odagasukaruさんの映画レビュー・感想・評価

odagasukaru

odagasukaru

映画大好きです。ジャンル問わず、死ぬまでに出来るだけ多くの映画と出会いたいと思ってます!映画談義してくれる方、お気軽にフォローして下さい!僕もフォローします^ ^

★5 最高。大好きな映画
★4.5 面白い。オススメできる映画。
★4 個人的には好きな映画。
★3.5 いい映画。
★3 ごく普通。観ても観なくてもいい。
★2.5以下 観なくてもいいです。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

面白かったけど、期待してた面白さとはちょっと違った。とことん怖がりたかったのに、途中からはピエロの動きに普通に笑ってた。セリフもクスッと笑ってしまうところがチラホラ。飽きずに観れましたけどね。

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

3.0

洋画の『おとなのけんか』を思い出しましたね。ワンシチュエーションで、ほぼ会話だけで成立するのは凄いと思います。最後のオチのテラスでの出来事はちと不用意過ぎかと思いましたが。

氷菓(2017年製作の映画)

3.0

アニメが割と好きだったので観ましたが、キャラが合ってるのは山崎賢人くらいかな。えると里志は何か笑顔の裏に何かありそうな感じがした。日常の何気ないことの謎解きは嫌いじゃないけど、最後まで華やかさは欠けて>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

メインキャスト以外に、ヨハンソンやカンバーバッチなど豪華俳優がサラッと出ちゃうのがアベンジャーズシリーズの嬉しいところ。ただソーシリーズ皆勤賞の浅野忠信がサラッと死んじゃうのは悲しいところ…。ギャグ要>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

海が『歌うたいのバラッド』を歌うシーンで自然と涙が流れました。歌詞がこの映画に本当にピッタリだった。登場人物それぞれの人魚とのエピソードがまたいい。泣かせてくれます。
絵も愛着ある可愛らしいタッチでよ
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

2.5

ソシオパスVSシリアルキラーという予告から楽しみにしてたけど、そんなに対峙するシーンが無いのが少し残念、物足りない。後半盛り上がってきたかと思いきや、そっち行くかぁ…っていう展開。この映画はもっと現実>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

3.5

特殊能力の使い方が面白い。特殊能力の種類が多く複雑な割には分かりやすい。前篇が良くて後篇ガッカリっていうパターンが多いけど自分は後篇の方が好きかな。平祐奈の何か小腹立つ感じ、上手いな。

狂覗(2017年製作の映画)

3.0

生徒の立会いなしの教室での荷物検査という設定のワンシチュエーションスリラーです。B級感が半端なく、役者に正直華も魅力もあまりないですが、後半の怒涛の展開はなかなか面白かったですね。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

まず思うのはそこまでみんな最低じゃないなと。それぞれもっと最低に出来たし、その方が後半がより面白かったと思う。ラストは綺麗事並べて終わりかと思いきやのあの行動、結構予想外でした。あれをどう感じるかです>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

何か起きそうな不穏感とか、気にならずにはいられない違和感とか、観客を引きつけるのがうまいですね。話もかなり現実離れしてますが、新しいと思います。こういう黒人の使い方は今までの映画にはないんじゃないかな>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.0

最近公開された映画『ダンケルク』とはまた違うダンケルクのお話。ダンケルクでの内容よりも、どちらかというと映画作りの方に焦点を置いていて、ちょっと期待とは違いましたね。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.0

油絵で動くアニメというのは初めて観ましたね。斬新でした。吹替で観ましたが、豪華な声優陣で知らずに観たのでビックリしました。

ザ・ドア 交差する世界(2009年製作の映画)

3.0

サブタイトルの『交差する世界』というのがこの映画を象徴するところで、よくあるタイムスリップ物とは異なるところ。確かにもし過去に戻ることが出来たらこういう事も起こりうるかなぁと思い、興味深かったです。

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.0

最初は怖かったけど、どんどん慣れましたね。洋画のホラーの中ではなかなか後味が良い方ではないでしょうか。テリーサ・パーマーだったのか、気付かなかった。雰囲気違ったな。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.5

行定監督のこういう陰湿な、暗い感じの恋愛映画好きですね。雨の演出も行定監督らしい。『ナラタージュ』という話は、本当に行定監督に合ってると思った。

坂口健太郎は嫌な役だったけど、リアルで上手かったなぁ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5

これははっきり言ってズルい映画ですよ。犬が飼い主に会いたくて、生き返りを何度も繰り返すんですよ。…感動しない訳ないでしょっ!!
どの飼い主もいい人ばっかりで、すぐに感情移入が出来るから、それぞれの犬の
>>続きを読む

ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助(2017年製作の映画)

3.0

確かに「探偵はbarにいる」のような雰囲気を持つ、ハードボイルド系の探偵モノですね。時間が短い割に事件のことに触れてる時間が短いなぁと見てて心配になった。主要キャストはキャラがあってなかなか良し。

静寂の森の凍えた姉妹(2016年製作の映画)

3.0

悪くないけど物足りない。最後「あ、終わり?」って感じで、あっけなく終わった感があった。真犯人判明のネタがちょっと弱い、あれだけでよく終われたな。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

印象的なのはハーパーの息子達と三女サージとのやり取りのシーンですね。この映画を象徴してると思います。
人間というのは優れていることよりも、周りと同じであること。調和をつくづく大事にする生き物だなと感じ
>>続きを読む

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

2.5

子ども達は確かにかわいいけど、これ本国の人は観てて平気なのかな。これもし邦画で子役がやってたらと思うとゾッとした。日本だと色々引っかかりそうだし(笑)
現実離れしすぎてて後半観てるのが辛かった。設定か
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

出たら殺される、閉じ込められたライブハウスからの脱出劇。といったお話。設定が違うだけで、内容はよく見かけるパニックスリラーかな。脱出が失敗する度に何回も閉じ込められた楽屋に戻るのが滑稽だった。ネオナチ>>続きを読む

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

3.0

いいお話ですね。対立してた者同士が、お互いを認めて理解し合って、そして協力し合い、成功を収めてゆく姿は見ていて気持ちがいいです。
ただ、中盤から後半にかけてが順風満帆過ぎるとゆうか、ピンチというピンチ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

肌に伝わる戦争の緊迫感や、劇場で胸を打つ戦争の音は本当にその場にいるかの様だった、凄い!
ただ、歴史に疎い私にはどうも何が起きてるのか分かりにくい部分がいくつかあった。予習して観た方が無難。
にしても
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

3.5

全員が一斉に進化するシーンにはテンションが上がりましたね。tri.では初かな?
緊張と緩和。緊迫したシーンだけでなく、やっぱり学校でのほのぼのとしたシーンがあるのは嬉しいし、ありがたい。微笑ましかった
>>続きを読む

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

3.0

スリーピーホロウ、首なし騎士を題材としたミステリー・サスペンス。
おそらく原作とは違う内容だと思うけど、犯人を探す謎解き要素や、ラストにどんでん返しが用意してあって楽しめる内容だった。
ジョニー・デッ
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.0

やっぱりアダム・サンドラーのコメディの面白さは安定してる。今作も最後まで飽きずに観れました。こういう日本生まれのゲーム、文化がハリウッド洋画に使われているのは本当に嬉しいですね。

ストリートファイター II MOVIES STREET FIGHTER!!(1994年製作の映画)

3.0

リュウのハチマキとか、サガットの傷とか、スト2の基礎知識がこの映画で知れる。
ベガとの戦闘シーンやラストシーンを始め、ツッコミどころは満載(笑)お色気シーンも子供が見ていいとは思えない程。
羽賀研二の
>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.0

恋人が殺し屋。でもそれをそこまで隠そうとしない。そして彼女の方が覚醒してゆくのが新しいかな。
最初から最後までコメディ要素満載で観やすい映画だった。スティーブいい奴。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

私の中で矢口史靖監督はハズレのない監督です。歴代の作品に比べると話題にならなかったし、最初地味な印象でしたが、終わる頃にはやはり矢口史靖。家族の関係に感動しました。
大地康雄さんが出て来る件は本当にジ
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

2.5

劇場版だけでも面白い、劇場版を観て本編も観たくなった。という長編アニメはいっぱいあるのですが、これはそうではなかったかな。アニメを観てないと結構置いてかれる印象ですね。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.0

理屈が通用しない10代の面倒くさい言動に何だか共感してしまった。ウディ・ハレルソンの先生役がなかなかハマってて好きでした。

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ(2016年製作の映画)

3.0

政治家としての魅力がいくらあっても、やはりこういう性癖を払拭するのは難しいか…。アメリカの直接的なイジリ方は流石(笑)
個人的にはウィーナーの子供が1番心配…。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

パッケージや予告からは黒人差別を描いた内容かと思っていたけど、鑑賞後に印象に残ったのはどちらかと言えば同性愛の要素だった。タイトルにもあるように、月明かりが印象的な映画。

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.0

これでもかってくらいの青春が詰み込まれてます。割りとベタですが、「美女缶」のような展開には少し驚いた。

そうか、今の学生達はMDも見たことなければ、BUMPの天体観測も知らないのか…。
ただ、EDで
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

これが実話だと思うと本当にゾッとする。人災なので助かって良かったという感動はあまり感じなかった。終盤、亡くなった人の家族の反応が結構リアルに感じた。

>|