オダガスカルさんの映画レビュー・感想・評価

オダガスカル

オダガスカル

映画大好きです。ジャンル問わず、死ぬまでに出来るだけ多くの映画と出会いたいと思ってます!映画談義してくれる方、お気軽にフォローして下さい!

★5 最高。大好きな映画。
★4.5 オススメ。面白い映画。
★4 面白い。好きな映画。
★3.5 いい映画。
★3 普通。観ても観なくてもいい。
★2.5以下 観なくていいです。

映画(2228)
ドラマ(0)

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.0

まず北野武作品ぽくないなという印象。バイオレンスな感じ、何か起きそうな不穏な雰囲気とかが今作にはない。ロックバンドが突然J-pop寄りの曲を出してきた感覚に近い。そのため万人に観やすい内容になっている>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.5

自分の中で福田雄一監督は当たり外れがわりとはっきり分かれる。今回は当たりの方。自分が原作を観てないことがまずいい方に転んだかな。原作との違いに嘆くこともなく。ありとあらゆる超能力を1人で受け持ち、ライ>>続きを読む

沈黙、愛(2017年製作の映画)

4.0

こういうどんでん返し今まで見たことない訳ではないんだけど、なかなか良かったと思います。主人公の職業とか性格などの設定が後半の展開にいい感じに効いていて、そこまで無理な感じや違和感なく観ることが出来まし>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.5

綺麗事にまみれた茶番劇。でも最後の方は自分もしてやられました、上手かった。
子供にはオススメ、純粋な心がまだ少しでも残っている大人には何か響くものがあるはず。心が完全に荒んだ大人は観ない方がいい、そん
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.0

娘とのレストランでの会食シーンと、やっぱりラストの教会のシーンが個人的にはお気に入り。アマンダは自分の中で、出てると“この映画面白いんだろうな”と思えるいい女優さんになったと感じました。

blank13(2017年製作の映画)

3.0

何だろうな。あまり知らなかった父親の人間像を葬式で初めて知るっていう話の枠組みはとてもいいと思ったんだけど。その葬式がやっぱドラマ・映画というよりコントっぽくて感動はしにくかったかな。どちらかと言えば>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.0

誘拐された仲間を探す推理ゲームをしようとしたら実際に誘拐事件が起きちゃうっていう話。何かもっと途中から本当の誘拐って気付くとか、ゲームとして用意してた謎解きを楽しむ展開の方が面白かったんじゃないかな?>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2017年製作の映画)

2.5

これぞB級映画って感じでした。ラストのどんでん返し的な部分はちょっとやられたけど、よくよく考えればあの超人気オカルトスリラーシリーズの一作目の展開してと同じだということに気づいた。各刑務所一番の悪を集>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

波瀾万丈、壮絶な人生。すごかった。だからもっと見せ方によっては盛り上がったと思うんですが、日記を読んでいくかのような淡々とした進み方で映画としてはそこまで面白くなかったかな。素材が凄いだけにもったいな>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

こんなに淡々と裁判が進む映画も珍しいなぁなんて思って観てたらあの結果でしょ?途中までめちゃくちゃ胸糞悪い映画だなと思った。無情感とかやるせなさとかが半端ない。また容疑者の女の面がムカつくこと、弁護士も>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.5

ジブリ作品の中で大人の色気を感じられる唯一無二の作品ですね。自分は紅の豚、風立ちぬが好きなので宮崎駿が描く大人の世界観、子供が夢見る大人の世界みたいなもんが好きなのかもしれないなと思った。ポルコロッソ>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

遂に日本でこういうマーベルの様な映画が成立する世の中になったかと嬉しく思いました。しかも主役がおじさん、映像技術の発達の賜物。あと主役と敵が同じ能力でぶつかっているのが良かったと思います。地球外生命体>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

題材が面白いのと、どんでん返しがいくらでも作れる設定なだけに惜しかった。もうひと癖欲しかったです。何か中途半端にホラー映画の演出入ってくるなぁと思ったらリングや劇場霊の監督でしたか。この映画にホラー感>>続きを読む

ごっこ(2017年製作の映画)

3.5

感動しました。子役の子が本当に上手い。千原ジュニアさんは良くも悪くもテレビで見る千原ジュニアさんのまんまだった。それでも感動できるのだから映画として十分成立してるでしょう。たまにシリアスなシーンで顔が>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

面白いです。やはり全てパソコンの画面だけで100分の映画1本が成立するというのがまずすごい。自分が知らないだけで今までこういう映画があったかもしれませんが、今後は作れないでしょうね。これのパクリとか真>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

2.5

メインキャスト5人はさすが実力派だなと思いました。役柄的に夏帆さんが少し若いかな?と最初思ったのですが、東出さんとのやり取りは感動的で涙しそうでした。しかし見せ方があまり良くない…。キャストがほとんど>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.5

アバターを抑えてのアカデミー賞に納得の1本です。爆弾処理の緊迫感、ハラハラが観ているこっちにひしひしと伝わってくる。ただ最初からフルスロットルな為、中盤から後半にかけてちょっとダレるかな。今ではアベン>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.0

浅野忠信さんの静から動の演技が凄かった。ストーリーは本当に陰湿でジメジメした映画。何かが激しく動くわけではなく、恐怖が最初から最後までジリジリと迫ってくるような感じ。

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

2.5

前半から中盤までがなかなか面白いだけに残念。中盤から後半がかなり失速。キャストが全然活かせてない。活かされる前に死んじゃったりする。まぁ実話なら仕方ないのかもしれないが、けどこれが実話というのはなかな>>続きを読む

そのときは彼によろしく(2007年製作の映画)

2.0

『世界の中心で…』『今、あいにゆきます』『電車男』etc
当時の人気恋愛映画の流れに乗っかろうとした感がスゴいですが…
キャストも話も見せ方も、なんか見た事あんだよなぁって感じしかしない。
もっとオリ
>>続きを読む

チリ33人 希望の軌跡(2015年製作の映画)

3.5

鉱山の地下に閉じ込められた33人の作業員の実話。ニュースをあんまり見ない自分でもこれは知ってたし、こういう映画で詳細を改めて知れるのは本当に映画のいいところの1つ。本来地下に到達できるまででも映画1本>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.5

両足失ってそうなるのは仕方ないのかもしれないとは思うのですが、ちょっと主人公が人間的にダメすぎたというかそれが嫌でエンドまでに巻き返せなかったかなぁ。そっちの方がリアルかもしれないんですが。周りの人達>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.0

確かに言われてみればよくある、言ってしまえばベタな展開かもしれないけど自分は気付かなかった。でも後からめちゃくちゃ伏線が張り巡らされていたことに気付いて面白いな、もう一回観たいと思った。気付かなかった>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

無邪気に遊びイタズラばかりする子供たち。裕福ではないが明るく、子供たちと仲良く優しく接するママ。そんな親子を厳しく叱るのだが度々優しさが垣間見える、父親のようなモーテルの管理人。彼らの生活はほのぼのと>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.5

『インファナルアフェア/ディパーテッド』のような潜入捜査物。韓国はこういう類の映画得意だよなぁ。何重にも重なる裏切り・騙し合いの連続、騙されてる奴が実はさらに上手で騙してたりと本当に展開を読むのが難し>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

爽やかないい映画でした。最初に医者姿の知念くんが出てきた時はどうなることかと思いましたが立て直した。中川大志・小松菜奈が良かった!
色恋沙汰で友達と喧嘩して若いねぇ青いねぇ。そしてジャズはやっぱりいい
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.5

もともと三木聡監督作品は好き嫌いが分かれる作風だと思うんですが、今回は三木聡感が薄い分中途半端だったかな。ふせさん、岩松さん、そして麻生さんが出て来て「来た来た三木ワールド!」と思ったのですが、いつも>>続きを読む

不機嫌なママにメルシィ!(2013年製作の映画)

3.0

子供の時から女の子のように育てられたギヨームといつも何かと不機嫌そうなママ。成長するにつれて僕って男の子?女の子?と悩み、無理くり男子寮に入れられたりゲイバーに行ってみたりと珍道中。これが監督も兼任し>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

トムハ、ゲイリーは安定のカッコよさ、個人的には地味だけど長男のハワードが一番好き、敵役のガイピまで登場人物みんなカッコよく見えた!三男のジャック以外は…。
ジャックのあの自分勝手な末っ子気質、認めてよ
>>続きを読む

わたしのハワイの歩きかた(2014年製作の映画)

3.0

個人的に榮倉奈々の演技が好き。本当に上手くなったしナチュラルだと思う。自分は割りと楽しめました。まぁハワイが舞台なだけで雰囲気良くて観ちゃうのもありますが。加瀬亮とか高梨臨とか安田顕とか割りとナチュラ>>続きを読む

That’s カンニング! 史上最大の作戦?(1996年製作の映画)

3.5

リアルタイムで観た。20年以上も前ですが、当時子供の頃はなかなか面白くて意味も分からずよくカンニングをマネしていました。ただ小学生のテストにカンニングは全く必要なかったのですが。笑
主演がなんと安室奈
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.0

SF系サスペンスなのであり得ない設定ですので、そのファンタジー要素さえ受け入れられれば割りと楽しめます。他の方のレビューにもありますが映画『アイデンティティー』に少し似てる部分があって偶然集まったはず>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

単純に自分がこういう系の話があんまり好きじゃないのであまりいいと思わなかったです。ただ終盤の展開、家族の愛情に感動したし、ラストは胸が締め付けられる切なさは感じました。昨今、LGTBが世間に認知され始>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

『ジュマンジ・ウェルカムトゥジャングル』『キングコング髑髏島の巨神』などがまだ記憶に新しい今だから、この映画ならではの新しさ・面白さみたいなのはなかったかなと。ゴリラとか他の動物とかCGがあんまリアル>>続きを読む

>|