ゆーこさんの映画レビュー・感想・評価

ゆーこ

ゆーこ

書き留めないと忘れてしまうので、少しずつ書いていくことにしました。

映画(117)
ドラマ(0)

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

フォレストガンプでのトムハンクスのイメージしかなかったからダンディになっててちょっと感動した。笑
実話としては素晴らしいけど映画として作るには薄っぺらくなりそうという勝手な先入観を持ってた。だがしかし
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

時々、いや雑じゃない?笑笑っていう編集のアクションはあったけど、ガル・ガドットめちゃくちゃかっこよかったし、DC作品多分初めてみたけど楽しめたから良かった!

インターステラー(2014年製作の映画)

-

初めてのクリストファーノーラン作品。
一緒に宇宙に行かせてもらったかのような映像美。
難しい言葉が出てくるほどなんだかロマンを感じてワクワクが止まらなかった。笑
終盤の本棚の謎が解けるシーンの世界観は
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

-

魅力に溢れた天才子役ジェイコブくんを知れた映画

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

-

前半はなんだこのおちゃらけた人はとか思っちゃったけど笑、後半はその良さが光ってたし、何より監督と脚本がベニーニさんってわかった時はやられたぁと思った。笑
重いテーマだからもっと暗く悲しい作品だと勝手に
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

想像していた映画と全然違った。ベネディクト・カンバーバッチの演技も要所に出てくる名言もラストシーンも良かったんだけど、何よりこれが実話なんだと思うと感慨深くなる。色々考えさせられるけどこういう映画好き>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

めちゃくちゃリアル。主人公2人がとっても役にハマってる。
恋愛映画かと思ったけど世間一般でいう恋愛映画って感じではないかな。現実を見せつけてくる感じ。結構刺さった。ラスト切ないなぁ

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

-

もしもあの時こうしてたらが不意に叶えられちゃう映画。幸せの定義って難しい。
妻と色々悟ってる長女ちゃんがめちゃくちゃかわいかった…
ドン・チードル出てきて、一瞬あれマーベル?笑と思った

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

これからはチョコレートドーナツを見てマルコを思い出すだろうな。
彼らにとっての幸せはすぐそこにあるはずなのに、幸せと正義は隣り合わせではないのかととても胸が痛んだ。
「私は守りたい、制度の隙間からこぼ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

トニーに認められようと頑張るところも街のみんなを助けようとするピュアなところもラスト少し大人になるところも全部愛しかった。笑

ドライヴ(2011年製作の映画)

-

思ってたよりグロくてセリフも少なめで稀に見る独特の空気感という感じ。こういう役もちゃんとこなせちゃうライアン・ゴズリングはやっぱりすごい。後からジワジワくるなぁ

はじまりのうた(2013年製作の映画)

-

マーベル見てからだと、マークラファロがハルクになっちゃうんじゃないかっていう変な緊張感出てそれはそれでなんだか面白かった笑
そんなことは置いといてキャストのチョイスも素晴らしいし、アダムってやっぱり引
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

-

マーベルのキャラ設定は毎回よく思いつくなぁと思う笑
アントマンサイズになったことないけどなった後の描写がとても綺麗でほんと違和感がないのがすごいなぁ

>|