オダガスカルさんの映画レビュー・感想・評価

オダガスカル

オダガスカル

映画大好きです。ジャンル問わず、死ぬまでに出来るだけ多くの映画と出会いたいと思ってます!映画談義してくれる方、お気軽にフォローして下さい!

★5 最高。大好きな映画。
★4.5 オススメ。面白い映画。
★4 面白い。好きな映画。
★3.5 いい映画。
★3 普通。観ても観なくてもいい。
★2.5以下 観なくていいです。

映画(2042)
ドラマ(0)

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

個人的にはシリーズの中では一番物足りなかったです。豪華俳優陣で飽きずに最後まで観れますが…。原田泰造さんの演技楽しみにしてたけど短かったな。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.0

やっぱりこの設定を日本人でやるのは厳しい。不自然すぎる髪型・カツラが気になります。子役もコネで選ばれたのか。喋る犬とか、大量のクローンとか無駄に気持ち悪りぃ。結局最後まで何?って感じ。
しかし、大泉洋
>>続きを読む

アトランティス/失われた帝国(2001年製作の映画)

3.0

めちゃめちゃ豪華な吹き替え声優陣。特に吉田美和はめちゃくちゃ上手いと思った。いいキャラクターが多い分、途中の展開ですごく残念な気持ちになりかけたけど、そこはさすがディズニーといったストーリー展開でした>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

2.5

『スリープオーバー=お泊まり会』
若気の至りをダラダラ見せられて、そしてルックスがみんな中途半端というのはなかなかの苦行…。自分とは異次元過ぎる青春に共感もドキドキもしない。

乳酸菌飲料販売員の女(2017年製作の映画)

2.5

タイトルにインパクトがあったので気になって観てみたけど、結果ただのエロビデオだった。笑
ただスカしたりせず、期待通りに物事が進むのは良かったかなと。

Mr.タスク(2014年製作の映画)

3.0

何ちゅうサイコ映画だ、飯時に観たのを後悔した。でも観てて退屈しない、変な魅力がある映画だった。でも周りには絶対勧めないと思う。笑

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.0

自分の好きなタイプの映画ではなかったですね。
酒に溺れて、過去に囚われて、ギャーギャー吠えて。話も割とありがちな内容。
でもやはり虹郎×綾野の演技はなかなか見応えがありました。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.0

最後はみんな幸せになって笑顔になるいい終わり方だった。不覚にも少し泣きかけた。ラストに向けて伏線が張ってあったのは意外だった。中身は平均点です。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

劇場版コナンあるある『新しい建物は、大抵爆破される』から始まる今作。
いやぁ、シビれたね。話は最近の劇場版と変わらず、子供には到底分からない。そして現実離れした内容。しかし安室がカッコいいの何の。
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.0

短編映画3つ+オマケ、みたいな構成の内容。自分がまともに見れたのは2つ目の慎吾ちゃんの回だけかな。草彅くん、吾郎ちゃんの回は自分的には2人には合ってない役だったかと。別の監督の作品が最後の4つ目で少し>>続きを読む

ブラザー・ベア(2003年製作の映画)

3.0

いいお話ですが、自分的にはディズニーの中ではあまり好きではない話。だって救われない人がいるじゃないすか。やっぱり映画であんまり人死んでほしくないすよ。

アイスと雨音(2017年製作の映画)

2.5

映画の中の1ヶ月間をワンカット長回しで撮るという技法は斬新で単純にすごい。ただいかんせん子供達の演技が荒い、人によってムラがあるように思う。だからどこか冷めちゃう。なのに、ちょいちょいドキッとさせられ>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

かなり面白かったです。
見てて痛々しい描写、あとエロスが多いですが。それが平気であれば相当楽しめるかと思います。

登場人物が敵か?味方か?という作品は数多ありますが、主人公がどっちの味方をしてるのか
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

作品に恵まれてるのか、はたまた彼の力なのか、リーアム・ニーソンの映画は本当どれも質が高いなぁと思いますね。どれも平均点は超えてくる。謎解きの楽しさもアクションの迫力もなかなかのものでした。オチも好きで>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

歴史苦手人間の私にとってはやや難しかったり、登場人物が多くて理解が遅れたり、眠くなったり。
『スポットライト』や『ニュースの真相』といった報道系の映画とやはり雰囲気似てますね。実話ベース強めなんで派手
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

原作ファンではないので怒りとかは生まれませんでしたが、ファンの方はどうなんでしょうか…?
何かスタンドがアニメっぽくなっちゃったのは少し陳腐かな(笑)
これ第2章はあるのかな?もしなくなったら本当に小
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

シリアスであり、シュールであり、コミカルであり、そして非常に文学的な作品だと感じた。
日頃、自分たちが使っている言葉は本当に意味を理解して使っているのかと考えさせられた。
終始飽きずに観ることが出来ま
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

中身は確かにないですが(笑)
今までの同時上映の作品と比べ長尺でボリューミー。なかなか贅沢な同時上映だったと満足してます。アナ雪はもう歌を楽しむものなのでこれでいいと割り切ります。笑

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ディズニー・ピクサーは本当に色々やるなぁと感心しました。メキシコを舞台にするなんて新しい。序盤から中盤、ディズニーにしては嫌な展開だなぁと思いました。だって身内に悪役がいるんですもん。でも終盤、やられ>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.0

新シリーズの劇場版ドラえもんをちゃんと観たのは『のび太の恐竜2006』以来。良いものですね、平均点ですが。笑
今回はジャイアン、スネ夫がカッコ良すぎた!新劇場版はそうなのかな?今作を観て他の新劇場版も
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

観客の心を掴むのが早い、上手い。ララランドは前半にミュージカルが固まってた印象だけど、グレイテスト・ショーマンは最初から最後まで満遍なく歌とダンスが散りばめられていた。しかも全曲キラーチューン。ラララ>>続きを読む

プリティ・リーグ(1992年製作の映画)

3.5

子供の頃、めっちゃ観てたなぁ。女性のプロ野球で奮闘する姉妹とそのチームメイト達のお話。女ならではの悩みや葛藤、逆に魅力も盛りだくさん。安定のトム・ハンクス。マドンナって演技するんだ!ってこの映画で知っ>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

2.0

行定勲監督好きなんだけど、これは合わなかったなぁ。この映画の暴力的な描写はやはり不快。
二階堂ふみが脱いでたのは驚きだし、日本の映画界が一歩前進した感じがするけど、正直他の作品でやってほしかった。
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

想像してたより民生ボーイは恵まれてるし、狂わせるガールは悪い女じゃなかった。もっとイケてない不幸な男が見たかったかな。
肩が凝らない観やすい、いい映画だったと思う。ただ江口のりこと安藤サクラは似てて一
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.5

自分には合わなかったかなぁ。主人公の何気ないある1週間。毎日同じように行動するけど1日として同じ日はなく、何かしら新しい人や出来事に出会う。登場人物の皆がいい人で好感が持てるが、やはり観ていて退屈だっ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

この映画において、殺人事件の真犯人が誰なのかはもはや重要ではない。
犯人は誰なのかという皆が気になる疑問を入り口に、そこから他の様々な疑問を経由させ、最終的に今の日本の裁判の仕組みに疑問を抱かせるよう
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.0

人と魚人の種族違いの恋愛を描いているこの作品。好き嫌いはあると思いますね。まずこの生々しい魚人を受け入れられるかどうかです。そして、その魚人との恋愛の描写もまた生々しい。この包み隠さない感じと美術が、>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.5

井戸に投げ込まれた死体を引き上げたいのにロープがないっ!
あったと思ったら意外過ぎる場所にあってロープが取れないっ!
手に入れたと思ったら今度は井戸まで帰れないっ!!などなど次から次へと問題が起きるこ
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.0

被災地福島の仮設住宅に住み、生活費の為に週末は東京へデリヘルのバイトへ。っていうなかなかデリケートな部分に責めた映画だなと思いました。
3、4人の登場人物に焦点を当てたオムニバス形式の様な映画なんで、
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.0

映画って大体ピンチがあるものです。起承転結の『転』の部分です。これが後半過ぎて、ラスト『結』で捲れなかったかなという印象。こういうほんわか系の映画好きだし、音楽も素晴らしいだけに勿体ないなーと。

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

2.5

コンビニJK2人vsミニナチ軍団。って事ですけど、基本的には主役JK2人の日常をコメディ色かなり強めで描いていて、ラストにミニナチ軍とちょっと戦うみたいな感じですね。『Mrタスク』のスピンオフ作品とい>>続きを読む

ボーイ・ミッシング/消えた少年(2016年製作の映画)

3.0

少年を誘拐した犯人は誰なのか?という謎はこの映画の核ではないです。問題はその後。

何か観客が求めるものとズレを感じる映画でした。途中までの展開は割と良かったんですが、ラストのどんでん返しとオチは正直
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

日本史苦手人間の私には結構しんどい内容でした。関ヶ原の戦いがどういう流れで起こったのか、人間模様なんかが割と詳しく描かれています。なのでアクションよりドラマ寄りの時代劇。負けた石田三成の視点から描くと>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.0

『ブレードランナー2049』の予習で鑑賞しましたが…これは好き嫌い分かれるだろうなって感じですね。SFですがアクション少なめ、セリフ・説明も少なめ。ちょっと雰囲気が北野映画っぽいなと思ったのは私だけで>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.5

まず設定がいいですね。一人っ子政策が実施される未来で、7つ子姉妹が自分の名前の曜日にだけ活動し、1人の人間として生きてゆく。そんな中1人がもし急に帰って来なくなったら…?
うん、設定だけで面白い。まぁ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

好きですけどね。ちゃんとお金かかってて、綺麗で映像に華がある。ストーリーが入ってこなくても視覚で十分楽しませてくれる映画。話は本当に後半やっとなんとなく分かってきたかな?ぐらい。主要映画館でどこも吹替>>続きを読む

>|