odkysykさんの映画レビュー・感想・評価

odkysyk

odkysyk

映画(56)
ドラマ(13)
  • 56Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

観る前は「バヨナの作風と恐竜って相性どうなんだろう」と期待と不安が入り混じっていたけど、自然たっぷりの島パートは早々に切り上げて死角たっぷりのお屋敷という完全得意分野に無理やり引きずり込まれたのでなに>>続きを読む

立派なこどもの育てかた(2018年製作の映画)

-

「遺伝vs環境」の子育て論争に決着をつけるべく、自らの子どもを実験台に研究を続けるヤバい科学者夫妻の奮闘!退屈なまま終わるかと思いきや最後のほうですごくきれいに話が終わるので最終的には「なんかよかった>>続きを読む

TAU/タウ(2018年製作の映画)

-

実験のために人間を誘拐監禁する冷酷なサイコ科学者。しかし彼が作ったAI「TAU」はなぜかやたらと人情派だったせいで肝心の人質とばっちり絆が生まれてしまう…。ゲイリー・オールドマンの声で「すいません」を>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

興行的な失敗が取り沙汰されてるけど、実際に観れば映画には非がないことがよくわかる。もはやSW名物と化した「こいつらなにやってんだ」というストレスが全くない見事な活劇。最後のウインクは完全にハリソン・フ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

環境の変化からか自分の息子がオギーくんのように(いろいろありながらも)思い出深い学校生活を送れることを願わずにはいられない。欲を言えばミランダちゃんのエピソードを補完した完全版求む。そして「ホームラン>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

冒頭に「事実を基に再構成しました」というテロップが出てたけど、自分の国の生々しく、仄暗い歴史にしっかりと向き合いながらどうしてこんなにも万人の胸を打つ映画が作れるんだろう。観終わった後は街でタクシーが>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

-

ゆかいなストーリー、軽妙な会話、ハッピーな仕上がり…そうそう、映画ってのはこういうのでいいんだよ。「ミッドナイト・ガイズ」しかりアラン・アーキンの老人映画にハズレなし。クリストファー・ロイドも出てるし>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

生後間もなく誘拐されて以来、犯人お手製のマジヤバ教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った主人公が外の世界でさぞかし大変な目に遭うだろうと思ったら、いつのまにか最高の人材に囲まれてて本当によかった>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

「万引き家族」終わり。グッと引き込まれた。樹木希林は本当にすごい。冒頭でコロッケを5個買うシーンがあるんだけど、最初にお父さんと息子が歩きながら食べて、次に息子がカップラーメンに入れて食べて、最後に娘>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

「犬ヶ島」終わり。ひとつひとつのカットにしても単純に文字数にしても画面の情報量が多すぎてパニックになりながら観た。ストップモーションだろうが実写だろうが作家性が全く揺るがないのがすごいですね。ウェス・>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

-

「ウォーキング・デッド」のスティーブン・ユァンが今度は発狂会社員相手に必死のサバイブ!ゾンビよりもアグレッシブに襲ってくる会社員をそこらへんの武器で殺しまくるグレンの勇姿に胸が熱くなる。若手注目株のサ>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

-

就寝前のお供にぼんやり観てたらちょっと目を離した隙に問題のラストシーンに突入してて完全に脳が混乱したけど、出所不明の予算を景気よく使い果たし、観客の「あの件はどうなったんです?」には一切答えないまま一>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

パロディとかメタ的な部分のおもしろさはこの際置いといても(過剰すぎて全然追いつかない)、単純にヒーロー映画として最高におもしろかった。デッドプール、君は全然クソ無責任なんかじゃないぞ!そしてXフォース>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

-

iPadになぜか入ってたのでせっかくだから赤ちゃんと一緒に観ようと再生してみたものの、どうでもいい話が長すぎて赤ちゃんはあえなく就寝、ボクも途中で力尽きてしまった。一度でいいから90分間ロボの殺し合い>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

カラフルなモーテル、やんちゃすぎるキッズ、とにかく明るい毎日、謎の離着陸を繰り返すヘリコプター…あるゆるショットが常に強烈で釘付けになる。そして最後の1分間のなにが起こるか予想もつかない高揚感はたぶん>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

ボクも北イタリアの別荘でバレーボールをやったり、プールで泳ぎながら譜面を書いたり、アプリコットの語源について延々語り合ったりする最高の夏休みを過ごしたかった。映像、音楽、俳優の全てが一級でシビれる。あ>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

-

「三輪車の車輪が一個なくなると自転車」「トニー!トニー!トニー!トニー?」「俺はゲイじゃない」「R2-LSD2とE(xtacy)-3PO」「テイラー・スウィフトが殺人で逮捕」…名シーンが多すぎてメモが>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

-

ホームパーティーで急に始まった「今からスマホの電話・メールは全部ご開帳ゲーム」で楽しいひと時が最悪の地獄に早変わり!そもそも場に誰一人後ろめたくない人間がいないのになぜこんなゲームを…と思うけど、秘密>>続きを読む

五日物語 3つの王国と3人の女(2015年製作の映画)

-

観よう観ようと思ってすっかり忘れてたのをようやく思い出した。世の中的にはたぶん全然話題になってなかったし、内容的にもまぁさもありなんって感じもするけど、この手のどういう教訓を得たらいいのかさっぱりわか>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

劇中で観客がショーに心を奪われる場面でちゃんと現実の観客の心も鷲掴みにできるクオリティを毎場面保ってるのがすごい。プロの仕事だ。特にオペラ歌手のシーンは舞台袖のヒュー・ジャックマンと同じような顔で観て>>続きを読む

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

-

「マスター・オブ・ゼロ」のアジズ・アンサリの最初のガールフレンド役の人が出てたのでつい…。いつ赤ちゃんが騒ぎ出すかわからない状況でなにか観ようとすると自ずとこういう90分未満のコメディを選択することに>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

パッとしない学校生活も、つまらない嘘も、情けない失恋も、書き損じて捨てた手紙も、振り返ってみればなんだ、全部正解だったんじゃないか。同い年のグレタ・ガーウィグの青春を自分のことのように身悶えながら楽し>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

「カルテル・ランド」でスペイン語もわからないのにメキシコ麻薬戦争の真っ只中に突撃したマシュー・ハイネマンの新作。もうなんと言ったらいいのか…。劇場公開とほぼ同時に配信されるのは(こういう映画だと特に)>>続きを読む

ウィーク・オブ・ウェディング(2018年製作の映画)

-

どうしてもこういうコメディ映画をスルーすることができない。だってアダム・サンドラーとクリス・ロックとスティーブ・ブシェーミの結婚コメディなんて観ないわけにはいかないだろうが。内容はまぁそんなにアレだけ>>続きを読む

サイコキネシス 念力(2017年製作の映画)

-

突然サイコキネシスを身につけたおじさんが立ち退き問題に苦しむ商店街と娘のために暴れ回る!内容的にはこれといって特筆すべきことはないけど、笑顔で鬼の地上げを指揮するホン常務(チョン・ユミ)は最高の一言。>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

シリーズ集大成の名に恥じない超ド級の仕上がり。とんでもないことになったけど、この後に続く「アントマン&ワスプ」と「デッドプール2」が予告の時点で最高におもしろそうだったのできっとあいつらが全部なんとか>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

-

昔からの友達同士がいろいろあって大自然をハイキングする前半はいかにもNetflixっぽいきれいな映像でわりと上品なんだけど、彼らがえらい目に遭ってからの後半はババアをいきなりグーで殴るわ、クリーチャー>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

-

おもしろかった。でも長かった。この手のサスペンスはわりと苦手なことが多いんだけど、これは列車の美術がすごいのとソン・ガンホの人間力でなんとか乗り切れた。ビンタの鬼ハシモトもよかった。それにしても「新感>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.5

「同じ鹿の夢を見る、食肉加工場勤務の男女の話」っていうヤバそうなあらすじからは思いもよらない素敵な映画だった。てっきり「聖なる鹿殺し」的な内容だとばかり…。序盤は不穏に緊張していた空気が観客がマリアち>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

「中国で当てればなんとかなる」と言わんばかりの内容だったけど、実際パッとしない人間勢の中でジン・ティエンはがんばってた。大して深く掘り下げてないのは同じなのにどのキャラもロボもばっちり記憶に残ってる前>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

-

チンピラもロシアンマフィアも(主にサモ・ハン側の都合で)一切銃火器を所持しておらず、刃物をやたらと振り回した結果、想像以上に血なまぐさい仕上がりに…。サモ・ハンの執拗に関節と骨を狙う殺法も実にエグい。>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

-

実際に老年まで人生を積み重ねた人にしか出せない重みと不思議に軽やかで穏やかで優しい時間が同居する達人の映画だった。最後に流れるハリー・ディーン・スタントンを讃える曲みたいなのは完全に反則。「レポマンは>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

-

メデジン・カルテルのおなじみの顔ぶれがワラワラ出てきて、しかも「ナルコス」よりも重苦しくなくて単純に気楽に楽しめる。軽快なストーリーと軽快な音楽と軽快な展開、こういうのわりと観たかったぜ。暗闇にトムの>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

-

崩壊寸前の家族と現代社会の闇が生むじいさんと孫の心温まる交流と、二人がたどり着く全く新しいハッピーエンド。映画を観てからポスターを見直すとまた格別な趣きがあって最高。「偏屈じいさんと感受性高めキッズの>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

ショッキングに見せようと思えばいくらでもできそうなところを下品にならないギリギリのヤバさに抑えてはいるけど(もっと全開でもよかったぞ!)、それでも生物変異待ったなしのびっくりクレイジー空間「エリアX」>>続きを読む

>|