログなバトルのはずなのにSFレベルの迫力があって、頭を使わずにしっかり楽しめたしIMAXの価値もあったので良かった。
ただ演出だけじ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

内容は重めではあるけど、アーサーが悪化するにつれて物語の調子はよくなっていくので、終わった後の感触は悪くならないというところに魅力を感じて良かった。
自分の都合に合うようなことしか考えない上流階級が多
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.3

ストーリー的に後味はあまり良くないし、観てて結構疲れたけど
社会的弱者やその背景に蔓延る屑の扱いについてリアルな空気感を通して考えさせられるし、この世の理不尽さを訴えるような作品は自分の趣味でもあるの
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.5

TIFFにて。
ピアノのコンクールっていう感覚的な世界の緊張感とか、登場人物それぞれの目指すところが音楽とともに伝わってきて良かった(監督曰く鍵盤にカミソリが仕掛けてたりみたいなストーリー的な邪魔のな
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.3

是枝監督の淡々とした雰囲気はフランス映画に合ってるなとは感じたけど、中身を感想にするのがなかなか難しい…
曖昧だってことが結論なのか、結論が曖昧に作られてるのか結局個人的にはわからなかったけど、
ただ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.5

あんまり映画っぽくないような普通で側から見たらダサいかもしれない生き方に、映画っぽい運命をテーマとして対照的に合わせてあって
自分も普通の人なので入りこみながら現実と照らし合わせて共感しつつも、リアル
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

とにかくゴリゴリの殺し合いに気付いたら夢中になっちゃってるっていう楽しさで
特に序盤のシーンでバカ映画っぷりを先に分からせていくことで、前作見てないと分からないような所とかがどうでもよくなってアクショ
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.0

映画として面白くするならもっとどこかに振り切ってもう少し分かりやすくした方が良かったんじゃないかと思うけど、
この理解できない程の無垢さが魅力なのだとすればその主人公の魅力は逆に割と伝わったので良かっ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

ボヘミアンラプソディの時よりミュージカル調で、悪く言えば記憶と余韻に残るような映画にはなりづらい所が少しあるけど、良く言えば決して軽い訳ではない人生のストーリーを見やすく楽しめたからよかった。
自分は
>>続きを読む

>|